ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 グローバルジグ 

今年の冬の忙しさの為、ずーと放置状態だった、
Datsun 300zx 50th Anniversary z31、
DSC_0020 (800x531)
忙しさは随分解消されて、やっと休日の時間
とれる様になったので、今日から作業始める事に。

ここまで何も作業しないで置くと、どこまでしたったけ?(笑)

次は、フロントピラー関連とフロア関連の
腐食箇所修理の作業になるのだけど、
このままの状態で、各パネルを取っていくと、
骨格の捻じれの問題もあるのと、
作業性の問題点から、ジグ固定する事に。

グローバルジク購入時についてきた、
専用チャートの本を出してきて、見てみたら
なんとz31あったし。

すげー、こんな古いチャート見ること無いと思っていたのだが。(笑)  

こちらが、グローバルジクの専用チャート。
DSC_0028 (800x531)
ちなみに、日本車ではこの年代より前の車はありませんでしたが、、。

ついでに、一般的に出回っている国産車のボディ寸法図も見てみたら、
普通に事故修理出来るレベルで、各寸法記載ありました。
DSC_0036 (800x531)
DSC_0033 (800x531)
これを見ていると、2シーターと2by2との違いは、
フロントフロアのリヤ側の長さと、ルーフ後方部の大きさの違いのようで、
フロントピラー関連は同じで、フロントガラス開口部も同じでなので、
フロントガラスは、2シーターと2by2は共通部品なのが解り、
フロントガラス部の傾斜は同じです。
DSC_0038 (800x531)
この車の場合だと、別に事故車ではないので、
引き作業はしないのですが、いつも通りの作業でジグ固定を。
DSC_0050 (800x531)
フロント側は、エンジンメンバー固定部にジク固定~。
DSC_0056 (800x531)
リヤ部も、サスペンションメンバー固定部にジク固定で、
DSC_0060 (800x531)
4点ジク固定完了~。
DSC_0051 (800x531)
DSC_0062 (800x531)
あとは、補助固定として、ステップを固定して、
フロア関連の変形防止で、
DSC_0069 (800x531)
この先は、必要に応じて固定部を増やします。
DSC_0064 (800x531)
ジグ固定すると、これだけのスペースあり、
この後の作業性かなり違いあり、色々な事が可能になります。
DSC_0072 (800x531)
ここで、フロントフェンダーとドア取り外しして、
DSC_0093 (800x531)
DSC_0096 (800x531)
フロントピラーを確認したら、
DSC_0092 (800x531)
ステップはサックサックで、ボロボロ~。(笑)
DSC_0085 (800x531)
DSC_0089 (800x531)
ダッシュパネル上側にも、穴開きあり。
DSC_0076 (800x531)
フロントピラーアウターパネルには、
腐食による過去のパテの盛り上がりあり。
DSC_0084 (800x531)
DSC_0078 (800x531)
錆びもそれなりに、、。
DSC_0087 (800x531)
反対側も同様な状態です、、。
DSC_0098 (800x531)
ドナー車からパネル取り外しして作業になるのだが、
各部を見ながらどう作業しようかと色々と考えて、
今日の作業はこれで終わりました。

この続きは、また来週~です。。(笑)
スポンサーサイト

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2018/06/24 Sun. 21:48    TB: --    CM: --

UCF31 セルシオ 後期 

純正スポイラー取り付けのUCF31 セルシオ、
取り付け作業の次は、各部スポイラーの修理、
117 (800x531) (800x531)
DSC_0202 (800x531) (800x531)
主に、キズ修理のパテ研ぎ作業、
DSC_0288 (800x531) (800x531)
DSC_0308 (800x531) (800x531)
完了したら各パーツを塗装ブースに入れて、
サフェサーを塗装~。
137 (800x531) (800x531)
塗料はスタンドックス イーシーフィラーを塗装。
139 (800x531) (800x531)
145 (800x531) (800x531)
142 (800x531) (800x531)
156 (800x531) (800x531)
この後は、乾燥後サンディングして、
再度塗装ブースに入れて、スタンドックスにて上塗り作業。
119 - コピー (800x531) (800x531)
ボディパネルに使っている、クリスタルクリヤーにての仕上げで、
こうしたパーツ塗装も、同じ塗料での塗装方法。
121 (800x531) (800x531)
123 (800x531) (800x531)
124 (800x531) (800x531)
126 (800x531) (800x531)
129 (800x531) (800x531)
DSC_0080 (800x531) (800x531)
DSC_0081 (800x531) (800x531)
パーツ取り付け作業前に、フロントとリヤ部のスポイラー、
隙間に付いているパッキンの取り付け~。
001 (800x531) (800x531)
002 (800x531) (800x531)
005 (800x531) (800x531)
007 (800x531) (800x531)
純正部品で入手したかったのだが、製造廃止で不可だったので、
代用品での作業だったのだが、なんとかクリアー~。
DSC_0112 (800x531) (800x531)
あとは、これらパーツの取り付け作業で、
122 (800x531) (800x531)
完成したUCF31 セルシオ、
014 (800x531) (800x531)
017 (800x531) (800x531)
010 (800x531) (800x531)
021 (800x531) (800x531)
003 (800x531) (800x531)
134 (800x531) (800x531)
最後に納車前に撮った1枚、
自分の乗っているセルシオと並んでいたので、、。
025 (800x531) (800x531)
さらにもう一台、UCF31 セルシオのお客さん居ますので、
多いときには工場に3台の黒塗りセルシオがありました。(笑)



カテゴリ: UCF31 セルシオ 後期

[edit]

Posted on 2018/06/22 Fri. 20:58    TB: --    CM: --

塗装時の気温 

何時もYahooの最高気温を参考で、
塗料シンナーを選択して、塗装しているのだが、
今日は朝の時点で、最高気温28℃だったので、
その気温に見合った塗料シンナーを入れて調色して、
DSC_0057 (800x531)
塗装の下準備のマスキング作業していたのだが、
なんか今日はとても暑いし、、、。

塗装しようと塗装ブース動かしたら、いきなり34℃を表示、、、。
DSC_0042 (800x531)
これでは、暑いわ、、。
全然最高気温、外れているし。

暑くて水分補給しながらの塗装、
DSC_0039 (800x531)
マジ疲れた、、。
DSC_0063 (800x531)
しかし、こんなに暑かったけ。

ちなみに、明日の最高気温24℃???

どうなっているのだろうか。

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2018/06/19 Tue. 20:58    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R レストア 

KPGC10 ハコスカGT-R レストア作業、
次に作業したのが、スプラッシュプレート。
DSC_0465 (800x531)
フロントフェンダー内部のフロントピラーに取り付けされている部品。
現在の車で言うとフェンダーライナー。

今はPP製のプラスチックで、ハコスカだと鋼板に
フェンダーとのあたり面は、ゴム製。
DSC_0466 (800x531)
部品の状態は、それなりに錆びあって、
DSC_0473 (800x531)
片側腐食による穴開き箇所もあり。
DSC_0475 (800x531)
DSC_0477 (800x531)
ゴムの所には、製造時の保護のビニールまで残っていた。
DSC_0469 (800x531)
とりあえず、ゴムとプレートと分離させなくてはいけないので、
ホッチキスの針のようなのを、1コずつ取り外して、部品単体に。
DSC_0484 (800x531)
DSC_0485 (800x531)
ゴムには過去の補修した塗料の付着あり。
DSC_0488 (800x531)
修理作業は、パネル両面をサンドブラストにて、
サビ落とし作業してから、
DSC_0491 (800x531)
DSC_0495 (800x531)
腐食箇所をカットして取り除いて、
DSC_0497 (800x531)
新たに製作した鋼板を、
DSC_0500 (800x531)
溶接にて取り付けしてパネル交換~。
DSC_0503 (800x531)
DSC_0504 - コピー (800x531)
仕上げとして、綺麗に素地金属を磨き上げて
DSC_0508 (800x531)
DSC_0510 (800x531)
そこからは、お決まりの下地工程で、
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0526 (800x531)
DSC_0528 (800x531)
イージーフィラーにて下地塗装。
DSC_0540 (800x531)
DSC_0541 (800x531)
DSC_0657 (800x531)
ゴムの付着してます塗料は、
シンナーにて綺麗に拭きあげて完成。
DSC_0546 (800x531)
DSC_0545 (800x531)
ちなみにのゴムにおいては、一般的にあるゴムではなく
表面に何らかの加工がされてありましたので、
再利用する事で作業してます。
DSC_0548 (800x531)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/06/16 Sat. 20:08    TB: --    CM: --

UCF31 セルシオ 後期 

UCF31 セルシオ 後期、
トヨタ純正オプションのスポイラー取り付け作業依頼分。
159 (800x531)
新品部品につきましては、製造廃止のため入手不可なので、
お客様の方で購入した中古パーツ一式。
176 (800x531)
209 (800x531)
251 (800x531)
こうしたパーツ取り付け、新品部品だと取り付け説明書があり、
取り付け固定の穴開けの位置だし用の型紙が
付属していたりするのだが、
中古パーツとなのとそうした物がないので、取り付けに困るもの。

ちなみに色々と検索したのだか、取り付け用のキットが部品として
あったようなのだが、これも製造廃止扱いで入手不可、、、。

こうなると、現物を見ながら取り付け方法を考えるだけで、
まず最初はサイドステップから仮合わせ作業で、
元々付いていたサイドステップを取り外しして、
212 (800x531)
206 (800x531)
サイドステップを取り付け~。
216 (800x531)
ここにおいては、取り付け方まったく同じなので特に問題点なし。
218 (800x531)
次にフロントスポイラーの取り付け。

部品を見ると、左右1箇所ずつ6ミリのボルトで固定するようになっていたので、
183 (800x531)
フロントバンパー側に、取り付け穴のマーキングがないか、
バンパー裏を探したのだが、何にもないし、、。

これがあるのとないのとでは、全然作業性違うのだが、
予想に反して、どうもハズレのよう、、、。(笑)

こうなると現物から穴の位置出しをするしかなくて、
スポイラーのフレームを使って穴の位置出し作業で、
190 (800x531)
192 (800x531)
8ミリの穴あけ。
194 (800x531)
続いてリヤ部の作業。
229 (800x531)
今回一緒にリヤバンパーも修理塗装するので、
まず最初に、元々付いていたスポイラーの隙間を埋めていた
シリコンの辞去と、バンパーモールの交換。
223 (800x531)
バンパーモールは両面テープで貼り付けされているので、
取り外しすると、両面テープの糊跡だらけの状態、、、。

シリコンも両面テープの糊跡も熱を加えながら、
最終的には、ちまちまと指にて擦りながらの作業、
何時やっても大変。
242 (800x531)
237 (800x531)
今回取り付けするリヤバンパー下側に付く、
スポイラー側の取り付けを見ると
262 (800x531)
センター部に4箇所、
264 (800x531)
コーナー部に2箇所の取り付け穴あけの必要あり。
265 (800x531)
ここで、リヤバンパー取り外しして、バンパー裏を確認したら、
254 (800x531)
あった~。

取り付け穴開けのマーキングが。(笑)
256 (800x531)
これなかったら、マジで穴開けの位置出し相当大変だったので、
あるのと無いのとでは、苦労する作業時間違います。

穴開け後に、スポイラー仮取り付け後、
277 (800x531)
位置確認して、スポイラー取り付け作業まで終えた
UCF31 セルシオでした。

カテゴリ: UCF31 セルシオ 後期

[edit]

Posted on 2018/06/14 Thu. 21:36    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード