ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

新型ワゴンR 660 ハイブリッド 

パテ研ぎの後は、下地のサフェサー塗装にあたり、
塗装ブース内に車移動してから、マスキング作業~。
DSC_7414 (800x536)
サフェサー塗装の前に、まずはスポット溶接した所の
素地金属部に対して
DSC_7417 (800x536)
スタンドックス エッチングプライマーを下塗り塗装。
DSC_7426 - コピー (800x536)
素地金属に直接サフェサーを塗装しても、
防錆面と密着不良のためダメなので、
プライマー塗装が必衰項目。

その後からサフェサーを塗装して下地工程完了。
DSC_7430 - コピー (800x536)
DSC_7436 (800x536)
塗装にあたり、まずは室内塗装からで、
パネル変形に伴う色割れ箇所を、サンディングしてから、
DSC_7392 (800x536)
外板パネル同様、素地金属に対して
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_7467 (800x536) (800x536)
下地のサフェサーを塗装~。
DSC_7470 (800x536) (800x536)
サフェサー乾燥後に、サンディングして
再度マスキングしてから、内板色を作って塗装。
DSC_7522 (800x536) (800x536)
同時に、新品フロントフェンダーも内板色を塗装~。
DSC_7525 (800x536) (800x536)
DSC_7527 (800x536)
同様に、フロア裏面も修理箇所を
DSC_7472 (800x536) (800x536)
車の下に潜り込んでの作業で塗装。
DSC_7492 (800x536) (800x536)
これら、内板塗装を終えたら、外板パネルの塗装で、
まずは車本体と
DSC_7549 (800x536) (800x536)
DSC_7559 (800x536) (800x536)
リヤバンパー
DSC_7562 (800x536)
フロントフェンダーを上塗り塗装~。
DSC_7571 (800x536)
さらに、フロントドアと、
DSC_7604 (800x536)
リヤドアを塗装して
DSC_7608 (800x536)
DSC_7609 (800x536)
塗装工程完了。

あとは、取り外しした部品組み付け作業を経て
DSC_7644 (800x536)
修理完了した、新型ワゴンR 660 ハイブリッド
DSC_7773 (800x536)
先週納車させて頂き、
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

カテゴリ: 新型ワゴンR 660 ハイブリッド

[edit]

Posted on 2017/06/23 Fri. 21:15    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
スペアタイヤの所のパテ研ぎの次は、
左右リヤフェンダーの所のパテ仕上げ。

右側は、下側だけで良かったのだが、
DSC_7127 (800x536)
左側はリヤフェンダー1枚板金しているので、
裏面も一緒に面修整しようと、パテ付け。
DSC_7120 (800x536)
今の車だったら、内張りが付いてしまって全く見えないのだが、
ハコスカの場合、何もトランクルーム内に内張り的なものはなく、
すべてが丸見え状態なので、修理跡があるのでは嫌だったので、
手間ではあるのだが、パテ修整作業へ~。
DSC_7132 (800x536)
DSC_7123 (800x536)
左側においては、いまいちの状態だったので、
再度パテ付けして、
DSC_7125 (800x536)
パテ研ぎ工程での仕上げ~。
DSC_7130 (800x536)
他も細々とパテ修整して、
DSC_7134 (800x536)
車を塗装ブース内に入れて、
DSC_7143 (800x536)
マスキング作業後、
DSC_7145 (800x536)
DSC_7147 (800x536)
素地金属に対して、スタンドックス 
エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_7157 (800x536)
DSC_7159 (800x536)
スタンドックス イージーフィラーにて、下地塗装~。
DSC_7170 (800x536)
DSC_7161 (800x536)
顔をパテのホコリにて真っ白になりながら、
パテ研ぎにて出来上がった、フロア内部の詳細。
DSC_7166 (800x536)
DSC_7164 (800x536)
DSC_7169 (800x536)
DSC_7168 (800x536)
しかし、出来上がってしまえば、
なんてことないように見える物だわ。(笑)

これでボディ本体の修理作業は、全て終わり。
DSC_7669 (800x536)
思い返せば、実に、ボディ本体の作業だけで、
丸2年かかっているのだが、
さらにこの先、さらにどれだけ時間かかるのか、
まったく不明であるのだが、次は各パネルの作業へと
作業進めます、KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業でした。
DSC_7667 (800x536)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/06/20 Tue. 21:15    TB: --    CM: --

積載車 

積載車にて先日納車後に、ボディ収納時
何気にフレームを見たら、腐って穴開いているし、、、。
DSC_8015 (800x536)
前々からフレームが錆びていたのは解っていたのだが、
まさか穴開くとは、、、、。

トラックのフレーム6ミリ厚あるので、早々には穴開くまいと
考えていたのが、まずかったよう。

早速、昨日工場に車を入れキャビン上げて、
DSC_8005 (800x536)
フレーム確認したら、錆びてボロボロ状態、、、。
DSC_8017 (800x536)
DSC_8024 (800x536)
DSC_8011 (800x536)
どうも、冬場の塩カリが原因のよう、、。

トホホ、、。

今まで、何も特にしなくて、使いぱなしだったし、、。

これ以上錆びないように応急処置しなくてはと思い、
浮いている錆び落とししたら、
DSC_8023 (800x536)
こんなにも落ちてきた錆び、、。
DSC_8028 (800x536)
自分でも嫌になって来たし、、。

そろさろ入れ替えを考えなくてはいけないのだが、
どうせ買うなら大きいの欲しいし。(笑)

今すぐどうこうは出来なく、修理するしかないので、
まずは防錆プライマーを塗装して、
DSC_8033 (800x536)
DSC_8038 (800x536)
今日シャーシブラックを塗装したのだが、
DSC_8051 (800x536)
DSC_8048 (800x536)
ドアの塗装にも問題あってクリヤー剥げあり、、。
DSC_8063 (800x536)
DSC_8065 (800x536)
7.8年前にトラック専門板金屋さんで塗装して頂いたのだが、
何でか原因不明なのだが、クリヤーが剥げてきて、
何か貧乏臭い仕様になっているし、、、。

次は仕事の合間見て、ここを修理しなくては、、、。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2017/06/18 Sun. 20:20    TB: --    CM: --

産業用 ヘリコプター YAMAHA FAZEAR R 

産業用 ヘリコプター YAMAHA FAZEAR R カウル修理作業分、
DSC_7440 (800x536)
こういった修理作業、破損箇所修理より、塗装の調色作業の方が厄介かも。
DSC_7443 (800x536)
通常車の塗装の場合だと、カラー番号があり、
その色に対して各塗料メーカーの方から、
配合データーたるものがあるのだが、
こうした塗装の場合、カラー番号たるものがなくて、
どういった色の組み合わせで作られているのかが、
まったく不明の状態、、、。
DSC_7439 (800x536)
昔だと、カラーチップの中から良く似ている色を見つけ出して、
その色の配合データを参考で、調色していたのだが、
最近では、測色機たるものがあるので、便利なものだ。

今回の場合ヤマハだと、バイクの塗装配合データーが存在しているで、
まずは、3コートパール色から測色機にてデ-ター取りとして
ヤマハの中で色を検索したのだが、配合データーは存在なしの回答、、。

そこでメーカーを特定せずに、スタンドックス内にあるカラーデーターの
中から探し出した色をベース色として、調色作業を2回程して、
近時色が出来たので、これを使って1色目を塗装。
DSC_7448 (800x536)
何時もだと、カラーベースを塗装終えたら、乾燥させてから、
2色目を塗装して、1色目のマスキングを剥がして
2色のベースコート色の上から、クリヤーを塗装して終わらせるのだが、
今回の場合だと、2色共部分補修塗装になるので、
1色目の3コートパール色でクリヤー塗装して、仕上げた後、
DSC_7456 (800x536)
良く乾燥させた後に、マスキングを剥がして
DSC_7507 (800x536)
2色目のブルーメタリックを測色機にて、データー取りした配合データーを元に
色確認したら、ほぼ合っていたので、1色目のところをマスキングしてから、
DSC_7509 (800x536)
2色目を塗装~。
DSC_7514 (800x536)
塗料乾燥後に、磨き作業して、
2色の塗装完了~。
DSC_7577 (800x536)
あとは、細々としたパーツを取り付けして完成。
DSC_7582 (800x536)
安全運転が一番、墜落しないようにと、お祈りを捧げて、
先週納めさせていただきました。(笑)
DSC_7601 (800x536)
どうもありがとう~。。。

カテゴリ: 産業用 ヘリコプター YAMAHA FAZEAR R

[edit]

Posted on 2017/06/14 Wed. 21:45    TB: --    CM: --

新型ワゴンR 660 ハイブリッド 


事故修理の新型ワゴンR 660 ハイブリッド
骨格修整を終えたら、各パネル交換作業。
DSC_7195 (800x536)
まずは、ステップアウターパネルを交換する範囲で
取り外し外してから、
DSC_7212 (800x536)
ステップインナーパネルを取り外ししようと、
スポット溶接を取り外ししようと、専用カッターで取り外ししようとするのだが、
刃が回転しているだけで、何か全然切れていかないし、、、。
DSC_7248 (800x536)
DSC_7246 (800x536)
キリを研いで再度試みるのだが、ダメ、、、。

どうも、鋼板に対してキリが入っていかないよう、、、。

車の構造上こうたインナーパネル関連は、
固く強靭なハガネの様な特殊鋼材で作られているのだが、
固さが今までとは違うし、、、。

塗料販売店に聞いたら、こうしたパネル用の専用キリが無いと、
取ることは不可能と言われ、購入したのだが、このキリ1本1万円、、、。

ないとどうする事も出来ないので、購入したのだが、
サロンパスは要りませんかと、、?

どうも最終的には、力仕事であるので、
筋肉痛にとの説明のよう。(笑)

このキリを使って刃先が熱が加わらないよう
最小限の回転で廻し、後はCRCをスプレーしながら
なんとか取り終えたスポット溶接。
DSC_7222 (800x536)
DSC_7233 (800x536)
軽と言えども、ほんまに、固かったわ(笑)

部品屋さんから聞いたのだが、50プリウスは、
複合型特殊パネルにつき、今までのスポット溶接機では、
溶接出来ないとの事、、、。

車の中に居る乗員に対しては、強靭な安全ボディとなっているのだが、
それに伴い使われている鋼材も、どんどん特殊な物となっている時代です、、。
DSC_7231 (800x536)
新品パネルに対して、
DSC_7239 (800x536)
必要な箇所をカットして、パネルをスポット溶接にて取り付け。
DSC_7253 (800x536)
カット面はMIG溶接にての取り付け。
DSC_7251 (800x536)
さらに、新品ステップアウターパネルも、必要箇所をカットして
DSC_7262 (800x536)
部品交換作業。
DSC_7278 (800x536)
DSC_7286 (800x536)
DSC_7313 (800x536)
DSC_7291 (800x536)
これらパネル交換後に、各外板パネルを仮組して
DSC_7305 (800x536)
位置関係に問題なければ、一連のパネル交換作業完了。

カットした面をパテにて面修整する前に、
DSC_7378 (800x536)
素地金属に対して、プライマーを下処理塗装してから、
DSC_7385 (800x536)
DSC_7384 (800x536)
その上からパテ付け工程で、
DSC_7404 (800x536)
面修整して、パテ研ぎ工程完了~。
DSC_7411 (800x536)
次からは、塗装工程になる新型ワゴンR 660 ハイブリッド でした。

カテゴリ: 新型ワゴンR 660 ハイブリッド

[edit]

Posted on 2017/06/10 Sat. 21:39    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード