FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31  レストア作業 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31  レストア作業、
パテ研ぎを終えた左右フロントフェンダーを、
DSC_0013 (1024x680)
DSC_0011 (1024x680)
塗装ブース内で、下地塗装~。
DSC_0019 (1024x680)
DSC_0022 (1024x680)
塗装乾燥後に車体側に仮取り付け。
DSC_0121 (1024x680)
1コのパネル作業終えて仮付けして車を見ますと、妙な満足感。(笑)
DSC_0118 (1024x680)
これで横からのラインでは下地塗装色にすべて塗装完了。
DSC_0124 (1024x680)
次に作業したのは、ボンネット。
DSC_0126 (1024x680)
細かな凹みを修理して終わらす予定で、
DSC_0129 (1024x680)
最初にフード裏のインシュレーター取り外ししたら、
DSC_0224 (1024x680)
あれ?
インシュレーター裏で、サビかなりあり、、。
DSC_0144 (1024x680)
DSC_0143 (1024x680)
DSC_0225 (1024x680)
DSC_0232 (1024x680)
腐食による穴開き箇所もあり、、。
DSC_0151 (1024x680)
とりあえず表面のサビ落としたら、こんな感じ、、、。
DSC_0265 (1024x680)
DSC_0273 (1024x680)
DSC_0272 (1024x680)
まずは、腐食箇所の修理からで、
腐食しております箇所をカットして取り除いてから、
DSC_0015 (1024x680)
新たなパネルを製作後、
DSC_0013 - コピー (1024x680)
防錆処理してから、
DSC_0017 (1024x680)
溶接にて取り付け~。
DSC_0021 (1024x680)
仕上げに溶接の凸部を削り落として、作業完了。
DSC_0023 (1024x680)
さらに、もう1箇所穴開きあった所も、
DSC_0027 (1024x680)
穴埋め完了。
DSC_0047 (1024x680)
これでボンネット裏面の腐食箇所修理完了です。
DSC_0059 (1024x680)


スポンサーサイト



カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2021/04/04 Sun. 21:19    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 

昨年8月から更新してなかったDatsun 300zx 50th Anniversary z31、
昨年末まで忙しかったのと、年明けには大雪だったり、
寒かったりして放置状態で、完全に自分への言い訳です、、。(笑)

ダメですね、、、。

ここ最近少しずつ作業始めており、
フロントフェンダーの作業に取り掛かって、
DSC_0178 (1024x680)
まず最初に純正ストライプを剥がそうと
DSC_0180 (1024x680)
ドライヤーで加熱しながら取ったのですが、
すぐ千切れてしまい、なかなか取れない上、
糊跡は残るわ最悪状態、、、。
DSC_0189 (1024x680)
DSC_0187 (1024x680)
35年以上も経っていると、経年劣化が激しく
こうなっていても不思議ではないのですが、
糊跡においては、ラッカーシンナーで根気良く拭いて
やっと何とか取れるほど、、、。
DSC_0190 (1024x680)
余談ですが最近だと、両面テープの糊跡の辞去も大変です、、。
DSC_0138 (1024x680)
明らかに昔から見ますと、両面テープの接着力が強力になっており、
これもなかなか取れなくて困っておりますが、、、。

反対側のフロントフェンダーは、ストライプをマスキングして塗装した跡有りで、
DSC_0206 (1024x680)
塗膜にストライプが埋まっております。(笑)
DSC_0207 (1024x680)
取って見たところ、所々色の下にストライプがあるほどで、
DSC_0210 (1024x680)
DSC_0213 (1024x680)
マスキングして塗装してますので、色の段差も酷いです、、。
DSC_0211 (1024x680)
ストライプ取った後、モールの穴埋めをして、
DSC_0233 (1024x680)
パテ作業中の
DSC_0157 (1024x680)
DSC_0162 (1024x680)
Datsun 300zx 50th Anniversary z31でした~。

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2021/03/21 Sun. 19:23    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31、
次に作業したのは、バックドアパネル。
DSC_0485 (1024x680)
特に目立ったサビもなくて、良好な状態。
DSC_0493 (1024x680)
リヤスポイラーの取り付け穴が、新たに開けた跡があり、
長穴加工してあるところもありますので、過去に交換歴あり。
DSC_0553 (1024x680)
ただ、裏面のホール穴左右が、全然丸くなくて、
こんな状態で、穴隠しとしてシールが貼ってあったのですが、
DSC_0527 (1024x680)
DSC_0531 (1024x680)
この箇所を丸穴に修整~。

これだけズレてますわ、、。(笑)

て言うか、ホルソー使って穴開けてよ。(笑)
DSC_0536 (1024x680)
左右丸穴に修整して、
DSC_0541 (1024x680)
DSC_0546 (1024x680)
仕上げにホールキャップを取り付け出切るようにして、
DSC_0544 (1024x680)
丸穴修整完了~。

その後は細かな傷部をパテにて面修整後に、
両面全面サンディングして、
DSC_0622 (1024x680)
DSC_0626 (1024x680)
塗装ブース内で、下地塗装へ~。
DSC_0637 (1024x680)
DSC_0631 (1024x680)
DSC_0633 (1024x680)
乾燥後に、車体に取り付けして、
バックドアパネル作業完了~。
DSC_0644 (1024x680)
DSC_0650 (1024x680)
続いて給油口のリッド、
DSC_0655 (1024x680)
DSC_0657 (1024x680)
裏面にはサビありますので、
DSC_0659 (1024x680)
ヘタにサビ落としているより、
超暑いので剥離作業へ~。

剥離剤も暑い為、ゼリー状ではなくて
シャバシャバな液体化しており、
DSC_0663 (1024x680)
反応も超早いですわ。
DSC_0665 (1024x680)
DSC_0668 (1024x680)
DSC_0670 (1024x680)
剥離した状態、思ったより良好~。
DSC_0686 (1024x680)
DSC_0682 (1024x680)
DSC_0684 (1024x680)
DSC_0687 (1024x680)
仕上げにサビの所をサンドブラストして、サビ辞去後、
DSC_0689 (1024x680)
DSC_0692 (1024x680)
DSC_0693 (1024x680)
お決まりの下地塗装して、
DSC_0707 (1024x680)
DSC_0711 (1024x680)
DSC_0719 (1024x680)
DSC_0722 (1024x680)
リッドの作業完了~。

しかし、日々の暑さで日中は塗装ブース内の温度40℃、
DSC_0716 (1024x680)
塗装条件としては、最悪です、、。

よって暑さ対策として最近では、早朝7時30分塗装開始が、
お決まりの日課になってます。

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2020/08/10 Mon. 20:12    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 レストア、 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31、
続いて作業したのが、左右ドア。
DSC_0329 (1024x680)
まずは裏面からの作業、
DSC_0247 (1024x680)
DSC_0240 (1024x680)
過去の作業によるブチルテープの糊跡や、
DSC_0243 (1024x680)
シリコンの跡等盛り沢山だったので、
DSC_0248 (1024x680)
綺麗に清掃作業~。
DSC_0549 (1024x680)
DSC_0548 (1024x680)
次に、表面に貼ってあったストライプや文字剥がしして、
モールの取り外し作業へ。
DSC_0553 (1024x680)
当時の純正オプション品のようで、
かなりの数でリベット固定されており、
DSC_0564 (1024x680)
5ミリ程度の穴が無数あった状態だったので、
DSC_0574 (1024x680)
DSC_0576 (1024x680)
MIG溶接にて溶接作業後、
DSC_0737 (1024x680)
溶接部を削って穴埋め完了。
DSC_0740 (1024x680)
その後凹み箇所等修理後、パテ工程して
DSC_0019 (1024x680)
DSC_0009 (1024x680)
新品ドアヒンジを出し来たのですが、
DSC_0070 (1024x680)
現物を見た所、
あれ?
電着塗装ではなくて、簡易的な塗装がされているし、、。
純正品なのに、最悪。

このまま塗装すると、滲みが出てしまうので、
シンナーにて拭き上げて、素地金属状態へ。
DSC_0089 (1024x680)
これらパーツを塗装ブース内に入れて、
DSC_0093 (1024x680)
まずは素地金属部に、スタンドックス
エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_0101 (1024x680)
DSC_0107 (1024x680)
DSC_0112 (1024x680)
下地塗装へ~。
DSC_0120 (1024x680)
DSC_0115 (1024x680)
DSC_0128 (1024x680)
DSC_0125 (1024x680)
乾燥後に、車側にドア取り付けした、Datsun 300zx、
DSC_0191 (1024x680)
DSC_0198 (1024x680)
さらに車の形になって来た。(笑)
DSC_0196 (1024x680)
DSC_0192 (1024x680)
引き続きガンバリます。(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2020/07/30 Thu. 21:04    TB: --    CM: --

Datsun 300zx 50th Anniversary z31 

Datsun 300zx 50th Anniversary z31、
リヤゲート取り付け部のサビ落し作業から。
DSC_0064 (1024x680)
研磨して見たところ、全部鋼板表面のサビだったので、
ピカピカに研磨作業で完了~。
DSC_0069 (1024x680)
同時に、フロントウィンドガラス開口部の接着剤を取り除いて、
DSC_0073 (1024x680)
パネル鋼板表目にあったサビも研磨~。
DSC_0080 (1024x680)
この後は、サンディング作業後、
DSC_0086 (1024x680)
塗装ブース内に移動して、
DSC_0089 (1024x680)
DSC_0092 (1024x680)
マスキングしてから、
DSC_0095 (1024x680)
DSC_0099 (1024x680)
DSC_0103 (1024x680)
DSC_0107 (1024x680)
DSC_0108 (1024x680)
DSC_0110 (1024x680)
素地鋼板のところに、スタンドックス エッチングプライマーにて下処理後、
DSC_0114 (1024x680)
DSC_0117 (1024x680)
DSC_0123 (1024x680)
DSC_0127 (1024x680)
DSC_0128 (1024x680)
スタンドックス イージーフィラーにて下地塗装へ~。
DSC_0141 (1024x680)
DSC_0135 (1024x680)
DSC_0137 (1024x680)
DSC_0145 (1024x680)
DSC_0147 (1024x680)
DSC_0152 (1024x680)
おなじみの色になったDatsun 300zx 50th Anniversary z31、
DSC_0159 (1024x680)
だいぶん形に出来たわ、、。

しかし、作業始めて何年経つのだろうか?

まだまだ続きます、、、。(笑)

カテゴリ: Datsun 300zx Anniversary

[edit]

Posted on 2020/07/13 Mon. 21:16    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード