fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

アルファロメオ 156 強化アンダーカバー 

アルファロメオ156のエンジンアンダーカバー、
車高を落としているのも原因の1つであるのだが、
路面とのクリアランスが、かなり低い為
結構簡単に割れてしまい、ボロボロになる所、、、、。

特に、冬場の雪道でバックする事により
雪がアンダーカバーの中に入り込み、
さらに壊れるよう。

こんな感じで割れてしまった事により、
交換した3枚目のアンダカバー。
s-dc080672.jpg
これでは、何回交換しても同じ結果なので、
今回は強化エンジンアンダーカバーへの交換に。

厚さ2ミリ程度あるアルミ板のエンジンアンダーカバー。
s-dc080625.jpg
s-dc080630.jpg

路面とのクリアランスも最大限に取れるように作られていて、
エンジンへの冷却性も考慮してあるパーツ。
s-dc080638.jpg
附属ボルトとステーにて取付してみると、とてもレーシングなパーツ。
s-dc080660.jpg
風の整流性を考慮したディフュ-サー仕様で、
エンジン冷却ダクトも多数あり。
s-dc080656.jpg
デメリットは、取り外ししないとオイル交換出来ないのだが。
s-dc080655.jpg
エンジンとのクリアランスもこんな感じ。
s-dc080664.jpg
s-dc080666.jpg
これで、かなり問題点は改善されたので
このアンダーカバーは、大丈夫だと思いますよ~ん。

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2012/08/25 Sat. 20:35    TB: 0    CM: 0

ハリアーのボンネット 

今入庫中のハリアー。

何故か、工場に来られる方皆の足がこの車の前で立ち止まる

それは、ボンネット。。。

はぁ~ん????
dc030561.jpg
dc030545.jpg

ドアも大変なのだが、ボンネットは最初
さらに開け方解らなくて、大変だった(笑)

聞けば、ハリア-用のキットが販売されているとの事。
dc030551.jpg
この開き方、実に楽しい。

好きだょ~ん。
dc030553.jpg
でも、いくつになってもこうした人と違う車好きな私は、
やはり変態なのだろうか????

最近では、自分でも自覚してます(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2012/03/06 Tue. 22:03    TB: 0    CM: 0

ホンダ S2000 

スタイルコクピット金沢さん依頼分のホンダS2000、エアロバンパー塗装取り付け。
ちなみに、何人の方から聞かれたのだが、親方の車じゃないょ~(笑)
dc1213123.jpg

車を預かる前にバンパーの下処理を終えているので、
早速ノーマルバンパー取り外しして、仮合わせ。
dc1213129.jpg
2分割式なのだが、フロアボード部分がでかくて前に張り出ている形状。
dc1213131.jpg
取り付け位置等には、それ程問題なかったのだが、取り付け固定する
ブラケットがまったく付属していなかったので、ステーを制作しての仮合わせ工程。
dc121403.jpg
仮あわせ終えたら、塗装工程で今回上部分と下の部分では色分けとなり
まずは上の部分の塗装から。
dc121419.jpg
ボディ色の黄色なのだが、実はこの色3コートであり、
低隠蔽性の黄色から始まり、パールベースを塗装して
最後にクリヤーにての仕上げ塗装。
dc121442.jpg
dc121446.jpg
下部のフロアボードについては、艶ありのブラック色指定だったので。
dc121448.jpg
ピアノ黒に塗装。。。
dc121452.jpg
dc121454.jpg
乾燥後、車への取り付け。
dc121517.jpg
ナンバーブラケットも取り付けして完成。
dc121521.jpg
dc121527.jpg
dc121534.jpg
車については、雪降る直前に福井営業所から
お客さんの方に納車完了しております(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2011/12/19 Mon. 21:47    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ  

まずは、昨日の土曜日、ブレーキのエア抜きをしようとして、
エアーにてのオイルを吸い取り、ブレーキペダルを踏んだのだが、
何かが可笑しいブレーキペダル。
dc121152.jpg

ブレーキのラインを見たら、ボタボタとオイル漏れてるぅ、、、。
dc1211219.jpg
dc1211220.jpg
記録係の私としては、笑えたのだが、ブレーキラインを製作した本人は
あ然としているし、、、(笑)

原因は何か色々と話を聞いたのだが、どうもフレアー加工に使用した
工具の問題らしく、ようは安物工具を使いフレアー加工したのだが
精度の問題なので、新たに工具を買うしかなく、
そこで物作りのバイブル、キノクニのカタログを見て
dc121170.jpg
早速電話して、福井弁丸出しの質問にも、親切な対応のキノクニさん。

わがままな、日曜日朝着指定での発送にも対応してくれて、
今日朝届いた工具と加工用のブレーキパイプ。
dc121143.jpg
dc121146.jpg
正確には、商品の配達を待てずに、ヤマト宅急便に取りに行ってました(笑)(笑)
と言ってもヤマト宅急便は工場裏に営業所あるのですが、、、

真剣に取り説を見ながら、この工具を使いフレアの出来具合をテスト。
dc121169.jpg
dc1211118.jpg
dc121178.jpg
dc1211128.jpg
dc1211126.jpg
ちなみに、最初に安物工具で作ったフレアーしたパイプ。
dc121163.jpg
形が不均等であり、これでは面でのあたりは出ない為
オイル漏れ当たり前かも。
2つ見比べると、出来の差は問題外のレベル。
dc121173.jpg

フレアの加工については確認できたので、車側からブレーキパイプを取り外しして
dc121148.jpg
再度すべてのパイプの作り直し、、、。
dc1211134.jpg
dc1211141.jpg
dc1211150.jpg
dc1211155.jpg
dc1211148.jpg
これで完璧と言いながら、フレア加工の達人になった気分で、
すべてのパイプを作り直しして、車側に取り付けして
再度エア抜き開始したのだが、
dc1211158.jpg

dc1211224.jpg
またジョイント部分から漏れているし、、、(笑)

これについては、締め付け不足だったので、締め直しして
再度トライしたのだが、ほんの僅かなのだが、
ブレーキバランサーバルブからのオイルにじみ、、、。
dc1211211.jpg
時間も遅くなったので、また来週との事で、今日の作業終えたのだが
今回使用したブレーキオイルの量
dc1211229.jpg
エア抜きに使うバキュ-ムタンクが一杯になってしまったよ~ん、、、(笑)
dc1211247.jpg

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2011/12/11 Sun. 22:10    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ 

ミッションを載せるにあたり、カバーの塗装を依頼されていたので、
仕事の合間を見ての塗装なのだが、どうも元々塗装されていた黒色が
剥がれ落ちていたので、スクレパー削り落としたら、ボロボロと取れていき
素地の金属状態になっているカバー。
dc120319.jpg
塗料の場合、こうした金属素地には密着が悪い為、
そのまま塗装しますと、剥がれ落ちますので、
まずは下処理として、エッチングプライマーを塗装してから
dc120320.jpg
dc120324.jpg
下地としてサフェサー塗装なのだが、使用したのはサンディングなして
上塗装出来るノンストップフィラーを使い下塗り塗装。
dc120332.jpg
dc120339.jpg
20分程度の乾燥後、その状態からの上塗り塗装で、
シルバーを塗装して、クリスタルクリヤーにての仕上げ。
dc120351.jpg
こうした下準備を終え、今日は朝からミッションを載せる作業に。
dc120405_20111204184805.jpg
今日は忘れた事はないかと、何回も聞きながら(笑)
下準備とてして、まずは車をリフトに移動。
dc120401_20111204184805.jpg
先ずは、最初にフライホイールから取付しようと思ったら、
dc120406.jpg
フライホイール固定ボルトの相手側ナットプレートがフリーの為
落ちないように、長い全ピッチのボルトをカット加工して
4箇所入れてからでないと、このボルトは取ったダメとの事で
dc120411.jpg
長いボルトをカットして入れようとしたら、ネジピッチが違い入らない、、、。
ピッチ違いでも、ボルガ少しは入るので、これでやろうとしたら、
フライホイールの穴が少し小さくて、これでは抜けない、、、。

見れば、このボルト8ミリの太さで、ピッチが1.0のボルトで
特殊ネジのため、代用ボルトはないよ~ん。

だからあれ程、前日夜に下準備は万全かと言っていたのにとの
おいらのボヤキに、、、(笑)
dc120415.jpg
このままやめる訳にもいけないので、代用品として
6㎜の鉄製の丸棒をカットして、足りない2ミリ分を
マスキングテープを巻いた物を作り、
dc120426.jpg
これを4箇所空いている穴に入れてから
dc120417_20111204184803.jpg
ボルト4本を外し
dc120419.jpg
2人がかりで、そっとフライホイールを入れてから4本ボルトで固定。
dc120423_20111204184908.jpg
あとは、丸棒を抜き取って残りのボルトを入れ、
規定トルクで締めてフライホイールは取付完了。
dc120429.jpg
今日も、規定トルク値を探している時、暇だったので、パチリと、、、
dc120439.jpg
ちなみに、何の意味もありません、、、(笑)

このあとは、カバーを取り付けして
dc120442.jpg
ミッションをミッションジャッキに載せて
dc120451.jpg
エンジン側に入れて無事ミッション合体。。。。
dc120463.jpg
あとは、固定ボルトを探しながら締めて(笑)
dc120458.jpg
何とかすべての作業完了。
dc120434_20111204184907.jpg

今日は、このあと積載車のスダッドレスへのタイヤ交換を行い
dc120467.jpg
dc120472.jpg
休日の作業を終えた1日でした。

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2011/12/04 Sun. 21:14    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード