fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
 

ジュリアスプリント GTベローチェ 



ジュリアスプリントGTベローチェ、3月以来の更新になります。
ロールゲージについては、オーナー本人が仕事を終えてからもしくは休日のみ限定進めて作業しています為、作業進行についてはどうしてもスローペースではあるのですが、ロールゲージ溶接留めにて完成しております。

当初の計画では、メインアーチだけでの製作作業で初めたのですが、サイドバーやリヤクロスバーが増え、最終的には4点式シートベルトのハーネスバーも追加して出来上がりになってます。

私自身このロールゲージ溶接作業を見ていて感じたのは、この年代の車の場合ですと、高張力鋼板を使用しての車作りがされていない為、ボディ強度についてはどうしても弱く、ボディ一体型補強目的でロールゲージを溶接しての取り付けしているのですが、困るのが溶接作業します車側のインナーパネルが高張力鋼板でない為強度不足で、ただの薄い鋼板になってしまっており、溶接において、溶かし込んでの溶接作業が出来なく、おまけに熱による歪みも出やすく、今の車のから見ますと使われている鋼板による強度の違いを改めて感じさせられました。

錆防止の為にパイプについては、本人が最初サビ止め専用塗料を本人がどこからか入手してきたのですが、使用する時にサビ止め塗料専用シンナーを入れ攪拌しました所、混ぜるだけでドロドロに硬化反応してしまう塗料??だったので、急遽2液型のサフェサーにての塗装で仕上げてます。
本来ですと、素地金属直接塗装の場合は、エポキシ系塗料が好ましいのではあるのですが、本人の承諾を得てこの作業で仕上げております(笑)

あと、フロントパネルにダクト穴開け加工も出来ており、かなり作業進んだなぁと感じてます。

"

カテゴリ: オールペイント

[edit]

Posted on 2009/05/01 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ 



ロールバーの製作会社から出来上がって来たパイプの接合部をジョイント式でのボルト留め固定にする為、再度現車に仮固定してパイプの長さ調整しながらジョイント固定のブラケットを取付していきます。

ジョイント無しでパイプ同士を溶接にて取付していく方法もあるのですが、どうしもこの方法だとパイプ全体を溶接出来ない所箇所が生じると共に、パイプの脱着も当然出来なくなるのと、見た目的にジョイント式での固定が仕上がり的に良いとの事で作業してます。

ジョイントを必要な数の分だけ購入しなくてはいけないので、コストはかかりますが脱着出る分塗装は楽です。
ロールバーのパイプを塗装された事がある方は解ると思うのですが、丸いパイプの塗装はどうしても塗り重ね部分が随所に生じる為に塗料のタレになりやすく、簡単そうに見えて以外と難しい所でありますので、塗装する側の私的には取り外ししての塗装の方が作業しやすいです。

各部仮固定を終えた後、本付けの溶接にかかったのですが、この溶接作業ただ鉄と鉄を引っ付けるだけでしたらそれ程難しくはないのですが、溶接部のビートを綺麗に作りながらの作業簡単そうに見えて非常に難しく、本人も悩みながら作業しており、溶接とはやはり経験が必要な作業であると思いました。

ロールバーの製作会社に依頼した分とは別に、サイドバーとリヤのクロスバーを新たに製作して仮固定完了しているのですが、さらに追加でシートベルトを張って固定出来る用にと、リヤに横方向にパイプを追加と、フロントダッシュボード下部にも横方向にパイプを追加をする事になり、追加部品待ちにもなってます。

"

カテゴリ: オールペイント

[edit]

Posted on 2009/03/03 Tue. 00:00    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ 



ジュリアスプリントですが、FRP製のダッシュボードと並行して色々な作業進んでます。

作業が進んでいると言っても、私自身は直接作業はしていなくて、もっぱら監督役であり作業はオーナーみずからしているのですが、、、。

まず、フロント部しか台車が作られていなかった為に、車が後方に傾斜した状態だったのですが、これから先の作業を進める上でどうしても不便な為、水平な状態で車が乗っかる台車を製作しています。
使用しています材料は、オーナーが仕事で使っている角パイプ?だと思うのですが、手際良く溶接して作ってます。
車の水平については、私の目分量での位地出し製作であり、完成後はなかなかコーナリングの良い車になりってます。

ロールバーも型取りパイプ通りの曲げでロールバーの製作会社から出来上がってこちらに送られて来てます。
さすがロールバーのメーカーだけあって曲げ加工については、綺麗にかつ正確に作られております。
このメインアーチを使い、溶接留めにて各部追加バーを組む予定になっており、ドア開口部のサイドバーの位置出しをするのに、バケットシートの位置を決める必要になり、シートレールを製作してます。

しかしこの車については、専用パーツは何もない為、すべて自分で作るしかないので、何をしても大変な作業になってしまいますが、私は監督役ですので、いつもフレーフレーKenta君状態での作業になってますが、、、。
また、作業進んだら報告します。

"

カテゴリ: オールペイント

[edit]

Posted on 2009/02/17 Tue. 00:00    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ 



ジュリアスプリントですが、FRP製のダッシュボードと並行して色々な作業進んでます。

作業が進んでいると言っても、私自身は直接作業はしていなくて、もっぱら監督役であり作業はオーナーみずからしているのですが、、、。

まず、フロント部しか台車が作られていなかった為に、車が後方に傾斜した状態だったのですが、これから先の作業を進める上でどうしても不便な為、水平な状態で車が乗っかる台車を製作しています。
使用しています材料は、オーナーが仕事で使っている角パイプ?だと思うのですが、手際良く溶接して作ってます。
車の水平については、私の目分量での位地出し製作であり、完成後はなかなかコーナリングの良い車になりってます。

ロールバーも型取りパイプ通りの曲げでロールバーの製作会社から出来上がってこちらに送られて来てます。
さすがロールバーのメーカーだけあって曲げ加工については、綺麗にかつ正確に作られております。
このメインアーチを使い、溶接留めにて各部追加バーを組む予定になっており、ドア開口部のサイドバーの位置出しをするのに、バケットシートの位置を決める必要になり、シートレールを製作してます。

しかしこの車については、専用パーツは何もない為、すべて自分で作るしかないので、何をしても大変な作業になってしまいますが、私は監督役ですので、いつもフレーフレーKenta君状態での作業になってますが、、、。
また、作業進んだら報告します。

"

カテゴリ: オールペイント

[edit]

Posted on 2009/02/17 Tue. 00:00    TB: 0    CM: 0

ジュリアスプリント GTベローチェ 



ジュリアスプリントのダッシュボ-ドですが、FRPでの原型部(写真一番上でです)を仕上げて、再度これをFRPにて型取りして最終的にFRPにての商品を作る工程で、先日最終的に商品として使う部分出来上がりました。
別に、型取りとして使用したサフェサー状態の写真一番上に写ってます物を使用しようとしても使う事は可能なのではあるのですが、何分最初の原型となってます形がこの変形をした状態からの
http://www.bs-shirasaki.com/contents/data/topics/photo/img20081201225759_2.jpgスタートであるので、形の修正をするのにパテをかなり使用しており、重さや強度等を考えますと手間であるのですが、もう一度型取りしてFRPにて作りました。

写真真ん中が、原型部から型取りして作った型で、この型を使用してFRPを貼り出来たのが、写真一番下の物になります。
ここから、メーターが付く部分の穴をくり抜いて開けのと、メッキのモールも付く様に穴開けをしてダッシュボード本体は完成となります。
この後の作業については、ダッシュボード上下に付いてます、レザー張りのパットについては、アルカンターラを貼り、このFRP製のダッシュ本体はシルバ-色のテクスチャー仕上げで仕上げる予定になっているとの事です。

最後に、簡易的な型ではあるのですが、まだ何個かはFRP製のダッシュボードをつくる事は出来ますので、このジュリアスプリントのダッシュボ-ド欲しい方居られましたら連絡頂ければ販売しますので、問い合わせお待ちしております。

"

カテゴリ: オールペイント

[edit]

Posted on 2009/01/23 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード