ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

マツダ CX-3  

.ルーフとフロントフェンダー修理のCX-3 、
パテ研ぎ工程後、塗装ブース内に車を移動して
マスキングしてから、
DSC_5736 (800x536)
DSC_5735 (800x536)
下地工程のサフェサーを塗装。
DSC_5744 (800x536)
DSC_5749 (800x536)
この状態から、
DSC_5751 (800x536)
フロントガラスの取り外し作業。

ルーフ塗装の場合、ウインドガラスのモール部分が、
マスキングで作業すると、塗料が溜まってしまったり、
モールに塗料が付着してしまうので、ルーフ塗装場合、
フロントウインドガラスは取り外しが基本作業。
DSC_5760 (800x536)
ウインドモールに対して、リフティングテープ等を使って
モールを浮かして塗装する方法もあるのだが、
隅々に溜まったゴミが、スプレー時のエアー圧で、
どうしても塗膜面に付着してしまうので、
マスキングの場合だと、仕上がりに対して
ある程度は妥協点が必要と思われる箇所。
DSC_5757 (800x536)
今回の作業は、保険修理なので、
アジャスターの方に取り外しますと了解を得て
ガラス屋さんに外注依頼で、取り外し~。
DSC_5781 (800x536)
さらに、後方部はリヤゲートが邪魔なので、取り外し作業。
DSC_5782 (800x536)
他にも、ラジオアンテナや左右ルーフモールも取り外ししたりと、
ルーフの塗装にあたり、付帯作業かなり多くあるパネルで、
手間暇要するけど、こうした所は取り外しが一番効果的な作業。

同様にフロントフェンダー塗装にあたり、
フロントバンパーとヘッドライトとアーチモールの取り外しも。
DSC_5774 (800x536)
理由はマスキング出来ないため。
DSC_5775 (800x536)
あれもこれもと部品の取り外しを、保険屋さんに要求すると、
中には嫌な顔する方がいるのだが、そんな時には、
最近目が悪くて全く見えないので、マスキング作業はダメと説明すると、
さらにムッとした方も居たっけ、、(笑)
DSC_5784 (800x536)
見えないものはどうもならんわ、、(笑)、、(笑)、、(笑)

フロントガラスとリヤゲート取り外し後に、
室内にホコリが入らないように、ビニールを貼ってから、
DSC_5788 (800x536)
DSC_5790 (800x536)
サンディング作業後に、塗装ブース内に車移動して、
マスキング作業後に、
DSC_5863 (800x536)
DSC_5864 (800x536)
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_5879 (800x536)
DSC_5881 (800x536)
DSC_5885 (800x536)
塗料乾燥後に、磨き工程をしてから、
DSC_5978 (800x536)
各部品取り付けして、
DSC_6113 (800x536)
DSC_6109 (800x536)
完成したCX-3でした。
DSC_6121 (800x536)
最後に、今回の作業依頼どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

カテゴリ: マツダ CX-3

[edit]

Posted on 2017/05/11 Thu. 21:05    TB: --    CM: --

マツダ CX-3 

新車購入1ヶ月足らずで、
落雪による被害のマツダ CX-3、
DSC_5536 (800x536)
写真では解り難いのだが、
損傷箇所はルーフパネル全面に凹みと、
DSC_5546 (800x536)
DSC_5551 (800x536)
左フロントフェンダーが、折れ曲がり
ボンネットヒンジと干渉による突き上げと、
DSC_5539 (800x536)
ルーフスポイラーが破損あり。
DSC_5545 (800x536)
ルーフの板金にあたりまずは、天井内張りの取り外しから。
DSC_5558 (800x536)
DSC_5571 (800x536)
ルーフパネルは1枚の鋼板で、CX-3の場合
横方向に補強のブレースが3本あり。
DSC_5568 (800x536)
次にルーフスポイラー取り外ししたら、
DSC_5573 (800x536)
コーナー部の固定箇所で、プラスチックが破損あり。
DSC_5574 (800x536)
早速板金しようと、一番凹みのある右後方の裏面を確認したら、
上手い具合で、補強のブレースがあるところだったし、、。
DSC_5662 (800x536)
こうした板金作業、裏面から当て板が入るのと、
入らないとでは、まったく作業性が変わって来るのだが、
隙間から板金用のスプーンを入れてなんとか作業完了。
DSC_5666 (800x536)
この辺の作業、闇雲にハンマーリングすると
歪が取れなくて、大変な事になってしまう所。

エッジ部をサンディングして
DSC_5673 (800x536)
その他の凹み部を確認したら、
サンディングした箇所だけ損傷あり。
DSC_5674 (800x536)
DSC_5678 (800x536)
左フロントフェンダーも板金して、
DSC_5677 (800x536)
素地金属部にプライマー塗装して、下処理後に
DSC_5682 (800x536)
DSC_5686 (800x536)
このプライマーの上から直接パテ付け作業なのだが、
板金同様、上手くパテ研ぎしないと、
へーパーとの摩擦熱により歪みが生じてしまうので、
パテ付けで、形にする事が必要で、
DSC_5703 (800x536)
DSC_5705 (800x536)
最後に、仕上げパテを付けて、
DSC_5723 (800x536)
DSC_5711 (800x536)
DSC_5712 (800x536)
DSC_5715 (800x536)
これらを研いで、
DSC_5733 (800x536)
パテ工程を完了したCX-3でした。

カテゴリ: マツダ CX-3

[edit]

Posted on 2017/04/30 Sun. 21:55    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード