ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

ローバー ミニ オールペイント 

オールペイントのミニ、
DSC_5275 (800x536)
まずはフォグランプ取り付け穴を
DSC_5250 (800x536)
溶接にて穴埋め作業。
DSC_5258 (800x536)
オーバーフェンダーの穴も溶接にて穴埋め。
DSC_5254 (800x536)
DSC_5252 (800x536)
次はフロアの修理。
DSC_5419 (800x536)
DSC_5425 (800x536)
ここにおいては、フロアに付いているプレートを
ジャッキポイントと勘違いしてリフトのアームを
かけてしまう事により、突き上げによる凹み。
DSC_5399 (800x536)
ほとんどの車がこうなっているのだが、
ここはジャッキアップポイントでないとの事。
フロア修理となると、まずは床に貼ってある
サイレンサーパットを取り剥がしてから、
DSC_5436 (800x536)
DSC_5432 (800x536)
下方向に変形部を修整~。
DSC_5444 (800x536)
フロア側から見るとこんな感じ。
DSC_5468 (800x536)
DSC_5473 (800x536)
次は、フロント部の腐食箇所の修理。
DSC_5453 (800x536)
サビ落として見たら、フェンダー側にも穴開き箇所あり。
DSC_5479 (800x536)
まずはフロントパネル側からで、
腐食箇所をカットして
DSC_5489 (800x536)
新たにパネル製作した物を、溶接にて取り付け。
DSC_5501 (800x536)
同様にフロントフェンダー側もカットして取り除いて、
DSC_5503 (800x536)
溶接にてパネル取り付け。
DSC_5523 (800x536)
これで右側は作業完了。

作業中に、反対側が何で黒色なのだろうかとは
思っていたのだが、
DSC_5454 (800x536)
よく見て見ると何やら流し込んでであるようで、
削り落として見た所、
DSC_5515 (800x536)
はぁ?
DSC_5520 (800x536)
銅版をパネルボンドで貼って修理してあったし、、。
DSC_5530 (800x536)
DSC_5534 (800x536)
これも修理と言ったら修理なのだが、
再度手直しとして、カットした所を新たにパネル製作して、
溶接にて取り付けして、
DSC_5542 (800x536)
フロント部の修理まで完了の、ローバーミニでした。
スポンサーサイト

カテゴリ: ローバー ミニ ⑧

[edit]

Posted on 2018/02/20 Tue. 20:55    TB: --    CM: --

ローバー ミニ 全塗装 

オールペイント作業のローバーミニ、
後部の修理の次は、ステップの腐食箇所の修理。
DSC_5275 (800x536)
何故か、左側だけが腐食箇所あり。
DSC_5279 (800x536)
DSC_5285 (800x536)
DSC_5286 (800x536)
まずは一番前の箇所から作業で、
DSC_5291 (800x536)
腐食箇所をカットして取り除いてから、
DSC_5296 (800x536)
新たに製作したパネルを溶接して、作業完了~。
DSC_5305 (800x536)
実作業だと何かと手間掛かるものなのだが、
写真で説明すると、あっという間に終わるものだ。(笑)

次に真ん中の腐食箇所、アンダーコートを削り落としたら、
こんなに腐食箇所あったし、、、、。
DSC_5319 (800x536)
DSC_5309 - コピー (800x536)
よって、腐食箇所全体をカットして取り除いた後、
DSC_5320 - コピー (800x536)
フロント側同様に、新たにパネル製作した物を、
DSC_5328 (800x536)
溶接にて取り付け~。
DSC_5334 (800x536)
これで、2箇所目修理完了で、次は一番後方の所は、
軽症で、サビ落として作業完了。
DSC_5339 (800x536)
これで、ステップ下側の作業完了で、
DSC_5347 (800x536)
この次は、上側のステップ腐食箇所修理。
DSC_5360 (800x536)
このへんは、ミニの場合腐食箇所ある所で、
他同様、腐っている箇所を取り除いて、
DSC_5368 (800x536)
製作したパネルを取り付けして完了~。
DSC_5379 (800x536)
こうした腐食箇所の修理を作業していて思ったのだが、
ステップ下側のアンダーコートの下は、
どうなっているのだろうかと?

今後の修理参考のためと思い、取り除いたら、
DSC_5394 (800x536)
やはり、他にも穴開き箇所発見、、、。
DSC_5391 - コピー (800x536)
アンダーコート凹凸柄で、外側から見た目的には、
腐食していても解らないので、取り除いて確認するが良いと、、。

さらにカットして、
DSC_5398 - コピー (800x536)
パネル取り付けして、完了。
DSC_5412 (800x536)
念のため、右側のステップアンダーコートを
辞去して確認したのだが、右側はまったく問題点なし。

どうして、左側だけが腐食していたのだろうかと、
少々疑問だったのだが、これでステップの修理完成のミニでした。

カテゴリ: ローバー ミニ ⑧

[edit]

Posted on 2018/02/01 Thu. 21:04    TB: --    CM: --

ローバー ミニ 全塗装 

オールペイント作業のローバーミニ、
リヤパネルとロアエプロン取り外しして、
真ん中に存在しているフロアパネルのサビ落としたら、
真ん中部分と、
DSC_5038 (800x536)
左燃料タンク側のフロアが腐食しているので、
DSC_5088 (800x536)
DSC_5092 (800x536)
これら腐食箇所をカットして
DSC_5078 (800x536)
DSC_5133 (800x536)
パネル交換作業~。
DSC_5155 (800x536)
センター部バンパー取り付け穴あけと、
丸い形状加工は、ロアエプロン取り付けしてからの作業で、
DSC_5148 (800x536)
まずは、新品パネル裏面を塗装してから、
DSC_4994 (800x536)
DSC_5162 (800x536)
ロアエプロンの位置関係を合わせた後、
DSC_5174 (800x536)
所々をスポット溶接にて取り付けして、
DSC_5178 (800x536)
製作したパネルのフロア箇所を、
穴開けと形状加工。
DSC_5179 (800x536)
最後に、リヤパネルのカットパネルを
DSC_5153 (800x536)
DSC_5191 (800x536)
ロアパネルと3枚一緒にスポット溶接して、
DSC_5210 (800x536)
リヤパネル関連の作業完了~。
DSC_5201 (800x536)
続いて、ルーフの腐食箇所の修理。

ルーフに溜まった雨水が原因か、
ほとんどのミニがここがダメな所、、。
DSC_5215 (800x536)
ここは、新たにレール部分を製作して、
DSC_5224 (800x536)
カット交換にて作業~。
DSC_5221 (800x536)
DSC_5234 (800x536)
これでリヤ部の修理完了~。

こんな感じにて作業してますローバーミニ、
次はステップの修理へ続きます。

カテゴリ: ローバー ミニ ⑧

[edit]

Posted on 2018/01/20 Sat. 21:12    TB: --    CM: --

ローバー ミニ オールペイント 

作業台車製作を終えたローバーミニ、
各部修理作業を始める前に、下回りの洗浄作業から。
DSC_5105 (800x536)
お客様の方で一度洗浄しているため、
それ程汚れていなかったのだが、隅々まで水洗い~。
DSC_5107 (800x536)
冬の水作業は、寒いですわ~。

水荒い洗浄後は、自然乾燥させてから、
DSC_5117 (800x536)
DSC_5123 (800x536)
修理作業開始。
DSC_4919 (800x536)
何処から修理始めようかと思ったのだが、
後ろ側から取り掛かる事で、
まずはリヤエプロンとリヤパネルの腐食修理から。
DSC_4921 (800x536)
ミニの場合ここは、大なり小なりサビある所で、
パネル上側と
DSC_4922 (800x536)
DSC_4924 (800x536)
下側にも腐食ありの状態。
DSC_4927 (800x536)
DSC_4931 (800x536)
今回の場合だと、上側のリヤパネルと、
下側のロアパネルを新品パネルに交換作業に。
DSC_4918 (800x536)
フロアにも、腐食しているケースも多いのだが、
この車の場合、特に問題点はなし。
DSC_4937 (800x536)
DSC_4938 (800x536)
それ程、車の状態は悪くないボディであります。
DSC_4941 (800x536)
最初は、ロアエプロンの取り外しのため、
下側からスポット溶接を取る作業なのだが、
DSC_4945 (800x536)
車体を傾斜させての作業なので、かなり楽チン~。
DSC_4962 (800x536)
苦労して作業台車作っただけあって、作業性Up。(笑)
DSC_4959 (800x536)
袋状になっているリヤタイヤ側のパネルは、
左右共サビなしで、特に問題なし。
DSC_4965 (800x536)
DSC_4967 (800x536)
続いて、上側のリヤパネルも取り外し~。
DSC_4958 (800x536)
DSC_4956 (800x536)
新品部品が、カットパネルでの部品供給なので、
カットしてしてパネルの撤去。
DSC_4983 (800x536)
DSC_4975 (800x536)
これで、真ん中にあるフロアパネルになるのだが、
こんな状態、、、。
DSC_4977 (800x536)
次は、このフロアパネルからの修理作業になる
ローバーミニですょ~ん。

カテゴリ: ローバー ミニ ⑧

[edit]

Posted on 2018/01/07 Sun. 20:45    TB: --    CM: --

ミニ 作業台車 弐号機製作  

ここ最近の休日作業は、ミニ 作業台車 弐号機製作 、
Z31アニバーサリーは、放置状態です。(笑)

作業的には、補助固定部を製作して、
まずは、着地状態のミニ、
DSC_4901 (800x536)
DSC_4897 (800x536)
DSC_4905 (800x536)
ここから、少し傾斜させて、
DSC_4888 (800x536)
DSC_4879 (800x536)

DSC_4883 (800x536)
DSC_4880 (800x536)
さらに、スコスコと傾斜させると、
DSC_4860 (800x536)
DSC_4851 (800x536)
予定通り、上手く立ちました。(笑)
DSC_4855 (800x536)
DSC_4867 (800x536)
これで、お腹も触り放題。(笑)(笑)
DSC_4869 (800x536)
色々なところが、簡単に手が届きます。
DSC_4875 (800x536)
ちなみに、この傾斜状態でも、普通にドア開け閉めOK.。

ボディのねじれは、全くないですよ~ん。。

今回の弐号機は、フル勃起状態の真横(横倒し状態)にも
可能に製作してあります。

反対側にも当然動きます。
DSC_4911 (800x536)
今日、お客さんに現物確認して頂いたのですが、
これは良いクリスマスプレゼントだと喜んでくれ、
作った方としても非常に嬉しかった。(笑)

ここから先は、ボディ修理作業になるローバー ミニでした。

カテゴリ: ローバー ミニ ⑧

[edit]

Posted on 2017/12/24 Sun. 20:39    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード