FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

1972y ナローポルシェ911 フルレストア 

1972y ナローポルシェ911 フルレストア、
フロア裏面アンダーコートの剥離作業へ~。

ポルシェを立てた状態で、
DSC_0531.jpg
DSC_0535 (1024x680)
フロア裏面のアンダーコートを辞去。
DSC_0694 (1024x680)
設計通り、立って手が届く高さでの作業、
至って好条件で作業してはいるのですが、
ポルシェのアンダーコートは硬いし、
分厚いので、この状態で作業しても
重労働の一言、、。
DSC_0692 (1024x680)
半分取り終えたら、反対側に回して作業~。
DSC_0623 (1024x680)
DSC_0578 (1024x680)
中腰の状態だと、体負担大きいので、
なるべく立った状態での姿勢で作業。
DSC_0665 (1024x680)
平面はまだ良いのですが、
入り組んだ所は大変で、とにかく地道に辞去。
DSC_0740 (1024x680)
DSC_0739 (1024x680)
DSC_0738 (1024x680)
リフトで車体上げた状態での作業では、
奥まった所までは辞去するの無理だと思う、、。
DSC_0741 (1024x680)
こうして、アンダーコートの辞去作業中の、
ナローポルシェ911でした。
DSC_0661 (1024x680)
スポンサーサイト



カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2020/01/15 Wed. 21:19    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 回転台車製作 

1972y ナローポルシェ911 回転台車製作、
DSC_0543 (1024x680)
すべての製作作業を終えて、まずは車とドキッング~。
DSC_0573 (1024x680)
これで車が回転するのかと思うと、
高さが低い様に見え少々不安なのだが、
寸法は間違えないし、、、。

嫁さんにぶつからないか見てもらいながら、
ゆっくりと廻して行くと、車本体は
予想以上に回転は軽く回るのだが、
嫁さんが、途中で何処を見れば良いのと
意味不明の事言い出して
途中で止まったままにするわけにもいかず、
どうしたものかと、ものすごく不安だったのだが、
一番の難所を予定通りの距離で通過して、
無事直立したナローポルシェ911。
DSC_0548 (1024x680)
DSC_0553 (1024x680)
DSC_0550 (1024x680)
DSC_0567 (1024x680)
まずは、第一関門突破か、、。

ここからさらに回転させて、真逆状態に。
DSC_0589 (1024x680)
どこにもぶつからず何の問題もなく回転出来たので、
これで一番の心配点、無事クリヤーです。

とても緊張した時間だった。(笑)
DSC_0590 (1024x680)
さらに回して
逆方向での直立状態に。
DSC_0613 (1024x680)
DSC_0606 (1024x680)
横倒し状態で、高さが1700程度なのだが、
こうして見ると、ポルシェはデカイわ、、、。
DSC_0616 (1024x680)
さらに回すと元の状態に着地で、360度回転しました。
DSC_0581 (1024x680)
最後に、この状態で工場内移動も確認出来き、
DSC_0666 (1024x680)
回転台車 完成~。

製作者 ボディショップ シラサキ
DSC_0542 (1024x680)

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/12/28 Sat. 21:32    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

1972y ナローポルシェ911 回転台車製作、
回転ベース部が出来た所で、次は車体側の固定部の製作。
DSC_1191 (1024x680)
前後で固定する方法を考え、中心となる所から軸として
回転させるのですが、問題は高さの設定。

真横にした状態で立てた時に、なるべく低くしたかったのですが、
車の車体が回転方向に動く軌道がよく解らず、困った、、。

嫁さんと相談しながら、たどり着いた数値で製作に入り、
まずはフロント側の固定部の製作から。
DSC_0512 (1024x680)
色々と強度を工夫しながら、製作したジグを
DSC_0516 (1024x680)
車体側に取り付けして、フロント部完成~。
DSC_0520 (1024x680)
このフロント部を基準として、リヤ側の高さを計算して
取り付け部の製作に。
DSC_0700 (1024x680)
DSC_0726 (1024x680)
これで前後の高さは揃って製作出来てますので、
前後水平になってます。
DSC_0545 (1024x680)

ちなみに、後方に下がりますと傾斜があり
高さが高くなりますので、角度をつけて平行に製作~。
DSC_0717 (1024x680)
こうした所は、仮想線をつくれば簡単に高さで出来ます。(笑)

こうして出来た固定部のジグを、
DSC_0538 (1024x680)
DSC_0543 (1024x680)
回転軸のベース部に取り付けして、
DSC_0568 (1024x680)
DSC_0570 (1024x680)
車に取り付けして、上手く回転するか早く確認取りたかったのですが、
今回はペンキを塗装しようと思い塗料販売店さんから、
在庫品の塗料を分けて頂いて、塗装する事に。
DSC_0608 (1024x680)
建築塗料のペンキも2液型になっていたのには少々驚きでしたが、
タレたり刷毛目作らないように塗装して回転台車完成~。

次は、固定して回転させてみます、、、。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/12/26 Thu. 21:37    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業、
DSC_0775 (1024x680)
次の作業依頼としてフロア裏面と、
DSC_1146 (1024x680)
エンジンルーム内フロント側の
DSC_1139 (1024x680)
アンダーコートの剥離で、
エンジンルーム内フロント側から作業始めたのですが、
DSC_0527 (1024x680)
奥まった所とかが、この車の状態では
非常に作業性が悪いし、、、。

フロア裏側の作業となると、真上を向いての作業となるのだが、
現実性としてどう考えても、この状態にてこれ全部取る事は無理、、、、。

車全体を傾斜させるか、真横に立てなくては思い、
色々と思案した結果、自分でカーベーキューを製作する事に。(笑)

こうしたカーベーキュー、市販の商品があるのだが、
私共の工場の場合だとリフト周辺には穴凹あり、
塗装ブース入り口には2センチ程度の段差あったりと、
すべてが平坦ではなく、
どう見ても工場内の移動が出来そうにないので、
塗装ブース内に、このまま車をセットした状態で安定して移動出来る事と、
あと、立てた時の高さが高いので、
立てた時の高さは、なるべくローポディションになり、
さらに、簡単に回転させられる条件になるように製作考えて、
まずは、鋼材の入手から段取り~。
DSC_0687 (1024x680)
子供のお絵かき程度の図面から、鋼材をカットして
DSC_0572 (1024x680)
まずは、くるりんパ-の回転軸を製作~。
DSC_0567 (1024x680)
これを鋼材に取り付けして、
DSC_0581 (1024x680)
回転軸部完成~。
DSC_0585 (1024x680)
内部はお見せ出来ませんが、
回転具合は、手で簡単にクルクル回りますよ~ん。(笑)

これに枠組みを組んで、まずは回転軸とベース部まで出来ました、
くるりんパ-回転作業台車製作でした~。
DSC_0554 (1024x680)
DSC_0562 (1024x680)
しかしこうした年末に作業台車作り、
今年で3年連続ですね。(笑)

次につづく、、、。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/12/21 Sat. 21:03    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア作業 

ナローポルシェ911 レストア作業、
ボンネットインナーパネルの製作取り付け後、
DSC_0563 (1024x680)
次はアウターパネルの取り付け。
DSC_0566 (1024x680)
DSC_0570 (1024x680)
ミグ溶接にて、
DSC_0588 (1024x680)
取り付け完了。
DSC_0614 (1024x680)
ここで中に入っていた、発泡ウレタンを流し込む事になり、
高さ調整のゴム穴から注入するので、
流し込むのに使用する二つ折りの台紙用意して、
DSC_0716 (1024x680)
発泡ウレタン流し込むと、時間の経過と共に、
DSC_0721 (1024x680)
泡状になった発泡ウレタンが出できます。
DSC_0723 (1024x680)
発泡ウレタン流し込んでいて思ったこと、
ボディ強度上げる目的で、昔沢山の車に
ステップの中に発泡ウレタン流し込んだのですが、
今ではその車どうなっているのだろうかと、、?

ステップの中は、雨水が流れ込むので、
その水分を発泡ウレタンが吸い込んで、
ステップの中で、カビとサビを誘発している状態なので、、。

今思えば、大変な事作業していました、、、。

はみ出た発泡ウレタンは、カッターナイフで切り落として、
DSC_0729 (1024x680)
DSC_0733 (1024x680)
穴の中に入っている発泡ウレタンを取り除いて、
DSC_0751 (1024x680)
インナーパネルにドレン穴を開けて、
DSC_0752 (1024x680)
ボンネット修理完了~。
DSC_0767 (1024x680)
ここからは、研磨作業で、まずは裏面から。
DSC_0831 (1024x680)
この状態にまでピカピカ君仕上げしてから、
DSC_0839 (1024x680)
塗装ブースに入れて、
DSC_0846 (1024x680)
お決まりの下地工程~。
DSC_0853 (1024x680)
DSC_0855 (1024x680)
次に、表面も
DSC_0613 (1024x680)
ピカピカ光る仕様に仕上げてから、
DSC_0616 (1024x680)
裏面同様、塗装ブースに入れて、
DSC_0621 (1024x680)
下地塗装工程へ~。
DSC_0623 (1024x680)
DSC_0627 (1024x680)
これでボンネット修理完了した、
1972y ナローポルシェ911でした。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2019/12/11 Wed. 21:22    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード