FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

1972y ナローポルシェ911 レストア 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業、
エンジンルーム内付属部品の取り外し~。
DSC_0165 - コピー (1024x680)
DSC_0149 - コピー (1024x680)
まずはオイルタンクから取り外し。
DSC_0153 (3) (1024x680)
取り外ししたオイルタンク、
熱で塗膜が剥がれてます。
DSC_0159 (2) (1024x680)
次にオイルタンクからフロントへ行っている、
オイルクーラーの取り外し。
DSC_0114 (4) (1024x680)
サーモは入っていなかったので、常時流れる仕様だった。
DSC_0115 (2) (1024x680)
DSC_0341 - コピー (1024x680)
まずは、エンジンルーム内上側の付属部品を、
全部取り外しして、
DSC_0322 (2) (1024x680)
DSC_0190 (3) (1024x680)
DSC_0191 (4) (1024x680)
ヒーターフラップ部の取り外し。
DSC_0122 (3) (1024x680)
ここもエンジンの熱でボロボロの配管、
DSC_0123 (3) (1024x680)
それより、本体部がかなり錆びていたのだが、
DSC_0122 (3) (1024x680)
フラップ部すべて上手く可動しているので、OK。
DSC_0125 (3) (1024x680)
酷いと固着していて、動いてないものだが、、、。

続いてフロント側のトランクルーム内のハーネス取り外し。
DSC_0244 (3) (1024x680)
DSC_0263 (2) (1024x680)
DSC_0265 (2) (1024x680)
ハーネスの下側で錆びていたフロントフロアパネル。
DSC_0273 - コピー (1024x680)
ここは、ブレーキオイル漏れが原因。
DSC_0272 (2) (1024x680)
続いてフロントトランク内部からリヤエンジンルーム内へ
行っているハーネスの取り外し。
DSC_0130 - コピー (1024x680)
DSC_0318 (3) (1024x680)
一緒にバッテリーからセルモーターへ
行っているハーネスも取り外し。
DSC_0299 (2) (1024x680)
ナローポルシェの場合、これらすべて室内側にある
フロアパネルセンター部のトンネルを通ってリヤ側に通っています。
DSC_0322 (2) (1024x680)
燃料ポンプ関連も取り外しして、
DSC_0217 (6) (1024x680)
ホワイトボディ状態まで、
完全なる全バラ中のナローポルシェでした。
DSC_0382 (1024x680)
DSC_0340 (4) (1024x680)

スポンサーサイト

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/12/07 Fri. 21:40    TB: --    CM: --

1972y ナローポルシェ911 レストア 

1972y ナローポルシェ911 レストア作業、
DSC_0224 (1024x680)
燃料タンクに続いて、ヒーター関連の部品取り外し、
ナローや930は、ワイパーカウル下にブロアファンがあり、
DSC_0128 (1024x680)
これらすべてを取り外し~。
DSC_0213 (1024x680)
DSC_0211 - コピー (1024x680)
部品取り外し時に、ブロアファンケースから200円出て来たし。(笑)
DSC_0222 - コピー (1024x680)
きっと、デフロスターノズルの所から貯金したのだと思う。

最近部品外すと色々な物出て来ますわ。(笑)

その次にワイパーモーター取り外しして、
DSC_0110 (1024x680)
DSC_0112 (1024x680)
室内の部品取り外しへ~。
DSC_0029 - コピー (1024x680)
まず最初にダッシュボードの取り外しから。
DSC_0006 (1024x680)
DSC_0036 (1024x680)
DSC_0046 (1024x680)
続いて、メーター一式取り外しして、
DSC_0133 - コピー (1024x680)
DSC_0135 - コピー (1024x680)
ダッシュロアトリムと、グローブボックス関連と一緒に
DSC_0178 (2) (1024x680)
ヒーターレバーを取り外ししてから、
DSC_0240 (2) (1024x680)
DSC_0131 (2) (1024x680)
ペダル関連の作業へ。
DSC_0088 (2) (1024x680)
まずキックボード取り外ししたのだが、
お決まりのボロボロ状態。
DSC_0114 (2) (1024x680)
いつも思うのだが、空冷ポルシェのキックボードは
何故木製なのか?

足元の湿気でも取り除く目的でもあるのかなぁ~。
素朴な疑問です。
DSC_0116 (2) (1024x680)
次にペダルを取り外しして、
フロアの状態確認へ。
DSC_0100 (1024x680)
クボミに溜まった砂を取り除いて見たら、
見事にパネルに腐りなしで大丈夫。
DSC_0106 (2) (1024x680)
ちなみに、ナローの場合高い確率で、ここが腐ってます。

次に、シフトレバーの取り外し。
DSC_0123 (2) (1024x680)
ロッドを加工してあり、なかなか取れなかったノブ、
DSC_0167 - コピー (1024x680)
本体を取り外しして、
DSC_0170 - コピー (1024x680)
DSC_0182 (2) (1024x680)
天井に付いていた、サンバイザー取り外しして、
DSC_0094 (1024x680)
これで、フロアはサイドブレーキのみの状態まで、
室内部品の取り外し完了。
DSC_0089 (1024x680)
DSC_0100 - コピー (1024x680)
DSC_0099 (1024x680)
リヤ部については、ほとんど何も部品なかった状態だったので、
DSC_0104 (1024x680)
各部パネル状態を見ますと、
まず、ナローの錆びによる腐食確率の高い、
リヤスピーカーボードが付くパネル、問題なし、
DSC_0107 - コピー (1024x680)
リヤシート座面部のクボミ、
DSC_0109 (1024x680)
ここも両方共問題なし、
DSC_0113 (1024x680)
ゴテゴテの黒色に刷毛塗りされてます以外、
今の所良好な室内でありました。

さらに、全バラに向けて部品取り外しします、
1972y ナローポルシェ911でした。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/11/10 Sat. 21:04    TB: --    CM: --

1972y  ナロー ポルシェ911E レストア 

1972y  ナロー ポルシェ911E レストア作業、
外注依頼でエンジンとミッションを取り外し。
IMG_1688 (640x480)
車単体と、
DSC_0264 (1024x680)
DSC_0263 - コピー (1024x680)
エンジンと個別に持ち帰り~。
当分の間、工場にて保管。
DSC_0271 - コピー (1024x680)
DSC_0371 (1024x680) (1024x680)
作業的には、
DSC_0348 (3) (1024x680)
まずガラス屋さんに、フロントガラスと
DSC_0356 (2) (1024x680)
DSC_0354 - コピー - コピー (1024x680)
リヤガラスを取り外して頂き
DSC_0358 (1024x680)
クォーターガラスは開閉式のボルト留めなので、
こちらでの作業にて取り外し~。
DSC_0481 - コピー (1024x680)
DSC_0485 (1024x680)
DSC_0483 - コピー (1024x680)
DSC_0490 - コピー (1024x680)
続いてドアの分解作業で、付属してます部品全部取り外し~。
DSC_0510 (1024x680)
DSC_0509 (1024x680)
これらが、付属部品構成~。
DSC_0511 (1024x680)
Eなので、パワーウインド付き。
DSC_0529 (1024x680)
反対側も同様に部品外し作業。
DSC_0018 (1024x680)
DSC_0020 (1024x680)
DSC_0021 (1024x680)
DSC_0023 (1024x680)
次に、フロント部の分解作業のため、
DSC_0027 (1024x680)
FRPボンネットを取り外してから、
DSC_0059 (1024x680)
トランクルーム内の作業で、
DSC_0076 (1024x680)
最初にシングル仕様になってますバッテリーを
DSC_0068 (1024x680)
取り外ししたら、
あれ?
DSC_0088 - コピー (1024x680)
なんだろうと、
DSC_0090 (1024x680)
まだあるし、、。
DSC_0091 (1024x680)
バッテリーに対して、これだけのものがありました。(笑)
DSC_0093 (1024x680)
バッテリーが収まっていた場所は、本来エアコンの
エパポレーターが入る場所で、下面が凸凹状態なので、
高さ調整として木で作ったものがあり。

次に、ウオッシャータンクが2個あり。
DSC_0081 (1024x680)
どうも、純正のモーターがダメなので、
代用品のが付いているよう。
DSC_0096 (1024x680)
しかし、こんなに小さいウオッシャ-タンク、何用だったのだろうか?

骨格部は、フロントフロア部には、問題点ありそうな感じ、、、。
DSC_0099 (1024x680)
DSC_0101 (1024x680)
DSC_0103 (1024x680)
最後に、燃料タンクの取り外し~。
DSC_0108 - コピー (1024x680)
DSC_0111 (1024x680)
DSC_0122 (1024x680)
さらに、どんどん分解中の、
1972y  ナロー ポルシェ911Eでした~。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/10/25 Thu. 21:45    TB: --    CM: --

1972y  ポルシェ911E レストア作業 

1972y  ポルシェ911E レストア作業、
まず最初に、エンジンとミッションの取り外しを外注依頼しているのだが、
DSC_0319 (1024x680)
依頼先が忙しくてなかなか順番が来ないので、
その間に外装部品の取り外し作業を開始~。

まずは、フロントバンパーの取り外し。
DSC_0238 (1024x680)
フロントバンパー外したら、オイルクーラーがあり。
DSC_0234 (1024x680)
お客さんから聞いて解ったのだが、このオイルクーラー
DSC_0235 (1024x680)
FC3Sの純正品で、ジョイント部を加工して取り付け。
DSC_0237 (1024x680)
次に、リヤバンパーを取り外し~。
DSC_0221 (1024x680)
DSC_0218 (1024x680)
さらに、室内側フロアの状態の確認の為、
DSC_0324 - コピー (1024x680)
助手席側シートを取り外し~。
DSC_0326 (1024x680)
ちゃんと純正部品の証、部品番号発見。
DSC_0334 - コピー (1024x680)
これ、めちゃお宝ですわ。(笑)

フロアの状態確認したのだが、黒色に塗装されていているのだが、、
特に問題なさそう。
DSC_0349 - コピー (1024x680)
サイレンサーパットの下側が、どうなっているのかは不明ですが。
DSC_0355 (1024x680)
ナローに多い、ブレーキマスターシリンダー周辺のフロアの状態も、
錆びはなさそう。
DSC_0248 (2) (1024x680)
DSC_0247 - コピー (1024x680)
まだエンジン始動して動かないと不都合なので、
室内の部品外しはこれ位にして、次にドア内張りの取り外し。
DSC_0259 (1024x680)
内張り取り外ししたら、こんなになっていて、
DSC_0261 (1024x680)
取り剥がしたら、ドア内部にゴムがポロリ、、。
DSC_0262 (1024x680)
DSC_0263 (1024x680)
何の部品かと思ったら、
DSC_0265 (1024x680)
ガラスチャンネルのゴムだった、、。(笑)

反対側はどうなっているのだろうと、部品外したのだが、
DSC_0254 (1024x680)
予想に反して、何もなかった。(笑)
DSC_0255 (1024x680)
室内関連はこの程度にしておいて、次に各ランプ類の取り外し作業~。
DSC_0239 - コピー (1024x680)
DSC_0240 - コピー (1024x680)
ウインカーランプ取り外しして、バッテリーボックスの状態確認。

左右共、外側からは錆びもなく、特に問題はなそう。
DSC_0246 (1024x680)
DSC_0257 - コピー (1024x680)
ヘッドライトは、左右共フェンダー側のハウジング良好。
DSC_0319 - コピー (1024x680)
DSC_0318 - コピー (1024x680)
最後に、テールランプ取り外しして、
DSC_0356 - コピー (1024x680) (1024x680)
ただ今、エンジン脱着の作業待ちのナローポルシェです。
DSC_0359 - コピー (1024x680)

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/10/07 Sun. 21:54    TB: --    CM: --

1972y  ポルシェ911E 

先日入庫したナローポルシェ911、
作業前の現状確認から。
DSC_0434 (1024x680)
1972y  ポルシェ911E ディーラー車

外装は、73カレラRS仕様。
DSC_0433 (1024x680)
偶然にも今作業してますハコスカGT-Rと同じ47年式。

人で言うと同級生~。

どんどん増えていきます、昭和のお友達。(笑)

まずは、リフトで車を上げて詳細確認。
DSC_0498 (1024x680)
DSC_0497 (1024x680)
下回りからフロアの状態を確認。
DSC_0483 (1024x680)
フロントフロア、リヤフロア共に、目立った腐食箇所はなし。
ナローの場合ブレーキペダル周辺が、
ダメな車多いのだが、今の所問題なし。
DSC_0481 (1024x680)
ただ、燃料タンクには凹みあり。
DSC_0475 (1024x680)
エンジンはO/H済みの2.7Lで、
ヒートエクスチェンジャーも含め綺麗。
DSC_0493 (1024x680)
DSC_0610 (1024x680)
外装は、73カレラRS仕様フロントバンパー内部に
オイルクーラーあり。
DSC_0471 (1024x680)
ボンネットはFRP製。
DSC_0580 (1024x680)
ウインドガラスモール、
DSC_0447 (1024x680)
DSC_0455 (1024x680)
ドア周りのメッキモールすべて良好~。
DSC_0457 (1024x680)
このドア周辺のメッキモールパーツ、
純正部品は製造廃止なので、入手不可。

ちなみに、当時物のメッキは輝きが違います。
DSC_0450 (1024x680)
各パネルの隙間も良好で、ドアの開閉問題なし。

911の場合、ドアサッシュとクォーターガラスとの縦の隙間
均等でないのが多いのだが、至って良好~。
DSC_0453 (1024x680)
リヤ部には73カレラRS仕様のリヤウイングとリヤバンパー。
DSC_0212 (1024x680)
DSC_0193 (1024x680)
ただ、リヤフェンダーはスチール製で、
73カレラRS仕様に変更されていて、ワイドになってます。
DSC_0202 (1024x680)
DSC_0199 (1024x680)
ホイールは純正アロイ15インチで、
フロント 7J
DSC_0469 (1024x680)
リヤ8J
DSC_0466 (1024x680)
室内は、フロントシートが、当時オプション品のスポーツシート2脚
DSC_0583 (1024x680)
DSC_0585 (1024x680)
ダッシュ関連は、ステアリング以外オリジナル。
DSC_0591 (1024x680)
DSC_0589 (1024x680)
天井内張りと
DSC_0595 (1024x680)
リヤシートはなし。
DSC_0596 (1024x680)
ドア内張りは、社外品。
DSC_0602 (1024x680)
フロント内部は、
DSC_0558 (1024x680)
大きなバッテリーが1コが移設してあり、
DSC_0573 (1024x680)
フロントパネル側に向かって、
オイルクーラーのラインホースあり。
DSC_0568 (1024x680)
左側には、
DSC_0570 (1024x680)
ウオッシャータンクがダブルで設置あり。
DSC_0571 (1024x680)
こんな感じで確認作業完了。

まずは、エンジンとミッションの取り外しを、
提携工場に作業依頼中で、作業待ちの状態。

その間に、取り外ししたエンジンとミッションを
乗せて保管する台車を、工場内にあった鋼材を使い、
さくっと製作~。
DSC_0176 (1024x680)
DSC_0178 (1024x680)
DSC_0180 (1024x680)
DSC_0184 (1024x680)
DSC_0190 (1024x680)
こうした作業を始めるまでの下準備中の
ナローポルシェ911でした。

カテゴリ: 1972y ナローポルシェ911 レストア

[edit]

Posted on 2018/09/24 Mon. 20:32    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード