FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

塗膜剥がれ 

ジャガー Fペイスの左リヤドア、
過去の修理跡が、くっきりと円描いており、
良く見ると、旧塗膜との境目が浮き上がっているように見え
DSC_0367 (1024x680)
軽くサンダーでサンディングしたら、
DSC_0374 (1024x680)
あれ?
ボロボロと塗膜が取れてくるし、、、。
DSC_0375 - コピー (2) (1024x680)
スクレパーにて、削ったらこんな感じにて、
塗膜取れて来ました、、、。
DSC_0379 (1024x680)
完全に密着不良の状態です。
過去に修理した補修箇所を、サンディングしていくと
DSC_0384 (1024x680)
研磨された素地鋼板に対して、直接サフェサーが塗装されており、
亜鉛メッキのところが、密着不良にてブリスターになったのが原因。

研磨していくと、素地金属の次にある層が亜鉛メッキで、
メッキの厚みが目で確認取れます、、。
DSC_0392 (1024x680)
あくまで個人的意見でありますが、イギリスとフランス車は、
亜鉛メッキの厚さがあるので、下処置方法を間違えますと、
下地のパテ類は、簡単に取れてしまいます。

修理作業としては、亜鉛メッキの所はなるべく取り除いてから、
DSC_0393 (1024x680)
まず素地鋼板に対して、プライマーによる下処理塗装のため
マスキング作業後に、
DSC_0397 (1024x680)
スタンドックス エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0399 (1024x680)
スタンドックス イージーフィラーを塗装して下処理完了。
DSC_0402 (1024x680)
この状態で、丸1日自然乾燥させてから、
イージーフィラーの上から、通常のパテ工程で、
DSC_0424 (1024x680)
DSC_0438 (1024x680)
パテ研ぎにて、露出してまった素地鋼板箇所に対しては、
DSC_0442 (1024x680)
再度、エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_0444 (1024x680)
スタンドックス ホワイトフィラーを塗装して
DSC_0446 (1024x680)
下地関連作業完了~。
DSC_0452 (1024x680)
これらの作業、すべてスタンドックスのマニュアル通りの作業工程で、
特別な作業をしているのではありません。

塗装の現場は、マニュアルが基本だと考えており、
作業内容を勝手に変えたりしては、ダメと考えております。

後は、塗装ブース内で、マスキング作業後、
DSC_0502 (1024x680)
スタンドックスにて、上塗り塗装をして、
DSC_0505 (1024x680)
DSC_0507 (1024x680)
完成てす~。
スポンサーサイト

カテゴリ: ジャガー Fペイス

[edit]

Posted on 2019/06/24 Mon. 21:06    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード