FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント 

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド、 純正サイドステップの取り付け作業。
DSC_0001 - コピー (1024x680)
2分割になってますサイドステップ、
DSC_0062 (1024x680)
最初は後ろ側の所から取り付け作業で、
DSC_0006 (1024x680)
スポイラー裏面を見ますと、縦方向2箇所
ナットで固定するようになっておりますので、
DSC_0011 (1024x680)
まずは、リヤフェンダー側の取り付け固定穴の穴開けから。
DSC_0035 (1024x680)
こうした穴明け作業、位置出しが問題で、
簡単そうに見えますけど、かなりの難易度で、
失敗は許されません、、。

メーカーが開けてある穴は、縦長の楕円なのだが、
正確な位置出しの元、7ミリの丸穴で穴開け~。

ただ、何の自慢にもなりませんが、何年もこうした作業してますと、
穴明け作業方法、上手くなってきますけど。(笑)

反対側も同様に穴開け加工後、
DSC_0046 - コピー (1024x680)
リヤホイールハウス側の取り付け穴開け加工へ。

ここにおいては、写真のようなグロメットを差し込んでから、
ネジでの固定方法になってますので、
DSC_0081 - コピー (1024x680)
このグロメットが入るように、8ミリの正方形の穴を2箇所開けて、
DSC_0066 - コピー (1024x680)
グロメットを取り付け~。
DSC_0084 - コピー (1024x680)
さらに、下方向からもグロメット取り付け穴を開けなくていけないだが、
DSC_0091 - コピー (1024x680)
リフトのテーブルが邪魔になるので、グロバルジグのリフトを使って
片側6箇所、四角い穴開け加工に。
DSC_0243 (1024x680)
反対側も同様な作業をして、
DSC_0248 (1024x680)
後方側のサイドステップを取り付け~。
DSC_0096 - コピー (1024x680)
DSC_0037 (1024x680)
DSC_0104 - コピー (1024x680)
DSC_0055 - コピー (1024x680)
最後に、フロントフェンダー側のスポイラー取り付けで、
DSC_0119 - コピー (1024x680)
裏面の取り付け固定を見ますと、
DSC_0122 - コピー (1024x680)
2箇所、長方形の形をしたクリップでの、
はめ込み固定になってますので、
DSC_0123 - コピー (1024x680)
長方形の形をした穴を、フロントフェンダー側に穴開け加工に。
DSC_0129 - コピー (1024x680)
DSC_0136 - コピー (1024x680)
何回も位置確認して穴を開けたので、(笑)
問題なく取り付け完了~。
DSC_0132 - コピー (1024x680)
取り付け穴にズレが生じますと、2分割になってます
連結部の隙間、均等にならなくなって来ますよ。
DSC_0137 - コピー (1024x680)
これで、純正スポイラー取り付け作業完了~。
DSC_0218 (1024x680)
最後に、スポイラー側に残ってます両面テープ、
DSC_0226 (1024x680)
DSC_0224 (1024x680)
塗装作業する前に、貼り直し作業~。
DSC_0240 (1024x680)
DSC_0238 (1024x680)
理由は簡単、上塗り塗装してから、こうした貼り替え作業しますと、
塗装面にキズがついてしまうので、めんどくさくても、
先に作業しておくものだと思います。

次は、全バラのため、各部部品外し作業へ~。

さて、何が出て来るのかなぁ~。(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド

[edit]

Posted on 2019/10/05 Sat. 21:15    TB: --    CM: --

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント 

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント作業、
純正スポイラーの取り付け作業で、
まずはリヤバンパーマットガードから取り付け。
DSC_0151 (1024x680)
当時は新車時のオプション品だった、純正マットガード、
今では製造廃止で新品は入手不可の商品で、
お客様方からのお持込品。

裏面を見ますと、
DSC_0152 (1024x680)
固定用のナット4個と、ボルトが1本あり、
これらの穴をバンパー側に穴開け加工が必要。
DSC_0156 (1024x680)
ただ、ボルト固定用のナットが、取れてしまってなかったので、
DSC_0082 (1024x680)
フランジ型のナットを
DSC_0085 (1024x680)
接着剤に貼り付け固定してから、
DSC_0116 (1024x680)
リヤバンパー本体を取り外し、
バンパー本体に、固定穴の穴開け加工して、
DSC_0162 (1024x680)
DSC_0172 (1024x680)
マットガードを取り付けしてから、
DSC_0165 (1024x680)
DSC_0177 (1024x680)
リヤバンパーを車側に取り付けして、
DSC_0178 (1024x680)
取り付け完了~。
DSC_0181 (1024x680)
DSC_0186 (1024x680)
続いて、純正サイドステップの取り付け作業。
DSC_0050 (1024x680)
DSC_0045 (1024x680)
取り付け部の裏面を見ますと、
DSC_0052 (1024x680)
ステップ部と、フロントフェンダー部との2分割での構造になっているだが、
問題なのは、この連結部の固定ナットが、6角でない程
腐食していて、ボロボロ状態で、ほぼ100%緩める方向に回すと、
ボルトが折れてしまうほど酷いし、、。
DSC_0061 (1024x680)
ボルトに熱加えますと、スポイラー本体がウレタン製なのでダメだし、
少しでも緩める方向に力かけますと、ウレタンからボルト千切れます、、。

こうした時は、ナットを割って取るのが一番良くて、
ナットを辞去して取り外しした。サイドスポイラー。
DSC_0062 (1024x680)
ちゃんと、ボルトありますよ。
DSC_0065 (1024x680)
反対側も同様な状態で、
DSC_0067 (1024x680)
ナット部を取り除いて、
DSC_0139 (1024x680)
無事分離完了~。
DSC_0138 (1024x680)
こうした腐食したボルト類、どう対処したら良いのか、
その状態で判断して作業するのだが、
基本的にはダメなものはダメで、簡単に折れてしまうもので、
その時は単純に諦めですわ。(笑)

次は、純正サイドステップを取り付けします~。

カテゴリ: ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド

[edit]

Posted on 2019/10/04 Fri. 21:56    TB: --    CM: --

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント 

ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント作業、
関西からのご依頼分。
DSC_0087 (1024x680)
外装フルノーマルで、
DSC_0094 (1024x680)
室内においては、綺麗に総仕上げ済み。
DSC_0101 (1024x680)
DSC_0106 (1024x680)
今では、純正フルノーマル車が希少価値あり、
最近思ったのですが、工場に入ってます入庫車両、
ノーマル車ばかりなのですが、
一昔前までは、工場にある入庫車は、
チューニングカーばかりだったのを思い出すと、
時代の変化を感じさせられます。
DSC_0120 (1024x680)
このソアラ、新車から30年程経つので、
さすがにクリヤー塗膜の劣化や、細かな凹みは見受けられますが、
フロント、リヤバンパーも含め、新車時の塗装のままの状態。
DSC_0110 (1024x680)
これには少々驚きです、、。

まだ、ある所にはあるのですね。

当然事故歴もないので、全バラ状態にしても、
何も問題出で来ないとは思うのですが、
作業する方としては、何か1つ位あっても良いかと思う程、
状態は良好です。(笑)

まずは、全バラ部品外しの前に、純正サイドステップと
純正リヤマットガードの取り付け作業から始めます、
MZ20 3.0GTリミテッド オールペイント作業になります。

カテゴリ: ソアラ MZ20 3.0GTリミテッド

[edit]

Posted on 2019/09/21 Sat. 20:56    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード