FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

ゴルフ TSIコンフォートライン ドアパネル交換 

ゴルフ TSIコンフォートラインのリヤドアパネル交換。
DSC_1059 (1024x680)
ドアパネル、新品純正部品価格12万円(税別)。

記憶だと、発売当時ゴルフⅢのドアが
8万円程度だったのを記憶しているので、今だと1.5倍か。

VWの部品価格も高くなったもんだわ、、。

12万円もするのに、付いて来るモノと言ったら、
DSC_1062 (1024x680)
パネルに対して、ドアビーム位か、、。
DSC_1067 (1024x680)
斜め下方向に、幅広のが1本入ってます。

こちら側に付いては、パネルのビビリ防止だと思います。
DSC_1070 (1024x680)
パネル交換作業としては、まず新品パネルに対して
下地塗装として、ホワイトフィラーを塗装。
DSC_0512 (2) (1024x680)
塗料乾燥後に、車体側に取り付けして位置関係を確認。
DSC_0532 (2) (1024x680)
新品部品だと言っても、中には位置関係が全く合わない部品もありますので、
すへて確認の為にする作業。

位置関係合わせた後に、サンディングして上塗り塗装に~。
DSC_0549 (2) (1024x680)
塗料は、スタンドックス。
DSC_0551 (2) (1024x680)
塗料乾燥後、車体側にドアパネル取り付けして、
各部品の組み付け作業へ。
DSC_0559 - コピー (1024x680)
DSC_0561 (1024x680)
まずは、ドアサイレンサーパットの貼り付けから。
DSC_0566 (1024x680)
国産車だと新品ドアに貼り付けされているのですが、
輸入車の場合ですと、別部品での供給なので、
サイレンサーパットを暖めた状態で、コロコロローラーを使い
パネルに対して、圧着にての貼り付け作業。
DSC_0569 (1024x680)
ドア内部には、防錆処理のためノックスドールを使って
DSC_0572 (1024x680)
垂れ流れる程、たっぷりと塗布。
DSC_0578 (1024x680)
ドアスピーカーはリベット留めなので、
DSC_0581 (1024x680)
純正新品リベット部品購入して取り付け。
DSC_0583 (1024x680)
スピーカー固定、最近ではこうしたリベット固定が主流ですね。

あと、ゴルフの場合、小さい方のドアガラスが嵌め込み式の固定方法なので、
ドアフレームのパネルを、切開して取り外しする必要性あり。
DSC_0588 (1024x680)
ドアガラス水切りモールアウター側は、取り外しすることにより、
モールが曲がってしまう為、再利用不可なので新品部品交換。
DSC_0601 (1024x680)
ドア内張りクリップも、取り外しする事によりクリップが折れてしまうので、
DSC_0595 (1024x680)
クリップ交換が必要。
DSC_0593 (1024x680)
いつも思うのですが、取り付けする時は押すだけで簡単なのですが、
取り外し時は、固くてなかなか取れてこない構造になっております。
DSC_0597 (1024x680)
あと、内張りグリップのカバーも取り外すと、固定のツメ折れてしまうため、
新品部品と交換。
DSC_0606 (1024x680)
こうして出来上がったリヤドアパネル交換作業。
DSC_0612 (1024x680)
DSC_0609 (1024x680)
あと、最後に最近多いのが、ドアを取り外す事により、
エアバックの異常を示すチェックランプの点灯、
DSC_0605 (1024x680)
専用テスターを用いて、診断リセットの必要があります。

しかし最近の車、何をしてもお金掛かるようになっておりますね。(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: ゴルフ TSIコンフォートライン

[edit]

Posted on 2020/02/15 Sat. 21:15    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード