FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

R33 スカイライン GT-R サビ修理 

R33 スカイライン GT-R サビ修理、
続いて作業したのは、左フロントタイヤハウス内部。
DSC_0226 (1024x680) (1024x680)
白色部が塗装されていたアンダーコートで、
塗られていない所は、アンダーカバーが付いた状態での
塗装だった為、未塗装状態になってますが、
そこの部分にもサビの箇所あり。
DSC_0228 (1024x680) (1024x680)
DSC_0229 - コピー (1024x680) (1024x680)
DSC_0230 (1024x680) (1024x680)
写真中央から左側が未塗装のところで、
写真中央から右側が、新たにとそうされてますアンダーコートの箇所。

ABSの配線も塗装されてしまって、白色になってます、、。
DSC_0236 (1024x680) (1024x680)
とりわけリヤ側同様、新たに塗装されております
アンダーコートの辞去作業から。
DSC_0193 (1024x680) (1024x680)
シンナーを含ませたウエスにて、根気よく拭き上げていくのですが、
この夏場の作業、溶剤の臭いが酷くて最悪。

逆に、寒い時期だと、シンナーが冷たくて指先が動かないのですが、、、
DSC_0202 (1024x680) (1024x680)
DSC_0205 (1024x680) (1024x680)
DSC_0196 (1024x680) (1024x680)
配線に付着してました塗料も取りました。
DSC_0201 (1024x680) (1024x680)
アンダーコートの下側はそれ程錆びなかったのですが、
アッパーマウント周辺にサビあり、、。
DSC_0211 (1024x680) (1024x680)
続いて右側、
DSC_0214 (1024x680) (1024x680)
左側同様、アンダーコート塗装跡あり。
DSC_0216 (1024x680) (1024x680)
DSC_0222 - コピー (1024x680) (1024x680)
DSC_0226 - コピー (1024x680) (1024x680)
DSC_0220 - コピー (1024x680) (1024x680)
同じようにアンダーコート辞去した状態。
DSC_0232 (1024x680) (1024x680)
DSC_0233 (1024x680) (1024x680)
DSC_0234 - コピー (1024x680) (1024x680)
DSC_0235 (1024x680) (1024x680)
こちら側のサビの状態、
DSC_0227 (1024x680) (1024x680)
あるのにはあるのですが、左側より良好な状態。

こんな感じで、タイヤハウス内部とリヤフロア裏面に塗装されてありました、
アンダーコートの辞去作業、なんとか終わりました
R33 スカイライン GT-Rでした。
DSC_0212 (1024x680)
スポンサーサイト



カテゴリ: スカイラインR34 GT-R

[edit]

Posted on 2020/08/09 Sun. 19:58    TB: --    CM: --

スカイラインR34 GT-R 

人の往来も非常になく、こんな世の中なのですが、
毎日工場にて地道に作業してます。

リヤバンパー修理で入庫のR34 GT-R、
DSC_0862 (1024x680)
低いブロック塀にでも当てたような損傷、
DSC_0868 (1024x680)
良く見ると、リヤタイヤハウス側が、外方向に膨れ変形あり。
DSC_0876 (1024x680)
前方向にバンパーが押された事による変形なので、
後ろ側に引いてやると、元の形に戻ります。
DSC_0877 (1024x680)
リヤバンパー取り外して、
DSC_0896 (1024x680)
タイヤハウス側の残った変形を加熱しながら、修整作業して、
DSC_0886 (1024x680)
傷の所はパテにて面修整。
DSC_0922 (1024x680)
DSC_0923 (1024x680)
DSC_0951 (1024x680)
バンパー下側に付いてましたFRP製のスポイラー、
取り外ししたら、割れていましたので、
DSC_0893 (1024x680)
裏側からFRPにて補強してから、
DSC_0931 (1024x680)
損傷部をサンディングして、
DSC_0936 (1024x680)
DSC_0937 (1024x680)
DSC_0942 (1024x680)
パテにて修整~。
DSC_0948 (1024x680)
左側につきましては、事故と関係なかったのですが、
ここの箇所だけ残して作業しても、逆に目立ってしまいますので、
一緒に作業しておきました。

これらを下地塗装工程のため、塗装ブースにて、
DSC_0966 (1024x680)
DSC_0958 (1024x680)
サフェサーを塗装~。
DSC_0974 (1024x680)
DSC_0970 (1024x680)
これらを良く乾燥させてから、再度塗装ブースに入れて、
スタンドックスにて上塗り塗装へ~。
DSC_0982 (1024x680)
DSC_0987 (1024x680)
DSC_0983 (1024x680)
DSC_0989 (1024x680)
DSC_0998 (1024x680)
DSC_0995 (1024x680)
塗料乾燥後に、部品組付けして、
DSC_1019 (1024x680)
完成した、R34 GT-Rでした。


カテゴリ: スカイラインR34 GT-R

[edit]

Posted on 2020/04/20 Mon. 21:10    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード