FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

R33 スカイラインGT-R サビ修理 

R33 スカイラインGT-R、ここからは塗装工程で、
各部下地をサンディングしてから、
DSC_0343 (1024x680)
DSC_0348 (1024x680)
塗装ブース内へ移動して、
DSC_0424 (1024x680)
マスキング作業後、
DSC_0431 (1024x680)
DSC_0430 (1024x680)
DSC_0437 (1024x680)
スタンドックスにて上塗り塗装~。
DSC_0438 (1024x680)
DSC_0441 (1024x680)
DSC_0442 (1024x680)
DSC_0449 (1024x680)
DSC_0453 (1024x680)
DSC_0456 (1024x680)
DSC_0460 (1024x680)
DSC_0461 (1024x680)
続いてサイドステップも上塗り塗装~。
DSC_0472 (1024x680)
DSC_0473 (1024x680)
DSC_0477 (1024x680)
DSC_0482 (1024x680)
DSC_0488 (1024x680)
上塗り塗装後、取り外ししてあった
フロントフェンダーを取り付けしてから、
DSC_0500 (1024x680)
DSC_0504 (1024x680)
部品組み付け前に、防錆処理としてノックスドールを塗装~。
DSC_0605 (1024x680)
DSC_0578 (1024x680)
DSC_0598 (1024x680)
防錆塗装しますと、下側のドレンホールから
ボタボタと垂れ落ちてきますので、
DSC_0641 (1024x680)
この状態で、一旦放置になるのですが、
DSC_0650 (1024x680)
この時期は防錆剤が固いので、なかなか止まりません、、、。

垂れ落ちる防錆剤を地道に床を拭き掃除しながら、
各部部品組付けして、
DSC_0676 (1024x680)
作業完成したR33 スカイラインGT-R、
DSC_1015 (1024x680)
DSC_0765 (1024x680)
雪により納車遅れましたが、昨年末奇跡的に晴天の中、
富山県まで納車させて頂ききました。
IMG_3637 (1024x768)
最後に、今回の作業依頼どうもありがとうございました。
今後共宜しくお願い致します。
 ボディショップ シラサキ

PS. 新しい積載車、早く来ないかなぁ~(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2021/01/05 Tue. 21:15    TB: --    CM: --

R33 スカイラインGT-R サビ修理 

R33 スカイラインGT-R、
次に作業したのはサイドステップの修理。
DSC_1573 (1024x680)
DSC_1575 (1024x680)
キズの箇所をパテにて面修整して、
DSC_1578 (1024x680)
DSC_1646 (1024x680)
細かな飛び石キズはサンディングで修整後、
塗装ブース内で、
DSC_1651 (1024x680)
DSC_1655 (1024x680)
サフェサーを塗装~。
DSC_1662 (1024x680)
DSC_1664 (1024x680)
続いてエンジンルーム内の部品組み付け作業に入り、
DSC_0129 (1024x680)
電動ファンシュラウドが錆びていたので、
DSC_2064 (1024x680)
DSC_2069 (1024x680)
DSC_2073 (1024x680)
ここも修理作業する事になり、まずは分解から~。
DSC_2082 (1024x680)
ちなみにこのファンシュラウドは、製造廃止により新品部品
入手不可のため修理作業となっております。
DSC_2085 (1024x680)
DSC_2088 (1024x680)
DSC_2089 (1024x680)
まずは、サビ落としのためサンドブラストにて、
素地金属状態に。
DSC_2125 (1024x680)
DSC_2126 (1024x680)
このアミアミのネット部も綺麗に辞去しており、
サンドブラストとは、タダ単に根気の作業ですわ。(笑)
DSC_2134 (1024x680)
この後は、お決まりのエッチングプライマーを塗装してから、
DSC_2150 (1024x680)
DSC_2153 (1024x680)
イ-ジーフィラーを塗装して、下地塗装完了。
DSC_2157 (1024x680)
DSC_2162 (1024x680)
DSC_0002 (1024x680)
仕上げに艶消しブラックを塗装して、
DSC_0017 (1024x680)
DSC_0023 (1024x680)
DSC_0057 (1024x680)
DSC_0054 (1024x680)
DSC_0060 (1024x680)
隙間を無くす目的で貼ってあるスポンジテープを貼り付けしてから、
DSC_0065 (1024x680)
ファンモーター関連部品を組み付けして、
DSC_0074 (1024x680)
DSC_0078 (1024x680)
取り付して、
DSC_0144 (1024x680)
インタークーラー等の部品を組み付けしてしまいますと、
ほとんど見えなくなってしまうのですが、
綺麗に仕上がって、自己満足感たっぷりです。(笑)
DSC_0214 (1024x680)
続いて、外装の塗装に入りますR33 GT-Rでした。

カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2020/12/24 Thu. 20:43    TB: --    CM: --

R33 スカイライン GT-R サビ修理 

R33 スカイラインGT-R、ここからは塗装工程~。
DSC_1393 (1024x680)
まずはフロア裏面からの作業で、
ボディシーリングから。
DSC_1396 (1024x680)
DSC_1398 (1024x680)
鋼板の継ぎ手から湿気等の水分の浸入を防ぐ目的で、
地道な作業かつ意外と細かな作業の1つ。

これを終えたらマスキングしてから、アンダーコートの塗装。
DSC_1529 (1024x680)
アンダーコート専用ガンを用いての塗装~。
DSC_1533 (1024x680)
DSC_1539 (1024x680)
リヤフロア裏面もアンダーコートを塗装~。
DSC_1819 (1024x680)
奥の奥まで、可能な限りアンダーコートを塗装しております。
DSC_1825 (1024x680)
DSC_1829 (1024x680)
これらアンダーコートを塗装してから、
ボディ色の白色を塗装~。
DSC_1544 (1024x680)
DSC_1552 (1024x680)
DSC_1869 (1024x680)
DSC_1870 (1024x680)
ラジエターコアサポートの塗装~。
DSC_1834 (1024x680)
同時に、フロントバンパーホースメントと
DSC_1875 (1024x680)
DSC_1876 (1024x680)
DSC_1877 (1024x680)
フードロックサポートも塗装。
DSC_1882 (1024x680)
乾燥後、各部品の組み付け作業しております、
R33 GT-Rでした。
DSC_1967 (1024x680)
DSC_0116 (1024x680)

カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2020/12/16 Wed. 20:15    TB: --    CM: --

R33 スカイライン GT-R サビ修理 

R33 スカイライン GT-R 、
コアサポート関連作業の次は、バックパネルのサビ修理。
DSC_0933 (1024x680)
DSC_0929 (1024x680)
リヤバンパーセンターブラケットや、
DSC_0932 (1024x680)
ナンバーブラケットを主としてサビあり。
DSC_0935 (1024x680)
これらのサビをサクサクと研磨して、
DSC_0940 (1024x680)
サビについては、初期的なサビなので、
研磨作業でOK。

人間で例えると虫歯と同じで、進行すればする程、
大掛かりな作業になりますので、早期発見早期治療がベスト。

続いて、左右リヤフェンダー後方側のサビ、
DSC_1008 (1024x680)
DSC_0923 (1024x680)
ここも研磨して修理~。
DSC_1012 (1024x680)
DSC_0957 (1024x680)
さらにステップのサビ修理で、まずは右側からで、
DSC_1015 (1024x680)
塩カリが原因なので、下側がサビあります。
DSC_1017 (1024x680)
DSC_1019 (1024x680)
DSC_1020 (1024x680)
幸いだったのが、研磨していくと腐食による穴開き箇所はなかったので、
ピカピカ君に仕上げて作業完了。
DSC_1039 (1024x680)
DSC_1040 (1024x680)
DSC_1041 (1024x680)
左側も同様で、
DSC_1044 (1024x680)
DSC_1046 (1024x680)
DSC_1048 (1024x680)
研磨作業~。
DSC_1177 (1024x680)
DSC_1176 (1024x680)
DSC_1175 (1024x680)
さらに、フロントフェンダーにもサビありましたので、
DSC_1277 (1024x680)
浮き上がっています塗膜を研磨~。
DSC_1280 (1024x680)
材質がアルミでも、腐食します。
塗膜の研ぎ落しますと、下が白色の粉状に酸化しております。

これら素地金属に対して、プライマー塗装にて防錆処理してから、
DSC_1317 (1024x680)
DSC_1324 (1024x680)
DSC_1332 (1024x680)
DSC_1335 (1024x680)
DSC_1319.jpg
パテ作業工程へ~。
DSC_1381 (1024x680)
DSC_1379 (1024x680)
DSC_1369 (1024x680)
DSC_1367 (1024x680)
DSC_1364 (1024x680)
DSC_1356 (1024x680)
これらの作業を経て、下地工程の仕上げ、
スタンドックス ホワイトフィラー塗装をして
ボディ外装サビ修理完了です~。
DSC_1385 (1024x680)
DSC_1388 (1024x680)
DSC_1390 (1024x680)
DSC_1391 (1024x680)

カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2020/11/28 Sat. 20:19    TB: --    CM: --

R33 スカイライン GT-R サビ修理 

R33 スカイライン GT-R、
DSC_0629 (1024x680)
ラジエターコアサポートのサビ修理作業、
DSC_0641 (1024x680)
まずは付属してますラジエター、エアコンコンデンサー等の
関連部品を取り外しして各部の状態確認。
DSC_0671 (1024x680)
アッパーサポート部は、目視で確認した状態なのですが、
DSC_0675 (1024x680)
フロントクロスメンバーに、サビあり、、。
DSC_0672 (1024x680)
DSC_0673 (1024x680)
DSC_0674 (1024x680)
これも塩カリが原因で、下側にもサビあり、、。
DSC_0683 (1024x680)
DSC_0681 (1024x680)
幸いな事にサビはすべて表面のパネル表面だけで、
腐食による穴開き状態まで、サビの進行はしてなかったので、
コアサポートAssyを研磨にてサビ落とし作業~。
DSC_0729 (1024x680)
DSC_0756 (1024x680)
DSC_0733 (1024x680)
DSC_0735 (1024x680)
DSC_0738 (1024x680)
研磨後、マスキングして防錆プライマーを塗装して、
DSC_0772 (1024x680)
最後に、取り外ししてあったフードロックサポートを
DSC_0697 (1024x680)
両面剥離剤で旧塗膜辞去してから、
DSC_0790 (1024x680)
サンドブラストにて仕上げて
DSC_0797 (1024x680)
DSC_0795 (1024x680)
最後に下地塗装して、
DSC_0816 (1024x680)
DSC_0818 (1024x680)
DSC_0833 (1024x680)
DSC_0834 (1024x680)
ラジエターコアサポート関連の作業完了しました、
R33 スカイライン GT-Rでした。
DSC_0787 (1024x680)
これで、だいぶん出来た感じ。(笑)

カテゴリ: R33 スカイライン GT-R 

[edit]

Posted on 2020/11/06 Fri. 20:54    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード