ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

ナローポルシェ 911 オールペイント完成 

オールペイントで長期作業していた、ナローポルシェ911
今日、最終チェックと掃除をしてから、継続車検のため
ポルシェセンターの方に納車させて頂きました。
s-dc092621.jpg
思いかえせば、11ヶ月前に入庫した時は、
白色ボディで、ロールバー付きでアクリルガラス、室内の内張レスで、
詳細はナローボディからかなり違った状態だったのを
コピー (1) ~ dc110813
コピー (1) ~ dc110507
コピー (1) ~ dc111661
オーナーと一緒に、色々な資料片手にこつこつと当時物に戻す作業で完成した車。
s-dc092676.jpg
s-dc092664.jpg
s-dc092677.jpg
s-dc092652.jpg
s-dc092690.jpg
s-dc0926103.jpg
s-dc092645.jpg
s-dc0926102.jpg
s-dc092647.jpg
他のナローを良く見たことないので、何とも言えないのだが
限られた条件の中で、すべてが完璧ではないのだが、
自分の中ではかなり良いところまで、仕上がっていると思える1台。

目にすることあったら、宜しく。(笑)
スポンサーサイト

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/09/27 Thu. 21:52    TB: 0    CM: 0

ナローポルシェ 911 オールペイント 

ドア内張の部品組み付けなのだが、
s-dc092607.jpg
RSパネルが付いていたのを、ノーマルの状態に戻すのだが、
まったく解らなかったので、部品図を使っての作業。
s-dc092612.jpg
新品部品も製造廃止部品も多く、無い物については中古品を使い
部品組み付けして、純正防水シートの貼り付け。
s-dc092614.jpg
トリム取り付けして、ボックスを取り付けした所
s-dc092243.jpg
s-dc092246.jpg
小物入れをパカパカと動かすところの
s-dc092253.jpg
s-dc092256.jpg
ボルトが不足していて、再度部品注文。
s-dc092257.jpg
これらを使い部品組み付けして、やっと完成。
s-dc092271.jpg
s-dc092262.jpg
こんな感じで、蓋が開閉。
s-dc092265.jpg
s-dc092264.jpg
40年前はこんなんだったと、感激。

さらに、当時物の純正ハンドルを
s-dc092605.jpg
取り付けしたり、
s-dc092289.jpg
リヤフードエンブレム取り付けしたりとして
s-dc092619.jpg
11ヶ月を要した作業、おおむね完成。

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/09/26 Wed. 22:29    TB: 0    CM: 0

ナロー ポルシェ911 オールペイント 

オールペイントのナローポルシェ911
s-dc080466.jpg
内装の部品を組み上げたので、ウインドガラスの取付。

作業はいつものガラス屋サン、SOフィルムの親方
s-dc080453.jpg
私共の作業は、いつも親方みずからやってくれる。
s-dc080455.jpg
理由は簡単、私がうるさいので、、、(笑)、、、(笑)
s-dc080463.jpg
ナローの場合、ウェザーストリップの間にメッキモールが入っているので、
上手く入れていないとモールが外れて来るので、
簡単そうに見えて、結構技術を要する作業。
s-dc080467.jpg
s-dc080470.jpg
続いて、ダッシュボードの取付。
s-dc0804105.jpg
ウエザーストリップのゴムが、ダッシュボード下に入っているので
ウインドガラスを取付したあとからの取付け手順。
s-dc0804114.jpg
これで、ドア内張関連のパーツ以外部品組み付け完了。
ちなみに、ドア内張関連は部品待ちの状態。

最終仕上げに、ボディの磨き工程のため、まずはマスキングから。
s-dc081109.jpg
マスキングにおいては、別にしなくても作業は出来るのだが、
ポリッシャーの回転で飛んだコンパウンドが隅々に入り込んでしまい
カスとして残ってしまうのを防ぐ為。

磨きにおいては、主として塗装時に付着した
細かいゴミ取りが目的。
s-dc081107.jpg
3000番のペーパーのキズを、根気よくポリッシャーを使い
コンパウンドにての磨き工程。

作業時間として、ほぼ1日がかりの作業にて磨き工程完成。
s-dc081102.jpg
s-dc081110.jpg
s-dc081111.jpg
s-dc081116.jpg
s-dc081115.jpg
磨き終えたあと、エンブレム取り付けして
s-dc081123.jpg
残すは、ドア内張関連の部品待ち状態です。

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/08/30 Thu. 21:10    TB: 0    CM: 0

ナロー ポルシェ911 全塗装 

内張屋さんから出来上がってきた、内装部品を組み上げで、
まずは、リヤのスピーカーボードから。
s-コピー (1) ~ dc081102
リヤスピーカーは、当時物の純正スピーカーを取り付けする為
取り付け位置を出してからの取付け。
s-dc062201.jpg
フロアカーペットも新しく張り替えのため
フロアパネルとカーペットに接着剤を、スプレーガンにて吹き付けて接着。
s-dc070422.jpg
s-dc070419.jpg
s-dc062204.jpg
リヤシート取り付けして、
s-dc073040.jpg
スピーカ本体を取付して、
s-dc070484.jpg
s-dc070463.jpg
最後に、リヤシートを固定するベルトを取り付けして
リヤ部は完成。
s-dc073030.jpg
続いて、フロントのシートも取り付けして、
s-dc070453.jpg
アクセルペダルとフットレストが、アルミ素材の色だったので、
艶消しブラックに塗装して
s-dc073023.jpg
s-dc073015.jpg
ドア内張を残して、内装の部品組み付けほぼ完了。
s-dc073045.jpg
あれこれと、色々と部品を調達しながらの作業だったのだが、
かなり車らしく出来上がってきてますよ~ん。

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/08/12 Sun. 11:51    TB: 0    CM: 0

ナロー ポルシェ911 全塗装 

内装の張り替え作業のナロー ポルシェ911
まずは、白色だった天井は、黒色にてオーダーしたのが
出来き上がってきたので、内装屋にての張り替え作業開始。

純正の天井内張り裏は、ルーフパネル防震目的でのサイレンサーパットと
断熱目的でのフェルトが貼ってあったのだが、
長年の経年劣化により剥がれ落ちかかっていたので
s-dc052524.jpg
新たに張り直し作業となり、すべてを除去してから、
こうした内張り用の特殊な接着剤をスプレー後、
まずは、サイレンサーパットを貼り付けして
s-dc060839.jpg
断熱材のパットを接着。
s-dc060844.jpg
こうした下作業後に、新しい天井の取り付け。
s-dc061002.jpg
空冷ポルシェの場合、天井の内張りは今の車のような
成型された天井と違い、吊り天井なので前後左右に均等に力を加えながら
天井内張り縁のミミ部分を折返して貼っていかないと、シワが出たり
丸く張った内張りにならないので、こうした作業は内装屋におまかせ。

続いて張り替えに出していた、シートも出来上がってきた。
s-dc070410.jpg
s-dc070415.jpg
座面については、新品純正部品のスプリングを使っての作業。

当時の新車時の座りこごち、結構ソフトな感じだった。
s-dc070412.jpg
リヤシートも同様に張り替え。
s-dc070418.jpg
細かい部分の内装張り替え済みの部品も、
少しづつ完成して工場へ戻って来ている。
s-dc061044.jpg
s-dc061040.jpg
あと、再メッキ加工に出していたパーツも、完成。
s-dc062239.jpg
s-dc062242.jpg
ドアのアウターハンドル部分。
s-dc062245.jpg
s-dc062253.jpg
パーツ組み上げて、車側に取り付け完了。
s-dc062256.jpg
ドアサッシュも組みつけ完了。
s-dc0704102.jpg
s-dc0704100.jpg
こんな感じで、少しづつなのだが、
作業進んでいるナローです。。。

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/07/28 Sat. 21:07    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード