FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ポルシェ911 タルガ 全塗装 

全塗装のポルシェ911 タルガ
各パーツの塗装を終えて、よく熟成(笑)させてから
dc033018_20110410201505.jpg
磨きの工程。
磨きと言っても、主として塗装時に付着したホコリ等のゴミの除去作業なのだが、、。
小面積だと可能なのですが、スタンドックスのクリスタルクリヤーの場合、
ゴミが付着しなければ、塗りっぱなしの状態でも、十分な光沢で仕上がります。

ゴミの付着してます所の凸の部分を2500番のペーパーで研ぎ落として
dc040916.jpg
コンパウンドのカスが付着しないように、マスキングしてから
dc040911.jpg
dc040914.jpg
まず最初に粗めのコンパウンドG3を使い
dc040925.jpg
2500番のペーパーのキズを消す工程。
ポリッシャーにウールバフを使っての磨きなのだが、
クリスタルクリヤーはとても固いので、なかなかキズが消えないので、
かなりの根気での磨きなのだが、、。
dc040941.jpg
G3で、ペーパーキズを消した後は、G3のポリッシャーのキズを消す目的で、
中目でのコンパウンド、ダイヤモンドカットでの磨き。
dc040961.jpg
ダイヤモンドカットでの磨きを終えた状態。
dc040932.jpg
dc040936.jpg
dc040938.jpg
dc040930.jpg
dc040929.jpg
この状態で各部のパーツを組み上げた後、
もう一度、マスキングしてから部品組み付け時に付いたキズを再度
ダイヤモンドカットにて磨いた後、仕上げの磨きを再度する工程となります。
dc040955.jpg
dc040960.jpg
では、また、、、(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2011/04/10 Sun. 20:57    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 タルガ 全塗装 

ボディのパネルに続き、各部パーツの塗装。
dc032701.jpg
dc032706.jpg
dc032710.jpg
dc032705.jpg
dc032709.jpg
dc032711.jpg
dc032713.jpg
dc032715.jpg
こうした塗装、パーツの固定が以外と大変で手間。
いい加減に固定して塗装しますと、スプレーガンのエアー圧で
部品が動いたりしてとても塗り難く、問題。

要は、いかに塗装しやすくパーツ固定するかが、ポイントかも。
ちなみに、これらのパーツの量で、塗装ブース内一杯です。

塗装完了したパーツ類。
dc032728.jpg
dc032723.jpg
dc032722.jpg
dc032726.jpg
dc032725.jpg
dc032719.jpg
dc032720.jpg
dc032721.jpg

これで、ボディ色の塗装はすべて完了。

続いて、ドア裏の塗装。
dc032904.jpg
dc032902.jpg
ポルシェのドアの場合、内張の縁が艶消しの黒に塗装してある為
同様にするため再度、塗装ハンガに固定してマスキング。
dc032909.jpg
dc032911.jpg
艶消しのブラック塗装。
dc032913.jpg
dc032915.jpg
マスキングはがして完成。
dc032917.jpg
dc032919.jpg

塗装したこれらのパーツ、車側に取付して、磨き工程前の乾燥中。
dc033016.jpg
dc033011.jpg
dc033018.jpg
しばらく、このまま熟成、、、。(笑)

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2011/04/02 Sat. 21:51    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 タルガ オールペイント 

オールペイントのポルシェ911タルガトップ
ボディ本体の塗装に続き、各パネルの塗装。

ボンネット
dc0326100.jpg
左右ドア
dc0326102.jpg
dc0326103.jpg
リヤエンジンフード
dc0326101.jpg
を塗装。

こうした部品を、単体にて塗装。
ボンネット
dc0326127.jpg
dc0326128.jpg
左右ドア
dc0326120.jpg
dc0326110.jpg
dc0326116.jpg
dc0326119.jpg
ドア裏
dc0326137.jpg
リヤエンジンフード
dc0326124.jpg
これらのパーツ、塗装完了してます。

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2011/03/31 Thu. 22:11    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 タルガトップ オールペイント 

オールペイントのタルガトップ、
dc032417.jpg
一般修理とエルグランドのオールペンとかで
作業止まっていたのですが、先日ボディのみ塗装完了。

作業的には、まずサフェサーの研磨後、塗装ブース内に移動。
dc032423.jpg
dc032419.jpg
塗装ブース内で、マスキング工程。
マスキングとは、塗装しないところに塗料が付着しないようにする為と
塗装面にゴミが付着しないようにするのが目的。
dc032499_20110329214240.jpg
dc032494.jpg
塗装前処理として、ワックスクリーナーで脱脂後、ベースコートにて純正色の
アローブル-塗装後、スタンドックスのクリスタルクリヤーにての塗装。
dc0324101.jpg
dc0324114.jpg
dc0324104.jpg
dc0324108.jpg
dc0324109.jpg
マスキングをめくり
dc0324122.jpg
dc0324119.jpg
塗装ブースから出して完成。
dc032604.jpg
dc032624.jpg
続いて、各パーツの塗装します。

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2011/03/29 Tue. 22:10    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 タルガ オールペイント 

室内の作業工程を終えて塗装工程に。

まずは、室内とボンネット裏とリヤフード裏面の塗装から。
dc0218112.jpg
dc022824.jpg
dc022821.jpg

オールペイントの作業とはいえ、他の所に塗料が付着してしまうのは、
色々とまずい為車側については、通常のマスキング工程から。
dc022829.jpg
dc022826.jpg
作業時に一部取ってしまった所のシーリングのやり直し後、
dc022835.jpg
純正色のアクアブルーに塗装。
dc022841.jpg
dc022840.jpg
リヤパネルについては、ガラス越しに見えるので、
クリヤーを大盛りでの塗装仕上げ。
ヌメヌメとした仕上がりに、オーナーのこうちゃんは大喜び。
こほうびに昨日、肉まん頂けました、、、(笑)
それも、肉まんの様なご満悦な笑顔で(笑)(笑)(笑)
dc022842.jpg

続いて、ヤマト君のアルミホイール。
今日は、シンナーとシリコンオフを使い、ホイールの汚れ落とし作業から。
こうした作業、寒い日は結構大変。
dc030329.jpg
dc030349.jpg
続いて、サンデイング。
dc030367.jpg
dc030366.jpg
明日からは、いよいよ塗装工程になりますよ~。
出来次第報告しますから、日々ブログ見ていてね~(笑)

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2011/03/03 Thu. 22:05    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード