FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

積載車 

今乗っている積載車、
DSC_0560 (1024x680)
平成8年式なので、新車購入後24年、、。

流石に24年も乗っていると、かなり痛んできており、
そろそろ入れ替えかと価格調べたのですが、
思ったより、積載車の新車価格メチャ高、、。

どうしたものかと、ずーっと悩んでいたのですが、
ついに先日、新車オーダーしてしまいました。(笑)

買ったのは日野自動車 デュトロ 3トン車、
どうせならと、キャビン ボディ共
ほぼフルオプションで購入~。

本当は4トン車欲しかったのだが、
新車車両購入して終わりではないので、
もうこれ以上の高い額の車無理で、諦めました、、。

来年5月納車予定なので、色々とパーツ購入しないと。

来年の納車楽しみに働きます。(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2020/10/12 Mon. 20:28    TB: --    CM: --

次から次と、、、 

グローバルジグのリフトが自然降下してくることに気づき
DSC_4826 (800x536)
スピーディの方に見て頂いたら、
油圧シリンダー上部にある四角い物体の物がダメだとの診断。
DSC_4828 (800x536)
確かに、見てみるとオイル駄々漏れだわ。
DSC_4839 (800x536)
ただ、ここの部品金額どんでもなく高いし、、、。

気分が優れなかったので、販売店の方に
買った時から変だったのだけどと、問いかけてみたら、
冷たい目線で、笑われてしまった、、、(笑)

その数日後、サンドブラスト作業していたら、
DSC_4812 (800x536)
何か足元がザラザラしていると思ったら、
砂だらけ状態で、
あれ?
手袋が穴開いているし、、、。
DSC_4819 (800x536)
それも両方共。
DSC_4814 (800x536)
まだ、3回程度しか使用していないのだけどと、
言いたかったのだが、そんな事もありますと、
笑顔でスナップオンの方に言われ、
何も言えず新品部品調達。(笑)
DSC_4823 (800x536)
そして一昨日、スプレーガン洗浄機を使っていたら、
本体下側からジャジャ漏れ状態で、
床に洗浄シンナーが垂れ流れて来るし、、、。

はあ?

内部確認したら、ホンプケースから漏れ出てるし。
DSC_4778 (800x536)
DSC_4789 (800x536)
最悪なのは、漏れ出た洗浄シンナー、
暑い中、臭いは酷いし大量にあふれたので、
長靴を履いての後始末、、、。

気分悪かったので、販売店の方に流れ出たシンナーを指差し
不祥事が起きるたびに、儲かりますなと一言言って
実は買った時から、じわじわと漏れていたのだがと言ったら
壊れる時は続きますねと、淡々と説明あり。

一言、何言っても無駄な人だわ、、。(笑)

部品交換を終えて、
DSC_4786 (800x536)
DSC_4794 (800x536)
動作確認して完了なのだが、
DSC_4806 (800x536)
こうした設備機器、何年も使用していると、
何個も重なって壊れて来るものですね。

カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2016/09/03 Sat. 20:58    TB: --    CM: --

測色機 スタンドックス アクワイヤー 

お盆休み前に購入を決めた、測色機 スタンドックス アクワイヤー、
先日ヒルストンの技術の方が、岐阜県多治見市から来てくれ納入~
DSC_4101 (800x536)
DSC_4104 (800x536)
早速、今入庫しているオデッセイにて使い方の講習~。
DSC_4159 (800x536)
スタンドックス アクワイヤー本体を、
DSC_4108 (800x536)
DSC_4110 (800x536)
測定する塗装面に当てて、デジカメで言うと3回撮影後に
DSC_4165 (800x536)
パソコンにアクワイヤーを接続すると
専用ソフトスタンドウィンiQにて配合データーを
検索してくれる測色機。
DSC_4194 (800x536)
このスタンドウィンiQ、スタンドックスのとんでもなくある
配合データーの中から、
近似色を探してくれるのも凄い事なのだが、
それより優れているのは、近似色のデータを元に
修正機能を備えているところ。

説明によれば、1回分程度の調色作業を、
パソコンが修正してくれるレベルの機能で、
どの態度合っているのかも、割合での表示あり。
DSC_4209 (800x536)
中はどうなっている構造なのかは全く不明なのだが(笑)(笑)(笑)

この後の作業は通常通り、
DSC_4207 (800x536)
重量比にてはかりにて計量して作るだけ。
DSC_4161 (800x536)
でも、この機械は調色機ではないので、
最終的には作業者の方々での微調整が必要。

しきりに、自己防衛のため何回も販売店の方は
誤解しないようにと説明してましたが、、、(笑)

実験的に、今作業してますカントリーマンの場合ですと
DSC_3243 (800x536)
今の車のように色番号が記載されているコーションラベル等がなく、
何の色なのか特定するだけで結構な時間を要したりして、
その上に、過去に室内外すべて補修塗装歴ありなので、
何がどうなっているのか、調色するまでに大変だったのだが、
今回塗装する室内部の塗膜面にアクワイヤーを使って測定後に、
DSC_4146 (800x536)
DSC_4126 (800x536)
メーカー名や色番号を一切入力せずに、
スタンドウィンiQにてデータ検索したら、
DSC_4129 (800x536)
近似色としてヒュンダイのデーターが出てきて、
データ修正後98.9%と表示あり。
DSC_4134 (800x536)
どの程度色が合っているのかと、データーを出して
DSC_4144 (800x536)
少量を作って
DSC_4139 (800x536)
現車確認してみたら、少しグリーンが強かったのだが、
DSC_4171 (800x536)
あくまで測色機と考えると、かなりの優れ物で、
調色がかなり楽になるのに間違いないアイテム。

しかし、25歳で独立した時には、国産塗料に1コしかない配合データと
あとは、混ぜ棒と調色カップがあれば調色作業できたのに、
26年経った現在は、輸入塗料スタンドックス、専用ミキシングマシーン
デジタルはかり、アクワイヤーと、スタンドウィンiQ
調色作業これだけデジタル化されて、
時代が確実に変わって来てます塗装現場。

しかし、お金かかりますわ、、、(笑)(笑)。

カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2016/08/21 Sun. 08:57    TB: --    CM: --

スタンドックス アクワイヤー 測色機 

昨年のオートショーから、ずっとー気になっていた、
測色機 スタンドックス アクワイヤー
少しリーズナブルな価格になり、
新モデルが出たとスタンドックス塗料販売店から案内。
DSC_3701 (800x536)
今までだと配合見直しのカラーチップが、毎年供給されており、
これを見ながら実車と近いデータを元に、調色していたのだが、

DSC_3688 (800x536)
測色機を使ってのやり方に変更に伴い、
配合見直しのカラーチップが廃止になり、
スタンドックスの配合データーは沢山あっても、
どれが現車に近い色なのか、
さっぱりわからない状態の中での調色作業、、、、。

これが、測色機 スタンドックス アクワイヤーを使い、
実車塗装面に3箇所測定機を当てて、測定する事により、
世界各国にあるスタンドックス 調色データーの中から、
一番近い配合データーを見つけてくれる優れ物。
DSC_3709 (800x536)
しかも色違い度も、パーセントで表示あり。
DSC_3706 (800x536)
この先調色するのに、なくてならないアイテムで、
50諭吉程度したのだが、今日思い切って購入~。

スタンドックス 塗料販売店の方は、
しきりに何回も、この機械は調色機ではないので
誤解しないでと、自己防衛のため説明していたのだが、
これで色合わなかったら、当然文句言うわ、、(笑)、、(笑)、、(笑)

しかし、今までに購入して来た、大量のカラーチップ
DSC_3695 (800x536)
DSC_3699 (800x536)
時代の流れとは言え、すべて使わなくなると思うと
ただ一言、もったいねー。

このカラーチップだけでも、測色機 スタンドックス アクワイヤー
以上のお金使っているのだけど、、、。

完全に、ボヤキです。(笑)

お盆休み明けに、納入予定で、
この先デジタル化時代の調色方式に、
方向変換する塗装現場でした。

カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2016/08/12 Fri. 21:01    TB: --    CM: --

MEMORY SUPPOT SURGE PROTECT 

MEMORY SUPPOT SURGE PROTECT

これ、何に使うの?
s-dc080893.jpg
スポット溶接時に流れる高電圧を吸収してくれて、
コンピュータを保護してくれたり、
バッテリーケーブルにてジャンプした時に流れる
高電圧を取り除いてくれるものだそう。
s-dc080879.jpg
s-dc080888.jpg
あと、バッテリー交換時に消えてしまうメモリーのバックアップ電源にも使えるそう。
s-dc080889.jpg
最近の車って、エレクトロニクス化が超進んだ事により、
下手に何でもすると、簡単に車が壊れてしまう時代で、
本当に困るわ~。。。

参考商品価格    1万円(税別)
    *欲しい方は大黒商会 福井(営) TEL-23-1206迄。

でも早速使おうとしたら、電池入ってなかったょ-、
大黒さん。(笑)(笑)(笑)

カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2014/08/08 Fri. 21:03    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード