ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ 

ルーフの塗装を終えたあとの作業分、アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ。

純正リヤシートの生地が紫外線により劣化して破れが生じていたので、
s-dc0907152.jpg
s-dc0907155.jpg
s-dc091487.jpg
フロントのレカロシートと合わせて、生地の貼り替えに内装屋さんへ。
s-dc0907158.jpg
内装外注依頼分の仕上がりを待つ間に、フロントウインドガラスへ
デカールの貼りつけ。
s-dc1006209.jpg
失敗しても怒らない事を約束して、オーナーと一緒に作業したのだが、
思ったよりかなり綺麗に貼れた1品。

あまり深く物事を考えずに大胆に作業するのが、成功の秘訣かも(笑)

最初に天上の貼り替えが、出来上がってきたので
s-dc091486.jpg
s-dc091482.jpg
早速、車側に取付。
s-コピー (1) ~ dc1006197
次に、シートの貼り替えも出来て来たので、車両側に取付。
s-dc101360.jpg
s-dc101362.jpg
s-dc101358.jpg
純正内張の生地があれば一番良かったのだが、メーカー製造廃止により無かったため、
まずは、取り外ししたリヤシートの生地の中で、使えるところをリヤシートのセンター部に使って
フロントシートにおいては、一部純正の生地を使い残りの黒色部には
アルカンターラを使っての貼り替え作業での仕上げ。

最後の仕上げとして、ボディコーティングとリヤウインド3面フィルムを貼り
s-dc1006215.jpg
完成。
s-dc101364.jpg
s-dc1006217.jpg
フジョー206の連載で更新遅れてしまったのだが、
車の方は先週末納車完了してます。

今回の作業依頼どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

カテゴリ: アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ

[edit]

Posted on 2012/10/20 Sat. 21:05    TB: 0    CM: 0

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ 

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネの作業、
ルーフアンテナの穴埋め。
s-dc0907181_20120918213924.jpg
丸く大きさに切り取った鋼板を作るのだが、
溶接する為の隙間が重要で、隙間が少ないと
溶接時に熱による歪み生じやすく
逆に隙間が大きいと溶接がしにくいので、
こうした穴埋めの場合、隙間が重要箇所。
s-dc0907182.jpg
溶接終えてから、ベルトサンダーで削り落として、穴埋め完成。
s-dc0907189.jpg
塗膜の段差部分をサンダーで削り落として
s-dc090930.jpg
パテをする前にプライマー塗装して
s-dc090967.jpg
その上から、パテ付け。
s-dc091067.jpg
横にも小さいエクボあったので、一緒に修理して、
s-dc091069.jpg
パテ研ぎ完了。
s-dc091082.jpg
雨ジミによる塗膜の劣化もあったため、ルーフ一面をサンディングして
s-dc091091.jpg
塗装ブースに入れて、マスキング後、サフェサー塗装。
s-dc091093.jpg
s-dc091097.jpg
乾燥後、サンディングして再度塗装ブースに車を入れ、
s-dc091404.jpg
塗装のためのマスキングをするのだが、
今回の場合、モール類部品の製造廃止によって、
取り外し出来ないフロントとリヤガラスにより、
s-dc091413.jpg
s-dc091411.jpg
マスキング上困るモールのキワの部分
このまま、タダ単にマスキングテープで縁を貼って塗装すると
キワの所に塗料が貯まってしまう事により、マスキングテープを
剥がす時に、キワの所が非常に汚くなってしまうので、
モールファスナーを少しづづ浮かして隙間を作っての、マスキング。
s-dc091409.jpg
s-dc091408.jpg
ちなみに、こうしたファスナーの場合、材質が固いため
隙間にリフティングモール等を入れて隙間を作るやり方は、出来ない。
s-dc091420.jpg
いつも通りの工程で、塗装終えたあと、温風にて強制する前に
モール部分のキワのマスキングテープを剥がしてから、乾燥。
s-dc091429.jpg
理由は簡単で、塗膜が乾いてからマスキングテープを剥がそうとしても
テープキワの所が剥がれないので、生乾き状態で剥がそうとの事。
s-dc091448.jpg
s-dc091439.jpg
s-dc091436.jpg
温風にて強制終えて塗装出来た状態。
s-dc091453.jpg
s-dc091454.jpg
s-dc091472.jpg
s-dc091456.jpg
穴開けするのは簡単だけど、穴埋め修理となると
これだけの手間要しますよ~ん。

カテゴリ: アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ

[edit]

Posted on 2012/09/18 Tue. 22:33    TB: 0    CM: 0

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ 

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ

1987年にGr.Aの為に、500台製産された車。
s-dc0907120.jpg
s-dc0907125.jpg
s-dc091028.jpg
リヤスポイラーが個性的
s-dc0907162.jpg
聞けば、エビの尻尾と呼ばれていると聞き、すごく納得。
s-dc0907164.jpg
今回の作業は、過去にルーフ中央部に
後付けで取り付けされている、ルーフアンテナの撤去と
s-dc0907139.jpg
天上内張りの修理。
s-dc0907141.jpg
ルーフアンテナの固定が、屋根に穴開けされていて、
ナットでの固定なので、まずは天上内張からの取り外しなのだが
こうした天上内張りの脱着はフロント、もしくはリヤガラスを取り外ししないと
室内から天上内張りを取り出す事が出来ないのだが、
聞けば、ガラス脱着に必要なモール類の部品が無さそうとの事で
今回は、リヤドアの開口部からの取り外しを考え
s-dc0907167.jpg
シートを全部取り外して、色々と角度変えながらやっていたら、
s-dc090905.jpg
取り出す事出来た天上内張り。
s-dc0907170.jpg
最初どうなるのかと少々不安だったのだが、
いつも自分の中で思っている、なんとかなるの精神で
無事取り出し出来て良かった(笑)
s-dc090901.jpg
取り出された天上内張り、かなり生地が剥がれているのだが、
s-dc0907173.jpg
s-dc090924.jpg
基盤となっているボードは、まだしっかりしているので、
s-dc090917.jpg
表面の生地張り替えで、内張屋さんに外注依頼。

ルーフアンテナは、取り外ししたら
s-dc091086.jpg
ルーフに10ミリ程の穴あき有り。
s-dc0907181.jpg
これから先の穴埋め作業は、また後日、、、、。

カテゴリ: アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ

[edit]

Posted on 2012/09/10 Mon. 21:54    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード