ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

フェラーリ 430 ハーマン 

塗装を終え自然乾燥後、
s-dc110521.jpg
磨きの工程。
コンパウンドが飛び散らないよう、周りをマスキングしてから、作業。
s-dc110528.jpg
こんな感じでの仕上がり。
s-dc110529.jpg
ここから部品組付け作業で、まずはフロントスポイラーから。
s-dc110544.jpg
取り付けしてあったように、接着剤を使用して、
ボルトとナットでの固定。
s-dc110545.jpg
続いてリヤ周りの作業。
s-dc110535.jpg
最初にサイドステップを取り付けして
s-dc110555.jpg
リヤバンパー取り付け後、
s-dc110963.jpg
ディフューザーを組み上げてから、
s-dc110557.jpg
取り付け。
s-dc111140_20141129200940a61.jpg
s-dc111145.jpg
s-dc111148.jpg
新品のクォーターガラスを
s-dc1105100.jpg
ガラス屋の親方と一緒に取り付け。
s-dc1105108.jpg
ちなみに、フェラーリ430のクォ-ターガラス取り付けは、
位置出し固定のクリップ等はなく、どこでも好きな位置に取り付けどうぞであり、
周りの部品との位置を確認しながら、接着剤にて貼り付け固定。

これらの部品組み付け後、もう一度磨き工程をして、
s-dc111163.jpg
s-dc111166.jpg
最後に、リヤウイング取り付けして、完成~。
s-dc111170.jpg
s-dc111173.jpg
最後に、綺麗に洗車してから、納車完了。
s-dc111518.jpg
最後に、入院とかで、納車遅くなってしまい
ご迷惑おかけしてしまって、申し訳ありませんでした。
s-dc111508.jpg
スポンサーサイト

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/11/29 Sat. 20:58    TB: --    CM: --

フェラーリ 430 ハーマン 

1回目の塗装後、よく自然乾燥させてから、
s-dc1028192.jpg
クリヤー層をサンディング。
s-dc1028194.jpg
クリヤーの塗り肌落としと言った方がよいかも。
s-dc1028199.jpg
フェラーリの場合、新車時の塗装もこういった塗装工程。
s-dc1028197.jpg
レクサスもこういった鏡面塗装仕上げなのだが、
やはり研ぎはフェラーリの方が、丁寧な仕上げ。

ちなみに、どのメーカーもこういった作業は、
職人の手作業での工程なのだが、、、。

こうした作業後、塗装ブースへ車を移動して、
s-dc103004.jpg
s-dc103009.jpg
再度新たにマスキングしてから
s-dc103016.jpg
s-dc103023.jpg
クリヤー単体での塗装仕上げ。
s-dc103025.jpg
このように、クリヤーを研磨後、再度クリヤー塗装する事により、
フェラーリ独特の塗り肌クリヤー仕上りになりますよ~ん。
s-dc103028.jpg
s-dc103033.jpg
s-dc103035_20141115200741c98.jpg
s-dc103036.jpg
s-dc103038.jpg
これで、ボディ本体の塗装工程は終わり。。。

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/11/15 Sat. 20:36    TB: --    CM: --

フェラーリ 430 ハーマン 

フェラーリ430、左リヤフェンダーを1枚全面塗装するにあたり、
塗装時に邪魔になるパーツを、さらに取り外ししてから、
s-dc102822.jpg
リヤフェンダーをサンディングしてから、塗装ブースへ入れて、
s-dc102827.jpg
s-dc102831.jpg
ドアとリヤゲート開口部も塗装出来るように、
開けた状態でのマスキング。
s-dc102837.jpg
こうしたマスキング、写真で見ると簡単そうに思えるけど、
結構手間暇と、技術を要する所。
s-dc102839.jpg
この状態から、スタンドックスにて上塗り塗装。

サフェサー部に赤色のカラーベースコート塗装後、
s-dc102841.jpg
リヤフェンダー1枚、クリスタルクリヤーにての塗装仕上げ。
s-dc102847.jpg
s-dc102844.jpg
s-dc102856.jpg
s-dc102858.jpg
s-dc102852.jpg
フェラーリの場合、この状態にて乾燥させてから、
クリヤーを再度研いでから、もう一度クリヤー塗装での仕上げの為、
この状態にて、自然乾燥の手順~。
s-dc102885.jpg
s-dc102892.jpg
続いて、フロントスポイラーとステップのスポイラーの塗装、
塗装専用スタンドにこれらパーツを固定して、上塗り塗装。
s-dc102866.jpg
s-dc102869.jpg
s-dc102882.jpg
s-dc102871_20141106202147121.jpg
s-dc102873.jpg
この次に、リヤディフィサーの塗装、この部分は、艶消し塗装での仕上げ。

塗装手順としては、カラーベースコート塗装してから、
スタンドックスのスペシャルマットを使っての艶消し塗装。
s-dc1028166.jpg
s-dc1028160.jpg
s-dc1028168.jpg
s-dc1028171.jpg
リヤディフィサー塗装完了。
s-dc1028175.jpg
これで、各パーツの塗装終わりですよ~ん。。。

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/11/06 Thu. 21:00    TB: --    CM: --

フェラーリ 430 ハーマン 

今日も4時にシャッター閉じて帰宅。

これといってすることもないので、ブログ更新で、
フェラーリ430ハーマンから。

接着剤にて貼り付け固定されている、フロントスポイラー
s-dc1009108.jpg
どう考えても、バンパーに取り付けされた状態では、
スポイラーの形状上、塗装が出来ない、、、。

よって新品部品と交換になり、カットして取り外す事に。
s-dc1009114.jpg
エアソーで細かくカットしながら、
s-dc1009116.jpg
s-dc1009127.jpg
フロントスポイラーの取り外し完了。
s-dc1009114.jpg
何で貼り付けされているのかと、見たら
s-dc1009117.jpg
シリコンでの接着方法。
s-dc1009129.jpg
s-dc1009128.jpg
問題は、この古いシリコンを取り除かなくてはいけないのだが、
取ろうとすると、なかなか取れてくれないシリコン、、、最悪です。

あーでない、こーでもないと悪戦苦闘しながなら、
なんとかフロントバンパーにキズ付けることなく、除去作業完了。
s-dc1009141.jpg
s-dc1009151.jpg
次に、新品のフロントスポイラーを
s-dc1009156.jpg
バンパーに取り付けして、各部の位置確認して、
仮合わせ作業完了。
s-dc101313.jpg
新品スポイラーをサンディングしてから、専用スタンドに固定して、
s-dc101318.jpg
s-dc101316_2014103017094043a.jpg
サフェサーを塗装して、下地工程完了。
s-dc101322.jpg
s-dc101329.jpg
続いて、左クォ-ターガラスの取り外し。
s-dc100726.jpg
左リヤフェンダー1枚全部塗装するのに、
ガラスモールが邪魔になるので、
いつものガラス屋さん、SOフィルムさんと一緒に
ガラスの取り外し作業。
s-dc100965.jpg
小さいガラスだけど、取り外すとなると、かなり大変、、、。

このガラスは、再利用出来なくて、ポィになり、
新品部品交換になります。
s-dc100961.jpg
あと、430の場合、ガラス位置出し固定クリップはなくて、
縦面は、2列にて接着剤での貼り合わせ工法での取り付け。
s-dc100963.jpg
ガラス取り外し後、ルーフモール取り外しして、
s-dc100970.jpg
塗装において、邪魔になる部品の取り外しまで、完了~。

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/10/30 Thu. 19:59    TB: --    CM: --

フェラーリ 430 ハーマン 

フェラーリ430、部品の取り外し後各部の修理へ。

まずは、リヤフェンダーのキズ修理から。
s-dc100731.jpg
キズの所をサンディング。
s-dc100733.jpg
幸いな事に素地金属まではいっていなかったので、
この状態から、サフェサー塗装。
s-dc100741.jpg
続いてリヤディフュ-ザーの修理。
s-dc100722.jpg
キズの状態の損傷確認したら、
s-dc100725.jpg
擦りキズ程度だったので、
s-dc100723.jpg
s-dc100724.jpg
部品分解後、パテにて面修整してから、
s-dc100928.jpg
s-dc100930.jpg
s-dc100931.jpg
塗装ブース内へパーツを入れて、
s-dc100954.jpg
s-dc100947.jpg
シール性に優れたスタンドックス、
ノンストップフィラーを下地塗装。
s-dc100995.jpg
s-dc100998.jpg
s-dc100994.jpg
続いて、サイドステップ下のスポイラー、
s-dc100728.jpg
ポッカリと損傷箇所が、口が開いていたので、
s-dc100729.jpg
FRPにて貼り合わせ後、
s-dc100920.jpg
FRPの面を修整して、
s-dc100926.jpg
最後にパテにて面修整してから、
s-dc1009163.jpg
塗装ブース内にて、サフェサー塗装して
s-dc101303_2014101421171563f.jpg
これらパーツの下仕事完了~。。

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/10/15 Wed. 20:50    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード