FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

ノックドールによる防錆処理、
次は下周りの作業のため車体をリフトアップ。
DSC_0224 (1024x680)
こうした防錆処理の塗装工程、
このように高く車体を上げれる環境なら作業し易いのですが、
昔この業界に入りたての10代の頃、
新車に下回りをジャッキで上げた状態で、
ダンボールを敷き、寝っころがって作業したのですが、
防錆剤がボトボトと落ちてきたのが、自分の頭とかに落ち、
油まみれになったのを思い出しますわ、、、。

でも、車を触れるだけで幸せだった頃なので、
身体が汚れても、全然苦にならなかったもんです。(笑)

こうしたノックスドールの塗装に使用します用具一式。
DSC_0229 (1024x680)
こうした粘土の高い溶剤を、スプレーガンタンク内部に
エアー圧をかけて圧送します専用ガンと、
DSC_0233 (1024x680)
用途にあわせて交換できますスプレーノズル。
DSC_0231 (1024x680)
3種類ありまして、全方向に拡散しながらスプレーしますノズルと、
DSC_0236 (1024x680)
L形状で、平らな面で噴射しますノズル、
DSC_0243 (1024x680)
DSC_0238 (1024x680)
はたまた超ロングの全方向噴射ノズル、
DSC_0244 (1024x680)
DSC_0241 (1024x680)
これらを使用して、袋状になっているパネルに対して、
ホールからノズルを注入して防錆塗装~。
DSC_0256 (1024x680)
DSC_0261 (1024x680)
注入します量は、ボタボタと落ちてきたらOK。
DSC_0269 (1024x680)
DSC_0272 (1024x680)
下回りで、1リッター缶2本のノックスドールを使用して完了しました、
DSC_0266 (1024x680)
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。
DSC_0322 (1024x680)
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/12/07 Mon. 07:50    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
DSC_0856 (1024x680)
部品組み付け前に、袋状になったところを
防錆剤ノックスドールの塗装。
DSC_0855 (1024x680)
缶スプレータイプも同じなのですが、
専用スプレーガンに入れての塗装するタイプなので、
スプレー時のエアー圧を上げれますため、
奥方向には有効的です。

まず最初に上側からの防錆剤の塗装からで、
DSC_0863 (1024x680)
DSC_0877 (1024x680)
各パネル、ドレンホールから垂れ落ちるまで塗装~。
DSC_0859 (1024x680)
DSC_0878 (1024x680)
DSC_0874 (1024x680)
DSC_0876 (1024x680)
こうした防錆剤、昔のメルセデスとかVWは、
ドア等の内部が防錆剤だらけで、
ロウのように固形物の固まりだった程で、
夏になると熱で溶け出してドレンホールから
流れ出たりとか、場合によっては防錆剤が
ドレンホールを埋めてしまう事もあったのを思い出す。

また、板金しますと当て板と軍手が防錆剤の油だらけになったし。

当時のドイツ車、とにかく防錆剤だらけだったわ。

これに負けないぐらい、ハコスカの内部、
ノックスドール塗装しておきました。(笑)
DSC_0881 (1024x680)




カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/12/02 Wed. 20:06    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
DSC_0532 (1024x680)
ボディ本体塗装後は、各パネルの塗装工程に~。

まずは、ボンネットとトランク、左右フロントフェンダーを
DSC_0539 (1024x680)
スタンドックスにて、上塗り塗装~。
DSC_0544 (1024x680)
ボディ本体と同じ作業なので、特に説明はなしです。(笑)
DSC_0549 (1024x680)
DSC_0551 (1024x680)
DSC_0546 (1024x680)
DSC_0547 (1024x680)
こうしてパーツ単体で塗装しますと、ゴミの付着は少ないですね。
DSC_0586 (1024x680)
DSC_0585 (1024x680)
DSC_0591 (1024x680)
後は残りのパーツ、左右ドア刃パネルと、ワイパーカウルパネル、
ガソリン給油口の塗装~。
DSC_0577 (1024x680)
DSC_0553 (1024x680)
DSC_0556 (1024x680)
DSC_0552 (1024x680)
DSC_0580 (1024x680)
DSC_0582 (1024x680)
これらパーツ類、塗装終えた部品から車体側に取り付け作業へ。
DSC_0605 (1024x680)
DSC_0611 (1024x680)
DSC_0612 (1024x680)
これでハコスカの形になりました。(笑)
DSC_0608 (1024x680)
DSC_0610 (1024x680)
DSC_0617 (1024x680)
個人的には、この横からのスタイルが、
一番綺麗な形だと思います。
DSC_0613 (1024x680)
引き続き作業します。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/11/19 Thu. 20:26    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
ここからはボディ本体の塗装へ~。
DSC_0436 (1024x680)
まずはサフェサーを研磨してから、
DSC_0445 (1024x680)
塗装ブース内に移動~。
DSC_0452 (1024x680)
塗装ブースに入るの、
これでもう何回目になるのかなぁ~。(笑)

隅々からゴミが出ないように、工夫しながら、
ボディ本体のマスキング作業後、
DSC_0468 (1024x680)
DSC_0466 (1024x680)
DSC_0462 (1024x680)
DSC_0460 (1024x680)
ボディシーリング作業へ。
DSC_0477 (1024x680)
DSC_0475 (1024x680)
これらの作業を経て、スタンドックスにて上塗り塗装へ~。
DSC_0486 (1024x680)
DSC_0482 (1024x680)
DSC_0517 (1024x680)
DSC_0514 (1024x680)
DSC_0496 (1024x680)
DSC_0479 (1024x680)
DSC_0518 (1024x680)
塗装中、ハコスカお預かりして何年目になるんだったけ?
とか考えながら塗装仕上げしてました。(笑)
DSC_0503 (1024x680)
今の車形状とは違い、車は小さいのですが、
凸凹面とか逆Rとか多くて入組んでおり、
ハコスカは結構塗り難い形状ですわ。
DSC_0489 (1024x680)
DSC_0504 (1024x680)
温風で強制乾燥後、マスキングを剥がして、
塗装ブースから車本体を出して、
DSC_0533 (1024x680)
ボディ本体の塗装完了しました、
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。

PS,47yハコスカシルバー、良い色してます。
ただ、写真では上手く色出ませんわ。(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/11/10 Tue. 20:43    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、

塗装前の状態まで完成してますKPGC10 ハコスカGT-R、
DSC_0436 (1024x680)
タイミング的に気候が真夏になってしまったので、
涼しくなるまで待っていた状況~。

気候的にも随分涼しくなって来たので、
塗装の下準備のフロントフェンダー裏面のアンダーコート塗装で、
まずはマスキングから。
DSC_0379 (1024x680)
元々付いてましたフェンダーを見ますと、
全面にアンダーコートが塗装されているのでなかったので、
元の状態にするために、マスキング作業~。
DSC_0378 (1024x680)
この状態で、フェンダー裏面をアンダーコート塗装。
DSC_0382 (1024x680)
DSC_0383 (1024x680)
隅々までしっかりとアンダーコートを塗装~。
DSC_0388 (1024x680)
こうしたアンダーコートを塗装します目的は、
小石が跳ねても塗装面にキズが付かなくするのと、
小石等が当たった音消しの防音効果のため。

今の車だと、フェンダー内部にはプラスチック製のカバーで、
ライナーが取り付けされてますので、
タイヤハウス内部のアンダーコートの塗装面積は、
少しになっております。
DSC_0398 (1024x680)
DSC_0399 (1024x680)
さらに、ボンネットとトランクパネルの裏面の塗装下準備として、
DSC_0402 (1024x680)
DSC_0406 (1024x680)
サンディング後、ボディシーリング~。
DSC_0407 (1024x680)
ボディシーリングの用途目的は、
パネル折り返し部、防錆の為。

これは今も昔も同じで、同様なシーリング作業してあります。

この先は塗装工程で、まずは各パネルの裏面から塗装しますので、
塗装ブースに各パネル並べて、
DSC_0412 (1024x680)
まずはアンダーコート塗装面にミッチャクロンを塗装してから、
ボディ色を塗装~。
DSC_0415 (1024x680)
本来こんなに光沢無いと思うのですが、
個人的好みで、ヌメヌメ仕上げに塗装しました。
DSC_0418 (1024x680)
DSC_0420 (1024x680)
DSC_0423 (1024x680)
DSC_0426 (1024x680)
DSC_0427 (1024x680)
DSC_0430 (1024x680)
たぶんどのハコスカより、ヌメヌメと光沢あると思います。(笑)
DSC_0433 (1024x680)
こんな感じで、パネル裏面まで塗装完了しました、
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/10/27 Tue. 20:53    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード