FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
細々としたパーツ関連作業で、まずはバンプラゴムから。
DSC_0837 (1024x680)
良く見ると、ゴム部にはシャシーブラックのような塗料が付着しており、
DSC_0847 (1024x680)
車体側の裏面には、サビあり。
DSC_0845 (1024x680)
幸いな事に、ゴム部の劣化はなさそうで、
まだまだ使える状態だったので、
ゴムに付着してます塗料をウエスにて
拭き拭きしていたのですが、
DSC_0849 (1024x680)
とても作業効率が悪かったので、魔法の液体の中にドボン~。
DSC_0852 (1024x680)
しばらくして、取り上げると綺麗になったゴム、
DSC_0859 (1024x680)
後はサピてます部分の修理で、サンドブラストしてから、
DSC_0891 (1024x680)
マスキングして、
DSC_0899 (1024x680)
お決まりの塗装工程で、まずはエッチングプライマー塗装してから、
DSC_0905 (1024x680)
DSC_0909 (1024x680)
下地塗装へ~。
DSC_0914 (1024x680)
DSC_0919 (1024x680)
仕上げに、艶消しブラックを塗装して、
DSC_0958 (1024x680)
完成~。
DSC_0537 (1024x680)
DSC_0544 (1024x680)
次に作業したのは、アクセルペダル。
DSC_0004 (1024x680)
両面に、ボディ色の塗料や泥汚れが付着してます、、。
DSC_0008 (1024x680)
DSC_0007 (1024x680)
よってこれも、魔法の液体にドボン~。
DSC_0011 (1024x680)
しばらくした所で、上下逆にしてさらにドボン~。
DSC_0013 (1024x680)
取り上げたら、ここまで仕上がったアクセルペダル。
DSC_0019 (1024x680)
DSC_0021 (1024x680)
DSC_0034 (1024x680)
DSC_0037 (1024x680)
これで、まだまだアクセル全開に耐えられます。(笑)

ついでに、フロア裏面に付くゴムも、
DSC_0622 (1024x680)
DSC_0623 (1024x680)
ドボン~したら、こんなになりました。
DSC_0631 (1024x680)
ゴムの弾力もあり、まだまだ使えます。
DSC_0633 (1024x680)
塗料が付着したボルト類も、試しにドボン~したら、
DSC_0756 (1024x680)
DSC_0762 (1024x680)
塗料は取れたのですが、
DSC_0772 (1024x680)
こびり付いた汚れやサビは残りましたので、
DSC_0775 (1024x680)
DSC_0774 (1024x680)
再メッキもしくは塗装の作業が必要でしたが、
何かしら手を加えれば、まだまだ使える細々としたパーツ作業でした。
スポンサーサイト



カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/05/28 Thu. 21:24    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
今回作業したのは、足回り関連パーツの塗装。
DSC_0097 (1024x680)
DSC_0093 (1024x680)
DSC_0141 (1024x680)
DSC_0144 (1024x680)
下地塗装された各パーツを、サンディングして、
塗装ブース内で、艶消しブラックに塗装~。
DSC_0115 (1024x680)
こうしたパーツは裏面まで塗りこむ必要があるので、
いかに上手く塗装スタンドに固定するかがポイント。
DSC_0139 (1024x680)
適当に固定して、スプレー時のエアー圧で、
塗装します物体がプラプラと動いてしまうと非常に塗装し難く、
最悪の場合塗装時に落下してしまいますので、、、。

塗装しますパーツ、結構な数あります為、
何回かに分けての塗装で、まずは1回目の塗装完了パーツ類。
DSC_0151 (1024x680)
手間暇掛ければ、綺麗に仕上がります。
DSC_0155 (1024x680)
シャーシブラックでコテコテの元の状態が、
ここまで仕上がり、作業者としても満足です。(笑)
DSC_0156 (1024x680)
続いて、細々としたパーツ類、
DSC_0172 (1024x680)
塗装後、
DSC_0002 (1024x680)
マスキングテープを剥がして、完成~。
DSC_0018 (1024x680)
DSC_0021 (1024x680)
DSC_0024 (1024x680)
何処でも塗装すれば良い訳ではなくて、
当たり面とかは、素地金属状態のままで、
ネジピッチ部は最終的には、ダイスにてねじ山修整になります。
DSC_0019 (1024x680)
これで足回り関連パーツの塗装は完了しました、
KPGC10  ハコスカGT-Rでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/05/18 Mon. 21:34    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
この先の作業としては、今乗ってます作業台車から降ろして、
ボディの塗装へ入る予定なので、その前にボディ各部の
部品位置関係を最終確認する為に、各部品の取り付け~。
DSC_0552 (1024x680)
今の車と違い、新品部品あるからと言っても、
取り付け出来るのかは、現物確認が必要で、
DSC_0547 (1024x680)
DSC_0550 (1024x680)
上手く取り付けできなくても不思議でない車なので、、、(笑)
DSC_0559 (1024x680)
あと、お客様に最終確認をしていただく為にも。
DSC_0597 (1024x680)
DSC_0598 (1024x680)
それと、細かな部品の打ち合わせもありましたので、
ある部品については、一通り取り付けして見ました。
DSC_0585 (1024x680)
DSC_0592 (1024x680)
DSC_0568 (1024x680)
DSC_0566 (1024x680)
DSC_0612 (1024x680)
DSC_0600 (1024x680)
ドアに付いてます、ウエザーストリップも取り付けして、
開閉して位置確認。
DSC_0750 (1024x680)
DSC_0751 (1024x680)
リヤバンパーの出し具合調整もして、
DSC_0595.jpg
DSC_0596 (1024x680)
最終確認作業完了した、ハコスカGT-Rでした~。
DSC_0608 (1024x680)
 

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/03/17 Tue. 21:02    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア、
次に作業したのは、ヘッドライトスイッチとウインカーレバー。
DSC_0710 (1024x680)
良く見ると軸の箇所がサビあり、、。
DSC_0711 (1024x680)
どうしてこんな所が錆びて来るのかと、少々疑問、、。

まずは、ノブの取り外しからで、なんとか廻した細く小さなマイナスビス。

ウインカーレバーのノブは差し込んであるだけでした。
DSC_0724 (1024x680)
ノブを取ったら新車時の塗装跡が見えてきて、
DSC_0726 (1024x680)
確認した所、普通の艶消しシルバーが塗装されていたのが判明。

次に、ハンドルとの接地面には、グリスや汚れがあったので、
DSC_0714 (1024x680)
まずは、パーツクリーナーでジャブジャブと洗浄から。
DSC_0729 (1024x680)
ここまで綺麗になり、
DSC_0730 (1024x680)
どんな構造になってるのか確認したのだが、
DSC_0736 (1024x680)
ヘッドライトスイッチも含め、どうも分解は出来なさそうなので、
DSC_0737 (1024x680)
DSC_0738 (1024x680)
この状態で、軸の部分を研磨作業~。
DSC_0741 (1024x680)
この後は、お決まりの下地塗装で、
まずはエッチングプライマー塗装してから、
DSC_0744 (1024x680)
DSC_0746 (1024x680)
イ-ジーフィラーで下地塗装~。
DSC_0750 (1024x680)
DSC_0751 (1024x680)
乾燥後、艶消しシルバーを上塗り塗装して、
DSC_0787 (1024x680)
DSC_0791 (1024x680)
各レバーの塗装作業完了です。
DSC_0808 (1024x680)
こうした所、手間掛かりますが、なんとかなります。(笑)
DSC_0812 (1024x680)
ツマミ部も洗浄してから、取り付けして、
DSC_0816 (1024x680)
出来上がりです。
DSC_0820 (1024x680)
DSC_0824 (1024x680)
DSC_0836 (1024x680)
ここの箇所のサビ原因は、ただ単に下処理なしで、
直接素地金属に塗装してあるためだと思われます。

引き続き作業進めます、KPGC10  ハコスカGT-Rでした~。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/03/03 Tue. 21:31    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア、
コイル作業にあたり、レジスターが汚れていたので、
DSC_0726 (1024x680)
ニッサン純正部品在庫確認したら、S20の場合レジスターは2個付くようで、
片側一個は部品在庫あるのですが、もう片側に付いては製造廃止で入手不可との回答、、。
DSC_0731 (1024x680)
1個だけ新品部品があっても、困るのだけどとぼやいてレジスター見ていたら、
どう見ても部品構成は2個とも全く同じで、中に組み込まれています
抵抗のバネのような部品が違うだけのようだったので、
DSC_0977 (1024x680)
同じレジスターを2個購入して、
DSC_0978 (1024x680)
全バラして確認したら、
DSC_0986 (1024x680)
中の抵抗だけの違いだったので、
DSC_0988 (1024x680)
元の抵抗を組んで、
DSC_0991 (1024x680)
部品組み付け完了~。
DSC_0997 (1024x680)
これで見た目的には2個とも新品になりました~。(笑)
DSC_1001 (1024x680)
これでコイル関連の作業完了。

次に作業したのが、ウオッシャー関連の部品。
DSC_1005 (1024x680)
ホースとかノズルは部品あるだけど、タンク本体は製造廃止で部品なし、、。
DSC_1028 (1024x680)
タンク本体のプラスチックが劣化しており、
細いノズルの接続部が折れて、接着剤による補修跡あり、、。
DSC_1009 (1024x680)
新品のタンクどの程度の部品価格するのだろうかと思い、
ヤフオク見たら、落札価格8万円程度していたし、、、、。

う-ん困ったなと思っていたら、良く似たタンクが
他の自動車メーカーから出てるのを偶然にも見つけ、
タンク本体を手元において見比べると、どう見ても同じに見える、、。

こうなると、購入して部品確認するしかないと思い、
オーナーからダメ元で購入して頂いたタンク本体、
DSC_1004 (1024x680)
確認しました所、全く同じ部品でありました。(笑)
DSC_1007 (1024x680)
あるんですね、自動車メーカーが違うのに、
同じ部品を使っての部品構成が、、。
DSC_1030 (1024x680)
あとは、固定バンドを再メッキすれば完璧です。
DSC_1021 (1024x680)
ひらめきにて、なんとかなったハコスカ部品の2点でありました。(笑)


カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2020/02/18 Tue. 21:21    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード