ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

KPGC10 ハコスカGT-R レストア作業 

KPGC10 ハコスカGT-R レストア作業。

ボンネットとトランク裏面の作業の次は、
表面の作業をするため、塗装ブース内に
各パネルをスタンド固定して、
DSC_6251 (800x536)
DSC_6254 (800x536)
DSC_6255 (800x536)
DSC_6257 (800x536)
パテ研ぎに露出した素地金属に対して
プライマーを塗装してから、
DSC_6261 (800x536)
DSC_6262 (800x536)
DSC_6264 (800x536)
DSC_6271 (800x536)
DSC_6387 (800x536)
DSC_6388 (800x536)
各パネルにスタンドックス スプレーパテを塗装。
DSC_6279 (800x536)
DSC_6280 (800x536)
DSC_6282 (800x536)
DSC_6284 (800x536)
このスプレーパテ、簡単に説明すると
スプレーガンにてパテを塗るような物で、
パネル面積に対してヘラを使ってのパテ付けだと、
均等に付けようとしても、どうしてもヘラ枕が出来てしまうのだが、
スプレー式でのパテ付けなので、アール部分にも
形に沿ってのパテ付けが出来るパテ。

巣穴もほとんどありません。、

ポリエステル系のパテなので、研ぎもわりと楽で、
細かな番手からのパテ研ぎのスタートが可能。

使い方を考えれば、個人的には、
大面積の歪みを取るのには優れものだと思う。

スプレーパテ塗装後、自然乾燥中の
DSC_6559 (800x536)
DSC_6470 (800x536)
DSC_6427 (800x536)
DSC_6426 (800x536)
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。
スポンサーサイト

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

テーマ: 旧車 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/04/09 Mon. 21:09    TB: --    CM: --

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10  ハコスカGT-R フルレストア作業、
各パネル下地塗装を終えたら、パテ作業。
DSC_5653 (800x536)
DSC_5655 (800x536)
何時も思うのだけど、この塗装作業中で
一番地味で、技術が必要なパテ作業。
DSC_5661 (800x536)
簡単そうに見えるパテ付け作業、
DSC_5693 (800x536)
DSC_5690 (800x536)
パネルの面に沿って薄く付けるの、
それなりの経験必要で、
上手く付けれるようになると
パテ研ぎの時間短縮になるものなのだけど、
DSC_5074 (800x536)
マスクして体中ホコリまみれになってのパテ研ぎ作業、
かなりの重労働作業、、、。
DSC_5896 (800x536)
DSC_5895 (800x536)
今の寒い時期はパテ付けも含めまだいいのだが、
暑い夏はさらに大変で、パテ付けしていると
パテ硬化反応早いわ、マスクは付けなくてはいけないわで、
大面積のパテ作業、真夏のパテ研ぎはしたくない作業の一つ。
DSC_5759 (800x536)
DSC_5761 (800x536)
DSC_5765 (800x536)
DSC_5707 (800x536)
DSC_5705 (800x536)
表面終えたら、次は裏面も同様にパテ作業。
DSC_5754 (800x536)
DSC_5757 (800x536)
DSC_5755 (800x536)
DSC_6150 (800x536)
あまり目に付かない所なのだけど、
こうした入り組んだ形状は特に時間要するもの。
DSC_6148 (800x536)
DSC_5892 (800x536)
DSC_5889 (800x536)
こうしてパテ作業を進める中で、
ボンネットとトランク裏面パテ研ぎ終えたら、
先に下地塗装する事になり、
パテ研ぎ時に露出しまった素地金属部に、
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_6194 (800x536)
DSC_6191 (800x536)
スタンドックス イージーフィラーにて下地塗装~。
DSC_6198 (800x536)
DSC_6200 (800x536)
これで裏面は終わりなのだが、
表面パネルは、仕上げのパテ工程に進むので、
まだ続くよホコリまみれになりながら作業の、
ハコスカGT-Rでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

テーマ: 自動車の整備&修理 - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2018/03/16 Fri. 21:37    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R レストア作業 

KPGC10 ハコスカ GT-R レストア作業、
フロントフェンダーの作業を終えたら、
ドアとフェンダーとボンネットを取り外しして、
DSC_4530 (800x536)
各部修理した箇所の素地金属に対して
まずは裏面からの作業で
DSC_4562 (800x536)
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_4613 (800x536)
DSC_4616 (800x536)
DSC_4618 (800x536)
DSC_4658 (800x536)
DSC_4663 (800x536)
下地のサフェサーを塗装~。
DSC_4621 (800x536)
DSC_4667 (800x536)
DSC_4672 (800x536)
新品フェンダー裏面も同様に下地塗装。
DSC_4625 (800x536)
DSC_4628 (800x536)
続いて表面の作業、裏面同様に
エッチングプライマーを塗装してから、
DSC_4636 (800x536)
DSC_4637 (800x536)
DSC_4639 (800x536)
DSC_4678 (800x536)
DSC_4679 (800x536)
下地塗装へ。
DSC_4641 (800x536)
DSC_4642 (800x536)
DSC_4644 (800x536)
DSC_4684 (800x536)
DSC_4690 (800x536)
次はパテ工程なのだが、その前に、
ボンネットとトランクパネルの骨組みとの
DSC_4726 (800x536)
DSC_4728 (800x536)
隙間を埋めているシーリング材にて充填作業へ~。
DSC_4731 (800x536)
DSC_4734 (800x536)
こうした所のシーリング、こうした部位に使う材料を使用しないと、
表面のパネルに対して、引っ張りの力にて凹みが出てきます、、。

パテ研ぎによる力で、パネルが歪が生じないように、
ドア内部にある補強プレートも、同様に接着にて取り付け~。
DSC_4721 (800x536)
DSC_4737 (800x536)

DSC_4735 (800x536)
ついでに、サイレンサーパットも
DSC_4763 (800x536)
ドア内部に貼り付け~。
DSC_4771 (800x536)
DSC_4769 (800x536)
DSC_4766 (800x536)
このサイレンサーパットが貼ってあると、ドアを閉めたときの音が、
ボンと重みのある音で閉まり、
貼ってないと、表面のアウターパネルが、
バ~ンといった振動音を出して閉まります、、。

こんな感じで地道に作業中の、
KPGC10 ハコスカ GT-R レストア作業でした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/03/02 Fri. 21:13    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R レストア 

日産純正フロントフェンダーの手直し修整を終えた
KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
DSC_3572 (800x536)

作業中にちょっと気になっていた所、
ライトグリルとかの位置関係の確認のため、
まずはフロントバンパーの確認から。
DSC_3573 (800x536)
位置確認するのだが、特に問題なし。

つきに、ヘッドライトグリルを取り付け。
DSC_3584 (800x536)
予想に反して、全く問題ないし。(笑)
DSC_3588 (800x536)
DSC_3592 (800x536)
これを見る限り、フロント側のプレスは問題ない感じで、
至って良好で、ポン付け出来るレベルの商品。

ここで、フロントフェンダー各部の穴あけ作業。

ちなみに、この新品日産純正フロントフェンダー
フロントバンパーサイド固定穴、ウインカー穴、
フェンダーミラーの穴が全く開いてない、、。
DSC_3619 (800x536)
昔だと、フェンダーミラーの穴埋めはよく作業したのだが、
フェンダーミラーの穴あけ作業は初めて。(笑)
DSC_3624 (800x536)
まずは、バンパーサイド穴開け作業からで、
穴開け位置を出してから、
DSC_3593 (800x536)
ドリルにて穴あけして、
DSC_3597 (800x536)
DSC_3601 (800x536)
フロントバンパーは問題なく取り付け完了~。
DSC_3610 (800x536)
DSC_3605 (800x536)
続いてウインカーランプの取り付け穴開け作業、
古いフロントフェンダーから位置出した所を
DSC_3632 (800x536)
穴開け加工~。
DSC_3695 (800x536)
DSC_3700 (800x536)
続いてフェンダーミラーの穴開け位置、
DSC_3634 (800x536)
これも元のフェンダーから採寸された所を、カット。
DSC_3698 (800x536)
最後に、各部品取り付けして
DSC_3715 (800x536)
DSC_3717 (800x536)
DSC_3723 (800x536)
DSC_3726 (800x536)
DSC_3720 (800x536)
穴開け作業完了~。

ここまで色々な作業していると、
唯一穴が開いていた、エンブレムの穴、
DSC_3739 (800x536)
まったく信用できないので、
エンブレム取り付けしてみたら、
両方共、ここは問題なかった。(笑)
DSC_3740 (800x536)
これで左右フロントフェンダーに各部品取り付け出来た、
DSC_3750 (800x536)
DSC_3744 (800x536)
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/01/26 Fri. 21:18    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
左側フロントフェンダーに続いて、右側の修整作業。
DSC_2425 (800x536)
仮合わせしてみると、左側ほど問題点はないのだが、
DSC_3054 (800x536)
DSC_3047 (800x536)
下側の固定ボルト穴がズレてしまって取り付け不可能の状態で、
左側と見比べると、パネルが少々小さい見たい。、。
DSC_3065 (536x800)
DSC_3072 (800x536)
そこで、まず縦方向のブラケットをカットして、
DSC_3094 (800x536)
DSC_3097 (800x536)
新たに製作したパネルを取り付け~。
DSC_3106 (800x536)
さらに表面パネルの足りない分を、製作にあたりパネルをカットして、
DSC_3121 (800x536)
新たなパネルを製作して交換~。
DSC_3128 (800x536)
DSC_3139 (800x536)
これで、車側に取り付け固定出来た、フロントフェンダー。
DSC_3153 (800x536)
こちら側はドアとのスキは均等にあるので、特に問題なし。

ただ、ボンネット先端部のスキが、極端に狭いし、、、。
DSC_3362 (800x536)
均等なスキになるように、板金にて手直し。
DSC_3380 (800x536)
左側も先端部が、若干狭かったので、
DSC_3388 (800x536)
同様に、板金修整~。
DSC_3393 (800x536)
次に、縦方向上部のドアとの隙間、
ここがかなり隙間が広かったので、
DSC_3409 (800x536)
板金にて手直し修整作業して、
DSC_3435 (800x536)
これで、左側のパネル修整作業完了。
DSC_3437 (800x536)
同様に、右側もスキ広かったので、
DSC_3442 (800x536)
パネル修整作業して、
DSC_3473 (800x536)
右側も、修整作業完了~。
DSC_3511 (800x536)
まだ続く新品フェンダーの手直し作業、
日産純正新品部品なのに、どれだけ手間暇要するのだろうか、
日産部品さ~ん。。

正直、疲れますよ~ん。(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/01/16 Tue. 21:37    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード