ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

KPGC10 ハコスカGT-R レストア 

日産純正フロントフェンダーの手直し修整を終えた
KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
DSC_3572 (800x536)

作業中にちょっと気になっていた所、
ライトグリルとかの位置関係の確認のため、
まずはフロントバンパーの確認から。
DSC_3573 (800x536)
位置確認するのだが、特に問題なし。

つきに、ヘッドライトグリルを取り付け。
DSC_3584 (800x536)
予想に反して、全く問題ないし。(笑)
DSC_3588 (800x536)
DSC_3592 (800x536)
これを見る限り、フロント側のプレスは問題ない感じで、
至って良好で、ポン付け出来るレベルの商品。

ここで、フロントフェンダー各部の穴あけ作業。

ちなみに、この新品日産純正フロントフェンダー
フロントバンパーサイド固定穴、ウインカー穴、
フェンダーミラーの穴が全く開いてない、、。
DSC_3619 (800x536)
昔だと、フェンダーミラーの穴埋めはよく作業したのだが、
フェンダーミラーの穴あけ作業は初めて。(笑)
DSC_3624 (800x536)
まずは、バンパーサイド穴開け作業からで、
穴開け位置を出してから、
DSC_3593 (800x536)
ドリルにて穴あけして、
DSC_3597 (800x536)
DSC_3601 (800x536)
フロントバンパーは問題なく取り付け完了~。
DSC_3610 (800x536)
DSC_3605 (800x536)
続いてウインカーランプの取り付け穴開け作業、
古いフロントフェンダーから位置出した所を
DSC_3632 (800x536)
穴開け加工~。
DSC_3695 (800x536)
DSC_3700 (800x536)
続いてフェンダーミラーの穴開け位置、
DSC_3634 (800x536)
これも元のフェンダーから採寸された所を、カット。
DSC_3698 (800x536)
最後に、各部品取り付けして
DSC_3715 (800x536)
DSC_3717 (800x536)
DSC_3723 (800x536)
DSC_3726 (800x536)
DSC_3720 (800x536)
穴開け作業完了~。

ここまで色々な作業していると、
唯一穴が開いていた、エンブレムの穴、
DSC_3739 (800x536)
まったく信用できないので、
エンブレム取り付けしてみたら、
両方共、ここは問題なかった。(笑)
DSC_3740 (800x536)
これで左右フロントフェンダーに各部品取り付け出来た、
DSC_3750 (800x536)
DSC_3744 (800x536)
KPGC10 ハコスカGT-Rでした。
スポンサーサイト

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/01/26 Fri. 21:18    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア作業、
左側フロントフェンダーに続いて、右側の修整作業。
DSC_2425 (800x536)
仮合わせしてみると、左側ほど問題点はないのだが、
DSC_3054 (800x536)
DSC_3047 (800x536)
下側の固定ボルト穴がズレてしまって取り付け不可能の状態で、
左側と見比べると、パネルが少々小さい見たい。、。
DSC_3065 (536x800)
DSC_3072 (800x536)
そこで、まず縦方向のブラケットをカットして、
DSC_3094 (800x536)
DSC_3097 (800x536)
新たに製作したパネルを取り付け~。
DSC_3106 (800x536)
さらに表面パネルの足りない分を、製作にあたりパネルをカットして、
DSC_3121 (800x536)
新たなパネルを製作して交換~。
DSC_3128 (800x536)
DSC_3139 (800x536)
これで、車側に取り付け固定出来た、フロントフェンダー。
DSC_3153 (800x536)
こちら側はドアとのスキは均等にあるので、特に問題なし。

ただ、ボンネット先端部のスキが、極端に狭いし、、、。
DSC_3362 (800x536)
均等なスキになるように、板金にて手直し。
DSC_3380 (800x536)
左側も先端部が、若干狭かったので、
DSC_3388 (800x536)
同様に、板金修整~。
DSC_3393 (800x536)
次に、縦方向上部のドアとの隙間、
ここがかなり隙間が広かったので、
DSC_3409 (800x536)
板金にて手直し修整作業して、
DSC_3435 (800x536)
これで、左側のパネル修整作業完了。
DSC_3437 (800x536)
同様に、右側もスキ広かったので、
DSC_3442 (800x536)
パネル修整作業して、
DSC_3473 (800x536)
右側も、修整作業完了~。
DSC_3511 (800x536)
まだ続く新品フェンダーの手直し作業、
日産純正新品部品なのに、どれだけ手間暇要するのだろうか、
日産部品さ~ん。。

正直、疲れますよ~ん。(笑)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/01/16 Tue. 21:37    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカGT-R フルレストア  

2018年、今年も宜しくお願いします。

明日まで休みなのだが、今日からブログ更新作業で
まずは、KPGC10 ハコスカGT-Rから。

新品部品なのに、全然合わないフロントフェンダー作業~、
なんとかしますよ、日産部品さん(笑)(笑)(笑)
DSC_2445 (800x536)
左側からの作業で、どう修整したら良いのか、
困ったものだと色々考えたのだが、
なんとかなるさ~と、作業開始。(笑)

手始めに、フェンダーが車側に入らないと、
どう修整したらよいのか全く解らないので、
まず最初に、裏面に取り付けされている、
縦方向のブラケットを取り外しから。
DSC_2619 (800x536)
スポット溶接を取って、
DSC_2622 (800x536)
そっとタガネを入れて、取り外ししようとするのだが、
これがまた取れないのなんの、、、。
DSC_2625 (800x536)
変形させたくないので、無理な力加えないように、
あ~でもない、こ~でもないと、なんとか取り外しした、ブラケット。
DSC_2628 (800x536)
なんとか取れて良かった。
DSC_2633 (800x536)
この状態で、入らなかった縦方向がフリーになったので、
車側に仮付けしたら、ドアとのスキマ、超広いし、、。

上から下方向に行くにつれて、かなりの広さのスキマ、、。
DSC_2696 (800x536)
フレームが上方向に上がっているようなスキの広さ。

ちなみに、この車両は事故車ではないので、
ダメなのは、この新品フェンダーで、
もうトホホ、状態です、、。(笑)

ボンネットとのスキも広いし、やってくれますわ、
日産部品さん、、。
DSC_2659 (800x536)
う~ん、、、

まずは、ドアとの隙調整の修整作業として、
折り返し部を一旦伸ばして平面にしてから、
DSC_2781 (800x536)
DSC_2760 (800x536)
均等なスキマに現車合わせて゛、折り曲げ直して、
DSC_2948 (800x536)
取り外ししてあった、ブラケットを再度取り付けして、
DSC_2955 (800x536)
DSC_2973 (800x536)
DSC_2985 (800x536)
縦方向のスキマ修整作業完了~。
DSC_2995 (800x536)
写真で説明するとあっと言う間なのだが、
実作業は何回も車側に取ったり付けしたと、
結構手間暇、かかってますよ~ん。
DSC_2999 (800x536)
次は、ボンネットとの隙間修整作業なのだが、
まずは、ボルト固定穴の修整から。
DSC_3008 (800x536)
DSC_3012 (800x536)
ボルトも全部取り付け出きるように修整して、
DSC_3016 (536x800)
先端部を除いて、ボンネットとの隙間修整完了~。
DSC_3027 (800x536)
ここまで合わなかったフェンダーなのだが、
フロントパネル側においては、
とても優秀で、なにも問題なかった。(笑)
DSC_3022 (800x536)
こんな調子で、左側新品フロントフェンダー修整作業、
おおむね終えた状態でした、、、。
DSC_3035 (800x536)

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2018/01/04 Thu. 21:21    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業、
次に作業したのが、フロントフェンダー。

元々付いていたフロントフェンダーは、タイヤハウス部が
ワイド加工してあるので、ノーマルに戻す予定で、
お客さんが10年以上前に日産部品から購入した新品パネル、
DSC_2445 (800x536)
DSC_2425 (800x536)
DSC_2435 (800x536)
DSC_2449 (800x536)
日産純正部品の証、部品番号ラベルあり。
DSC_2450 (800x536)
DSC_2429 (800x536)
ただ、問題なのはポン付け出来るレベルではなく、
部品取り外し時にすでに合わないのは、
確認済みの新品フェンダー。

ただ、どうなっていたのかは忘れてしまっているので、
再度確認のため、車側に取り付けして仮合わせ。

まずは、右側から、
DSC_2438 (800x536)
付くのには付くのだが、ボンネット先端部の隙間が半分?
DSC_2592 (800x536)
ドアとの隙間はまずまずなのだが、
DSC_2589 (800x536)
縦のライン一番下側の固定ボルト穴全く合わない、、。

上側のドアとの隙間、こんなに広いの?
DSC_2587 (800x536)
続いて左側、
DSC_2454 (800x536)
こちらは、まずボルト穴が3箇所ずれてしまっており、
合わなくてボルト固定出来ないし、、。
DSC_2663 (536x800)
DSC_3007 (800x536)
それてドア側の縦方向は、大きさが小さくて収まらなくて、
隙間の確認も取れない状況、、、。

ボンネットとの隙間は、右側の1.5倍程の広さあり、隙間大、、、。
あと、前方向側、隙間大。
DSC_2665 (800x536)
う~ん、困ったなぁと思い、元々付いていたフェンダーを取り付けして
位置を再確認したら、左右共良い感じ。
DSC_2580 (800x536)
DSC_2584 (800x536)
DSC_2573 (800x536)
DSC_2569 (800x536)
ただ、左右共ドア上側、アール部のスキマは広かったのだが、
こんなんだったのかと疑問、、?
DSC_2583 (800x536)
DSC_2555 (800x536)
いずれにしろ、合わないのは新品フェンダーのクォリティの低さが原因、、。

見比べて、色々と長さを測ったのだが、
DSC_2552 (800x536)
色々な所寸法違っており、プレスも違うし、、。

しかし、困ったなぁ~。

これで新品部品ですと言われても、
全国の修理業者困りモンですょ、日産部品さん~~。(笑)

さて、どうしましょうか???

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/12/27 Wed. 21:51    TB: --    CM: --

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア 

久しぶりの更新ですみません、、。

KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア作業分、
剥離を終えたワイパーカウルパネル、
002 (800x535)
まずは、裏面のサビ落とし作業から。
005 (800x535)
外気導入用の細長く開口部のフィンがあり、
かなり入り組んでいる所にサビあるので、
006 (2) (800x535)
屋外作業場で、大気開放型サンドブラストにて
サビ落とし作業~。
025 (800x535)
028 (800x535)
さらに、奥まった所にもサビがあったので、
031 (800x535)
手作業にて、最終仕上げ作業~。
013 (800x535)
015 (800x535)
ここで先に、、裏面から防錆作業として、
塗装ブース内にて、エッチングプライマーにて下処理後に、
022 (800x535)
スタンドックス イ-ジーフィラーにて下塗り塗装仕上げ。

写真編集中に削除してしまったので、ありません、、、。
すみません、、。

裏面終えたら、表面の作業で
DSC_2307 (800x536)
手作業にて、研磨しての仕上げ~。
DSC_2329 (800x536)
奥まったフィンのツバの部分も、サビ落し完了。
DSC_2331 (800x536)
こうして、写真で説明しているとすぐ終わりそうなのだが、
実作業は、チマチマと手作業で、かなりの手間。

こうして仕上げたパネル、裏面を簡単にマスキングしてから、
DSC_2333 (800x536)
裏面同様、素地金属面をエッチングプライマーにて下処理後、
DSC_2335 (800x536)
イージーフィラーにて下塗り。
DSC_2338 (800x536)
乾燥させてから、車側に取り付けして、
ワイパーカウルパネルの作業完了~。
DSC_2417 (800x536)
次に作業したのが、給油口パネルの作業で、
折れたバネを交換するため、
DSC_3949 (800x536)
給油口パネルを全バラ~。
DSC_3969 (800x536)
部品交換する、新品のバネ、
DSC_3954 (800x536)
部品を全バラ状態にて、
DSC_3977 (800x536)
全部品をサンドブラストにて、研磨作業~。
DSC_4001 (800x536)
DSC_3990 (800x536)
最初この状態にて、部品を組み上げて下処理塗装しようとしたのだが、
構造上、ヒンジ部が裏面になってしまい、
塗装出来ないところが一部あるので、
この状態で下地塗装してから、部品組み付けする工程となり、
各部品を塗装スタンドに固定して、
各パーツの両面をエッチングプライマーにて下処理塗装してから、
DSC_4013 (800x536)
DSC_4014 (800x536)
DSC_4027 (800x536)
イ-ジーフィラーにて下地塗装。
DSC_4033 (800x536)
DSC_4035 (800x536)
DSC_4038 (800x536)
DSC_4040 (800x536)
下地塗装を終えた各パーツ、
DSC_4174 (800x536)
これらをパーツを組み上げた給油口パネル
DSC_4176 (800x536)
DSC_4178 (800x536)
組み立て工程上で、パネル面を元の形に戻した時に
ついたキズの箇所を、研いでから、
DSC_4192 (800x536)
最終的にもう一度、この箇所を補修塗装して、
DSC_4193 (800x536)
DSC_4199 (800x536)
DSC_4203 (800x536)
DSC_4202 (800x536)
給油口パネル作業完了した、
ハコスカ GT-R フルレストア作業でした。

カテゴリ: KPGC10 ハコスカ GT-R フルレストア

[edit]

Posted on 2017/12/23 Sat. 21:38    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード