FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

E55 AMG ステーションワゴン 



左クォーターパネルへこみ修理で入庫されてましたE55 AMG ステーションワゴン(スーパーチャージャ付き)本日塗装完了しました。

このタイプのベンツからクォーターガラス周りのゴムがガラスと一体構造の作りになっている為外す事が出来ないのでマスキングでの作業で行いますが、ガラス周りのモールを取り外しゴムをうかしボディとのすき間を作りマスキングテープを貼り作業しました。
時間はかかりましたが、マスキングの跡は全く無く綺麗に仕上がりました。
尚、塗装の塗り肌も新車時と同じに仕上がってます。

このあと部品組み付け後、ノーワックスのボディコーティングに出し今週末に納車します。

"

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2006/10/11 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

ジグ式フレーム修正機について 



当社が使用してますジグ式フレーム修正機グローバルジグの固定修正方法です。

ジグ(写真一番上の写真)とはロアアームの取り付け部等にボルトで固定して取り付けベース、コラムの上部に固定して使用します。
固定と共に修理する車のチャート(ボディ寸法)に1ミリ単位に正規の寸法に正確に合わせ取り付け及び修正します。

一般的にボディショップで使用していますフレーム修正機はロッカーパネル(ステップ)のつばの部分を挟み4点固定して使用するのが主となって使用されてます。
この修正方法ですと車の構造上全く強度の無い1センチあるか無いかのステップのつばをはさんで固定をして、高張力鋼板で出来ている非常に固いフレーム(サイドメンバー)を引っ張って修正するやり方になります。
簡単に説明すると力に対して弱い所で車を固定して非常に強靱な固さを持つフレームを修正しているやり方です。
ただし現状としては4点固定以外に色々と各部補助固定をして力の分散をして作業していますが、、、。

ジク式フレーム修正機は車の構造上一番固いフロント.リヤのロアアーム取り付け部で車を固定して正確にフレーム修正できますので最良の修正です。欧州では一般的な修理方法てすが、、、。

ただ、固定に時間がかかる(なぜか保険会社はこの作業時間分の料金をみてくれない)のとジグ式フレーム修正機本体の金額が高いのがネックです。

尚、写真は DC5タイプRのフレーム修正作業になります。

"

カテゴリ: 設備

[edit]

Posted on 2006/10/12 Thu. 00:00    TB: 0    CM: 0

サイドエアダクト 



911DAYS企画の高山ミーティングで皆様に良く聞かれたサイドダクト、サスペンション、マフラーについて説明します。

まず、サイドエアダクトですが、サイドウインドアクリルガラスキット(1番上の写真)はラウウェルトさん扱いのQD製の商品を取り付けます。
FRP製でゲルコート仕上げになってますので、サッシュ色のツヤ消しブラックに塗装します。

ダクトの穴の部分(室内側)については住宅用の換気扇に使う100のアルミ製の蛇腹の丸いパイプで冷却ホースで作るのですが、今回この部分をFRPでオリジナルで作ってみました。

まずS字形のパイプの部をFRPで作りその後ベース部を作り2個の部位を組み合わせて作りました。(写真真ん中)

その後、リヤボードパネルに穴を開けエンジンルーム内の冷却用に取り付けしました。

これでかなり油温の上昇は違いますよ。

"

カテゴリ: 1992y ポルシェ911ワイド 

[edit]

Posted on 2006/10/14 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

タイヤ、ホイール、サスペンション 



アルミホイールはワークのフ゛ロンバッハでフロントが8.5J、リヤは11.5J共に19インチで特注品です。

タイヤはブリジストンのRE050Aフロントが235/35ZR19リヤは305/30ZR19で4本共ポルシェ認証タイヤです。通常のRE050とは違いポルシェ911の為だけに開発された専用だそうです。

しかし認証タイヤの305リヤタイヤはなぜか普通の305よりはるかに太いのです。ハンパではありません。友人のフェラーリ軍団にもこのタイヤの太さだけは負けませんぞ。
このタイヤとホイールの組み合わせとスペーサーがフロント15ミリ、リヤ25ミリでツライチ仕様になってます。
でも、リヤはツライチと言うよりオーバーフェンダーにもうイッパィイッパィ、グイグイって感じです。

サスペンションはクアンタムTR5-RSでバネはハイパコ(Fr9KRr11K)で高速ツーリング仕様になっています。

"

カテゴリ: 1992y ポルシェ911ワイド 

[edit]

Posted on 2006/10/14 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

ボルケーノレーシングマフラー 



空冷ポルシェの場合どうしても外品マフラーの音質はドォドォドォドーと低音が主のマフラー音がほとんどです。以前付けていたマフラーもそのタイプの音でした。

そこで、高音重視の音が出るマフラーが無いかと岐阜のサンバーストさんに聞いた所、神奈川県のボルケーノのマフラーが良いと言われ紹介され問い合わせて代表の長(おさ)さんに触媒、ヒーター付きで2000回転までは音が静かでそこからは限り無くフェラーリサウンドみたいな乾いた高音で爆音になるマフラーをオーダーしました。
この無理難題にも快く引き受けて頂きさらにテールはチタンで作りますと言って頂きました。

出来て来て付けた感想は本当に2000回転位までは音を殺しその後かん高いマフラー音に感動しました。
空冷エンジンでも高音が出るのにはビックリでした。
車のエンジン特性の違いでフェラーリまでの高い音ではありませんが自分的にはとても満足してます。

でもこのレーシングマフラーのおかげで120キロ以上では助手席の人との会話も出来なくなると同時にCDの音、レーダー探知機の音なにも聞こえなくなりマフラーサウンドのみの車になってしまいました、、、。
個人的にはよりいっそう乗っていて楽しい車ですが。

PS、ボルケーノの社長が音だけのマフラーも作れると言ってましたが、誰か作りませんか。
パワーがかなりダウンするとの事で私はやめたのですが、音を聞く機会があれば是非お願いしたいです。

"

カテゴリ: 1992y ポルシェ911ワイド 

[edit]

Posted on 2006/10/14 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード