fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

下地のパテについて 



鈑金修正後、パテで整形して仕上げるのですが、パテには厚付け用と仕上げ用の薄付けがあります。
写真で紹介してますミニはフロント部をバックして来た車に当てられてフロントパネル交換、左右フロントフェンダー修理、カウルパネル修理の作業で鈑金工程を終えてパテ研ぎに入ってます。

パテの工程としてまず鈑金にてパネル修整された上に最初おおまかな凹みを埋める用途で厚付け用のパテ付けしてパテを研いで成形します。この厚付け用のパテで、ほぼ形にまで仕上ていくのですが、この部分の工程は鈑金の良し悪しでパテ付けの回数が変わると共にパテの厚さが決まってきます。当然鈑金によってパネルが綺麗に仕上げてあればパテは薄く、凸凹の状態ですとパテは厚く仕上がりますね。ちなみに写真一番上の青色のパテが厚付け用です。

厚付けのパテで成形後は薄付け用で仕上げます。薄付け用のパテ(写真真ん中の黄色いパテです)はパテ自体が柔らかく作られておりヘラ付け時にパテが薄く延びて付けられる用になっており表面の凹凸を埋め平にして面を出します。
このパテ研ぎはすべてパネルに合わせた形にするのは人間の手で触った感覚で凹凸を感じ取りパテの高い面を研ぎ落として面を作る方法で非常に経験と技術を要する作業です。塗装工程で一番仕上がりに表れる所と共に非常に手間と時間と技術を必要とします。特にミニの様に丸い形状はパテ研ぎの難しい車であります。

ちなみにこの車のパテ研ぎからサフェサー塗装迄に1日かかっています。よく60分半○修理と宣伝していますが、凹み修理特にパテ研ぎとは時間を要する作業でとても60分間で上塗り出来る工程ではありません。但し、適当な仕上がりでしたら可能ですが、、。
要はお客様がどちらを選ぶかですね。

車の方はパテ研ぎ完了後、サフェサーまで終えており下地は出来上がっており、この後は塗装して完成となります。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2007/05/26 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード