fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ゴルフ5 GT-I 



ゴルフ5GT-IにCOX製のボディダンパ-をフロント、リヤ1Set取り付けしました。

フロントはロアアームの間に取り付けするだけなので簡単です。写真真ん中の様に取り付けになります。
定番である下側のロアアームとの間で力が加わった時の逃げを防ぐ目的でのボディ補強であり通常は1本物のパイプですが、今回取り付けしてますCOX製はショック方式で伸び縮みするダンパー式のロッドであり商品名称もボディダンパーとなってます。でも体重を掛けてもととも固くて縮まないのでかなり張りの固さになってますが、私的には何故ダンパ-方式で作られているのかは理解出来なかったのですが、昔からフォルクスワーゲンのアフターパーツでは良い物作りをしてますCOXなので何か目的があっての商品だと思いますが。
ちなみにリヤも同様な構造で作られてます。でもダンパーその物は非常にしっかりとした商品でした。

フロントに続きリヤの取り付けですが、リヤ部はリヤバンパーホースメントの固定ボルトを室内側に出て来る様にバックパネルに穴を開けロングタイプのボルトに交換して取り付けするタイプですので、手順としてはリヤバンパーを取り外してホースメントのボルト穴開けしてロングボルトに交換して室内トランク内部からブラケットを付けCOXのダンパーを取り付けになります。
写真一番下が完成写真ですが、リヤ部は内張も穴開け加工したりと結構手間であると共にリヤバンパーを取り外したり(COXの取り付け説明書には取り外し方は書いてありません)しなければならないので専門知識がないと作業出来ない所です。
このパーツ購入を考えている方はとても個人レベルで取り付け出来る作業ではありませんので問い合わせお待ちしてます。

参考の為に取り付け作業時間はフロントに0.5h、リヤは2.5hトータル3時間です。

"

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2007/07/07 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

i-ba様 ポルシェ 911 



i-ba様ポルシェ911です。

先日こちらに来られた時にダクトを開ける位置、大きさ、数を決めて写真一番上の状態で決定して帰られてました。
その位置はあくまで打ち合わせ用の仮であり次の日、私の方で現車に左右差を揃えて実際に開ける穴の位置を正確に出すと共に形も修整して穴開けの場所を決定しました。

でも全体的に車を見ますとフロントフェンダーとリヤウイングのダクトの位置や大きさ数はいいのですが、どうもリヤバンハ゜ーのダクトの数が2個なのがどうも変であり、打ち合わせ時にも話しに出たのですが、この車はファクトリーモデルの純正ターボリヤフェンダーですので、穴の数を増やすのには純正のスチール製のリヤフェンダーに穴を開けるしか方法が無くて、どうもそれはやめておくとの事で決定した場所でしたのですが、車全体で見ますとやはり変でありその日は穴開けせずに全体写真を確認も兼ねてi-ba様にメールした所本人も同じ事を思っていたらしくて、その日は殆ど寝ずに考えた結果、純正ターボフェンダーに穴開けする事に決定してダクトを開けました。

でも、このリヤフェンダーに1個ダクトの数を増やせば良い作業ではなくて、1個増やす事により大きさや間隔等の問題により車全体的にも見た目が変わりフロント部もさらに修整しなければいけなくなりと同時に作業してました私も長時間してますと目がおかしくなるのと計算ミスによる大きさの違いなどが起きマスキングテープとボールペンとスケールも持って1日もかかってしまいとても疲れてしまいました。
最終的に開けたダクトは一番下の写真です。

その後、リヤウイングのフック、ボンピン、フェラーリのウインカーも取り付け用の穴開け終えてます。

"

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2007/07/08 Sun. 00:00    TB: 0    CM: 0

360 モデナ 



360モデナですが、全ての部品取り外し終えてますが、リヤクォーター部のガラスモールについては先日説明した取り外しが可能と説明しましたが、再度良く見た所モールはクォーターガラスに貼り付けされていてガラス一体構造になってまして取り外さないとモール単体では脱着出来ないのが解りました。私の判断ミスでした。

さらに良く見た所ルーフモールについては取り付けネジがクォ-ターガラスを取り付けする前にネジで取り付けしてありここの部分もガラスを脱着しなければ取れないのが判明したのでクォ-ターガラスを私共の所で取り外す事にして作業したのですが、接着材を切るのに使うピアノ線が通らなくて何度トライしてもダメでした。たぶんボディ側にガラスの位置出しの部がありそこが盛り上がっているのが原因だと思うのですが、、。

フェラーリ社としては再利用不可部品扱いだと思います。でも交換となると車体番号もありますので今回は取り外さずにガラスモールとルーフモールについては間を浮かして塗装する事にしました。
フロントフェンダーのエンブレムについては、かなり強力に貼り付けされてましたがどうにか取り外し出来てます。ドアの水切りモールも取れてます。最初は少々不安な部品もありましたが、全部壊さずに取り外し出来ました。

あと、このフェラーリ色替えでオールペンして色は何色にしようか検討中ですが、、。
いずれにしろフェラ-リの塗装についてはそう簡単に出来る作業ではなくて長期修理の1台になります。又作業進み次第報告します。

"

カテゴリ: フェラーリ 360モデナ

[edit]

Posted on 2007/07/09 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

i-ba様 ポルシェ 911 



ボディ本体のみですが、塗装出来てます。

先日も書いてますが、デジカメでの色の写りと現車の色とは違います。一番近い色が写真一番下で、赤とピンクとゴールドとオレンジ、バイオレットに光ってます。ポルシェの場合曲線部での色の変わり方が綺麗に出ていて、私的にはピンク色の発色がポルシェ純正色のルビーストンレッドの様で気に入ってます。

普通の人がこの塗装を見ますとどの様に塗るのかと思いますが、塗装方法は通常の3コートパールと同じやり方でまずカラーベースにレッドを塗り、その後にこの方向性によって色が変わるパールベースを塗装してその後クリヤーを塗って仕上がりになります。

ただ今回の色については低隠蔽性のレッドから始まりますので塗装回数は非常に多く1コートごとに乾燥時間を要するので、これだけ塗装するだけでも3時間程かかってますが、、。
塗装回数が増す事で肌荒れが生じやすくクリヤーでの仕上げ時に鏡面肌(塗膜表面に写るのが写真の様になります)で仕上げるのには1コートごとの塗装が非常に重要で技術も必要であると共に塗装時間も長くなりますので塗装ブースが無いと塗装面がゴミだらけになってしまいます。

ただ塗装すれば良いのでしたら時間的にも早く誰にでも簡単に出来ますが、仕上がりを重視しての塗装となりますと温風乾燥塗装ブース(塗装後に温風によって80℃の高温にて塗膜を強制乾燥させます)と外資系の塗料(クリヤーの伸び、光沢が違います)が必要です。
鈑金塗装の場合、あくまで手作業であると共に設備がないと絶対的な仕上がりは出来ませんので、どこのボティショップで修理しても同じでなく工場選びは重要ですよ。
引き続き残りのパーツ塗装します。

"

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2007/07/10 Tue. 00:00    TB: 0    CM: 0

ローバー ミニ 



ミニ専門店キングスロード福井様からの修理依頼分です。

昭和59年式のローバーミニですが、リヤフロアパンが写真の様に左右が腐って穴が開いております。
左側については燃料タンクに隠れており、ほとんど見えないのですが、右側に腐りが生じている場合は確実に左側燃料タンク下は腐って穴が開いてます。
ミニの場合この部分については、リヤサブフレームを固定してますボルトがありかなり強度を要する箇所でありますが、構造上水分が溜まりやすく腐りやすい部のパネルでもありますが。でも昭和59年式と考えますとこの状態は良い方かもしれません。何分23年前の車ですから、、。

昨年12月にも同様のミニのフロア修理を紹介してますが、今回も腐ってます部分を切り取って新たに鋼板で製作する修理方法になりますが、左右共過去に鋼板を切り接ぎして修理した跡がありますので、その部分のパテを取りフロアパンの色を剥いで腐り具合を見て最終的にどう修理するかの判断になりますが。
いずれにしろかなり腐っているのは間違いなくてかなり手間を要する作業になりそうです。

今回、フロアの腐り修理と同時にテールランプをMKIに変更するのでランプハウジングパネルをリヤクォーターに溶接で取り付けしなくてはいけないのですが、これがまた形の合わないパネルを取り付けするみたいな物で結構大変な作業でもあります。

いずれにしろ作業進み次第又報告します。

"

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2007/07/12 Thu. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード