FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

360 モデナ 



360モデナ、チャレストの純正グリル取り付け後、フロントバンパー飛び石キズ修理とフロントスポイラー修理に入ってます。
フロントバンパーの飛び石キズについては、バンパー全面キズだらけでキズの浅い物については塗膜を研ぎ落として取り、深いキズについてはパテでの修整になるのですが、何分数が多すぎてパテをバンパー全体に付けて研ぎ落とす作業になってしまいました。
フロントスポイラーも同様に飛び石キズと擦りキズによってパテを全面に付けての研ぎ作業でした。
飛び石キズとは極僅かな凹みでありますので、パテを研いで残る量も凄く少ない量であり研ぐのも結構技術を要するのですが、、。写真の様に仕上がってます。

続いてリヤバンパーですが、各部のキズ修理していて気づいたのがマフラーに一番近い部分(左右共)が熱で塗料が泡がふいている(写真真ん中の黒色の点々とした所)のが解り塗料を削り落として見たところ下地にパテがしてありその下のゲルコート見たいな黒色の部分から剥がれておりファイバー本体は大丈夫でした。
バンパーの裏側にはマフラーの熱による耐熱の断熱マットが貼ってあるのですが、これだけではダメなのでしょうね。社外マフラーも原因の1つかも知れませんが、対策が必要な箇所です。

あと、この車一度も補修していないのですが360モデナのリヤバンパー下側部の入り組んだ形状の所には新車時からパテで成形された商品だと初めて知りましたが、、。
でも、過去に修理した355、アルファロメオ、ランボルギーニディアブロのファイバー製のバンパーも広範囲にパデで成形して仕上げてありましたので、芸術的デザインのイタ車の場合は普通かもしれませんね。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: フェラーリ 360モデナ

[edit]

Posted on 2007/07/28 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード