FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ステップワゴン RF1 



ステップワゴンRF1、フレーム修整終えてます。

訂正されたグローバルジグのチャートに合わせて再度ジグ固定仕直ししてからの修理してます。
ちなみに高さ違いは23ミリあったのですが、フレームの修整の場合は正常なボディ寸法の位置と違う方向に動かそうとすると車全体に歪みが生じてしまいます。元の正常な形に戻す為のフレーム修整ですと、フレームが修整されると共に周りの歪みが一緒に取れるのが骨格の修整作業になりますので、チャートの記載違いの寸法に23ミリ動かしていたら大変な状態になってしまいますね。
でも、この判断については車全体を見れば正しいかは解りますが、、、。

あと、フロントサイドメンバーの計測用ホールにジグを取り付けするのに、下側からのエンジンマウントを取り外したら、マウントのゴムに亀裂(片側は完全に切れてました)があるのが解り調べた所、左側のマウントもダメでした。
事故でも切れは生じますが、走行キロが増えてゴムの劣化がありますと、瞬間的なフレームのショックで切れてしまいます。今回の場合はこのケースだと思いますが。
エンジンマウントについては事故修理してまして以外と見落としやすい箇所でもありますが、マウントのゴムが切れてしまってもエンジンが脱落しない様に車は作られてますので安心して下さい。
たとえ切れてしまっていても、エンジンの振動が非常に多くなり異変に気づきます。

尚、作業の方は、骨格の修正後フェンダ-エプロンフロント、サイドメンバーフロントエクステンション、ラジエターコアサポートを交換して出来上がってます。

"

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2007/09/10 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

ゴルフⅤ GT-I 



7月に作業したCOXボディダンパーのブログを見てホームページから作業依頼を頂き今回は写真のGT-IにCOXボディダンパーを取り付けしました。

実はこのCOXボディダンパーについてですが、前回取り付けした時ブログでどの様な効果があるのかと疑問点を書いたのですが、お客様でR32にお乗りのT様からその点についての下記の回答を頂きました。

車は常に(走行中)振動がつきものです、たえず前後左右に伸縮しているという挙動を、最適な減衰効果によって吸収させるモノだそうです。
車のサスペンション機能には、スプリングの揺れを収束させ、縮んだスプリングの反発を穏やかに収めるショックアブソーバーが装備されていますが、ボディにはこの装備がありません。この機能こそが、ボディダンパーが担う役割ですとのメールを頂きました。T様、お忙しい所回答有り難う御座いました。

要は車とは縦方向にはショックアブソーバーがありますが、横方向には無いのでボディにショックアブソーバーを付けて最適な減衰効果を持たせる用途のパーツです。
ダンパーの取り付け位置はフロントが左右ロアアームの間で、リヤは写真一番下の赤○印のバンパーホースメントボルトをロングの物に交換して室内側(トランク内部)にダンパーを取り付けになりますので、横方向の補強ダンパーになります。後、個人的に関心のあるパーツの1つでもあるのですが、、、。

今回参考の為に取り付け後、オーナー様に試乗して頂き変化を聞いたのですが、スピードが低速の為解らないとの感想でした。オーナー様も言ってましたが、それなりの高速域での効果があるパーツだと思います。もし宜しかったら参考の為、高速域での効果の程解りましたら教えて頂けませんか。お手数でなければお願いします。
又、このパーツに関心のある方どうですか。取り付けして体感して見て下さい。工賃はゴルフⅤでしたらフロント、リヤで20000円(税別)で取り付けしますのでお待ちしてます。

"

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2007/09/12 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

360 モデナ 

オールペイントで入庫してます360モデナですが、ヘッドライト内部のハウジングがボディ同色になってますので、今回ボディの色替によりヘッドライトもボディと同色にしなければいけないのですが、ヘッドライト本体は非分解のパーツであり、同じ色のヘッドライトのパーツと部品交換するしかないのですが、新品パーツ部品代が片側ランプユニット1個36万円と非常に高価で左右交換しますと、なんと72万円にもなってしまいます。通常の国産車のパーツ代金にゼロを1個増やした部品価格で、さすが、フェラーリですね。

どうしょうかと色々考えたのですが、ヘッドライトのレンズを取れれば、塗装をする事は出来ますので今回レンズを取り外す事に決めて作業する事にしました。
国産車でもヘッドライトのレンズを取り外して内部のメッキ部分の反射部を塗装してブラックアウトしてあるのも見た事もありましたので、私もトライしました。
360のヘッドライト本体はABS(たぶん)で作られており、レンズ部分はプラスチツク製で割れにくいポリカの様になっているので、よほど変な力を加えない限り割れる心配は無いと考えて作業に取りかかったのですが、張り合わせに使ってます接着材が弾力性があるタイプで隙間からヘラ等を入れてこじっても取れなくて、結局隙間を作ってゴム状の接着材をカッターナイフで切り取るのですが、レンズ接合面の型がV型になっており、内側部分の接着材を切り離す事が出来なく、なかなか取れずあの手この手で色々な道具を使いなんとか取り外しになり悪戦苦闘状態になってしまい作業時間は片側1個で3時間もかかりとても大変な作業になってしまいました。取れない事はないのですが、張り合わせしてます部分の接着材をすべて切り離すのに1コで3時間も掛かってしまい正直疲れました。
ちなみにレンズは取りましたが、左右で6時間にもなってしまいましたが、壊れずに取り外し出来て今回は作業しましたが、壊れた時の事を考えますと確実に1つ間違えると壊れますので、この作業についての依頼は受れないと感じました、、、。

"

カテゴリ: フェラーリ 360モデナ

[edit]

Posted on 2007/09/14 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

当社のポルシェ911 



当社のポルシェ911ですが、昨日と今日2日続けて作業してます。

まず、失敗した左オーバーフェンダーを新たに又製作仕直して、写真一番上の様に仕上げています。
右側については一部形を手直しして使って作業しましたがこの部分だけで1日掛かってしまって先週作業した分をやった状態になってしまってますが、、、。

次にフロントバンパーとオ-バーフェンダーとの接合部のライン形状を合わせる為にフロントバンパーを削り落としてラインを作ってます。
写真真ん中の様にオーバーフェンダーとの形の兼ね合いがありますので、それに合わせた形状に作り直して、再度FRPを貼って仕上げてますが、フロントバンパーについては以外と簡単!Dエ

"

カテゴリ: 1992y ポルシェ911ワイド 

[edit]

Posted on 2007/09/17 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

エアバックについて 



ここ3日ばかり更新してませんでした。
お客様(I-ba様)からミクシィの友達紹介をして頂いて色々な方のブログを見てましたら、ついつい夜遅くなりブログ出来ませんでした。以前から知ってはいたのですが、友人からの紹介が無いとログイン出来ないですが、その中に私のブログを紹介している知人がいるのですが、そのページにも興味があったのですが友人のみ閲覧の為になっており見る事が出来ませんでした。
kiss me pleaseさん、毎日見に伺ってますのは私ですので友達にして下さい。名前は仕事柄のネームになってますので宜しくお願いします。

さて、ブログについてはエアバックについてです。
現在の車についてはほとんどがエアバックが付いてますが、事故時に乗員安全保護の為に瞬間的に開いて前方向に飛び出なくして乗員を守るのは良いのですが、事故修理になりますと事故による損傷部以外にこのエアバック関連の部品代金が25万~30万円程(一般的な国産車で)かかりますので、どうしてもエアバックが開いてしまうと全損になるケースが多いのが現状です。エアバック関連の商品についてはリサイクルパーツの業者も販売してくれなくて中古部品はありません。但し、ヤフオクで個人レベルでの販売は除かれるのすが、PL法で作動確認が取り無いのが原因だそうですが、、。どうしても修理金額が跳ね上がるパーツになってしまいます。

あと以外と知られてないのが、エアバックが開きますと同時に左右のシートベルトが固定されて車外に飛び出てしまうのを防ぐ構造になっているのですが、これも一度作動いてしまいますと使い捨てで部品交換になってしまうので修理金額が高騰してしまう原因ですね。ユーザーの命を守る=修理金額のユーザ゛ーへの高額負担になってますのが現状ですね。

"

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2007/09/20 Thu. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード