FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ステップワゴン RF1 



ステップワゴンRF1、フレーム修整終えてます。

訂正されたグローバルジグのチャートに合わせて再度ジグ固定仕直ししてからの修理してます。
ちなみに高さ違いは23ミリあったのですが、フレームの修整の場合は正常なボディ寸法の位置と違う方向に動かそうとすると車全体に歪みが生じてしまいます。元の正常な形に戻す為のフレーム修整ですと、フレームが修整されると共に周りの歪みが一緒に取れるのが骨格の修整作業になりますので、チャートの記載違いの寸法に23ミリ動かしていたら大変な状態になってしまいますね。
でも、この判断については車全体を見れば正しいかは解りますが、、、。

あと、フロントサイドメンバーの計測用ホールにジグを取り付けするのに、下側からのエンジンマウントを取り外したら、マウントのゴムに亀裂(片側は完全に切れてました)があるのが解り調べた所、左側のマウントもダメでした。
事故でも切れは生じますが、走行キロが増えてゴムの劣化がありますと、瞬間的なフレームのショックで切れてしまいます。今回の場合はこのケースだと思いますが。
エンジンマウントについては事故修理してまして以外と見落としやすい箇所でもありますが、マウントのゴムが切れてしまってもエンジンが脱落しない様に車は作られてますので安心して下さい。
たとえ切れてしまっていても、エンジンの振動が非常に多くなり異変に気づきます。

尚、作業の方は、骨格の修正後フェンダ-エプロンフロント、サイドメンバーフロントエクステンション、ラジエターコアサポートを交換して出来上がってます。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2007/09/10 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード