FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ローバー ミニ 



下記の続きですが、まず腐っている部分をカットして取り除くのですが、ブラケット部の所はリヤサブフレームの取り付けボルト部になるのと下側にはタイヤハウスのブラケットも付いている為にかなりの数がスポット溶接されているのですが、何分鋼板表面がサビていてスポット溶接の跡が無くて解らずスポット溶接を取るのが大変なのと、もう一つサビの鉄粉が酷く腐った部分を取り除くのに保護メガネに防塵マスクを常時使用しての作業になります。

カットしたフロアに新たに製作した鋼板をMIG溶接で接合させ仕上げて一旦取り外ししたブラケットも再度溶接します。ちなるにこのブラケットですが、ローバーでの部品図を見ますと単体でパーツ供給があるのですが、注文しても欠品パーツになっている為いつも再使用して作業してます。
これ以外に燃料タンクを固定するボルト部のブラケットも同様に再利用して溶接して取り付けするのですが、今回は腐りが酷い為にフロアのカット部が広く取り付け位置が解らなくなっている為、後で現物合わせにて取り付けになります。

リヤパネルは写真真ん中のカットパーツから使用する部分を切り取り再利用しての作業になります。
ドナーから再利用出来る様にパネルを取り外しするのですが、ミニの場合スポット溶接の間隔が細かく溶接されているので取り外すのも以外と手間が掛かるのですが、、、。
取り外ししたパネルをMIG溶接とスポット溶接にて取り付けして左側の腐り修理は出来上がりになりますが、同様に右側も腐食しているのとフロアの腐り部がまだあり引き続き日々夜作業中でありますので、作業進み次第又報告します。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2008/03/19 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

ローバー ミニ 

ローバーミニフロア腐り修理の車で先月18日分でブログで紹介してます続きの作業になります。
なかなか作業出来ずにかなり長期入庫になってしまっている1台ですが、最近夜残って日々作業してます。
作業の方は、最初にバッテリーボックスが腐りで穴が開いていたので新品パーツと交換してます。
ここの部分についてはスポット溶接をスポットカッターで穴開けして取り古いパーツを取り新しいパーツに交換して溶接するだけですので特別技術的には難しい部分ではありません。だだアンダーコートがパネル接合部に塗ってある為取れ難くそれなりの時間は掛かってしまいますが、、。
その後、腐食して穴が開いてますRrロアエプロンを取り除き(新品パーツに交換です)Rrパネルについては腐食したます部分をドナーのパネルを使い交換しますのでカットして取り外ししてます。
ミニの場合ローバー社がもう無い為、部品供給も当時のローバー社の在庫がある分のみ供給になってしまい最近ではパーツも品不足気味で欠品パーツも多くなってしまっている現状でそれを補う為にイギリス本国の社外パーツやドナーパーツを使用して外板を修理する方法が多くなってます。
こういったミニのパーツ修理等については専門知識が非常に必要となる車で専門店のみが知っている事が多いですので関心を持たれた方は元請けのキングスロード福井店さんに問い合わせして下さい。
ミニ専門店でパーツ及び知識豊富なお店ですよ。

フロアについても同様に、補強用のブラケットを一旦取り外し腐食してます部分をカットして取り除き写真一番下の様に新たに亜鉛メッキ鋼板で作って交換作業となります。

"

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2008/03/19 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード