FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ルノー ルーテシア 

ドア交換とRrフェンダーで入庫してますルーテシアですが、Rrフェンダーの凹み部については塗膜をサンダーにて削り落とした後、スタッドにて鋼板の凹み部を引き出し平面にパネルを修整してからパテにて整形して仕上げる作業なのですが、過去にも何回か説明してますが素地鋼板に直接パテをしますとワキが生じたりブリスターが発生したりする原因になります。
特に輸入車については亜鉛メッキの層が厚いので、修理後のトラブルが多い所です。

塗料各メーカーの作業マニュアルにも必ず載っているのですが、素地の金属面には専用プライマーを塗装してからその上にパテ付けすることとされているのですが、作業者がめんどくさいとの事でほとんどの修理工場ではされていない工程ですが、、、。

作業手順としては、凹み鈑金した後塗膜をサンダーで削り塗膜のエッジを180番のペーパーでダブラクションにて研ぎ周りを240番で仕上げて周りをマスキングして、シリコンオフにて脱脂してプライマーを塗装します。写真一番上がプライマー塗装前で写真真ん中がプライマーを塗装した写真になります。
その後、加熱して強制乾燥後その上にパテを付けていく工程で作業していき仕上げていきます。

いつも思うのですが、プライマーの塗装工程については塗装して仕上げてしまえば解らなくなってしまう部分であり、時間をかけて作業していてもなかなか理解して頂けないのが下地作業ではあります。
最近流行の安く早くばかりが修理ではないと思うのですが、、、。
でも塗装においてはこの下地工程が一番重要であります。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2008/03/28 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード