fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

Frピラー修理について 

Frピラー修理についてですが、車の場合室内の乗員を守る為 ピラー関係は衝突時の入力に対してもの凄く強く作られており、各自動車メーカーも薄くて軽くて堅い鋼板として高張力鋼板を使用して強度を保つ為に複数枚補強目的でインナーパネルを組み合わせて作られてます。
写真一番上が、アウターのパネルをカットした写真でドアヒンジ周辺は3枚のインナーパネルを高張力鋼板で構成しているのですが、この高張力鋼板はハガネの様な鉄でありかなり堅くて修理に対しては適切に入力方向に力を加えないと修正は難しい所になります。
勿論骨格部のフレームも同様な高張力鋼板を使用しているのですが、内部については空洞になっている部分が多い為まだ良いのですが、Frピラーの場合はアウターパネルを取り外しても内部に何枚ものインナー鋼板がある分作業しにくいのと、ドアヒンジ取付部においてはかなりの精度で修正しないとドアが正常な位置に取付出ないと立て付け不良やドアのしまりが悪かったり、水漏れの原因になりますので、ピラーの修正は正確な作業を要します。
ドアヒンジの取付部のインナーパネルについては、交換しないで修正した方が作業的には楽なのですが、何分堅い為修正にも限度があり交換するしか無いのが現状で、交換となると新品パネルの取付位置出しが難しくどう作業しても大変な部位になってしまいます。

今回作業してますのは、インナ-パネルの潰れ方は酷くななったので、修正してアウターバネルのみをカットにて新品と交換してます。
写真真ん中がメーカーからの新品部品補給パーツであり、この車の場合ですと側面のアウターパネルが1枚で作られている為に各場所におおじてカットされたパネルがあり、今回はFrピラーの部位での供給がこのパネルになります。それをさらに使用する所をカットして交換する作業方法になり、スポット溶接とMIG溶接にて交換した完成写真が一番下です。

あと、先月企画した福井ツーリングの様子を当ホームページのイベントに写真で載せて更新してありますので、見て下さい。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2008/05/10 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード