FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

鈑金ハンマーと当て板について 



自動車の場合凹み修理に使う道具として鈑金ハンマーと当て板があり、鋼板裏面から当て板をあて表面からハンマーで叩き平らな面にする昔ながらの技法で、鈑金ハンマーについては釘を打つ大工さん等が使用するハンマーとは違い専用ハンマーになります。
通常ホームセンターで売っているハンマーはヘッドの面を見て頂きますと解るのですが、中心が丸く盛り上がった形状をしているのですが、鈑金ハンマーはヘッドの面が平らになって叩いた時に平面になるようになっており、そのヘッド部にも使用目的に合わせた作りになってます。

鈑金の場合ハンマーヘッドの面が平らになっているのは、最初に使用する粗出しに叩くのに使い、おおまなか形状になった後、ヘッドの面がヤスリ目になったのを使用して仕上げに使い平らな面を作っていきます。ヤスリ目については、鋼板を叩く事で必ず伸びが生じるので、それを防ぐ目的でギサギザになっており鋼板を叩くと共に絞り効果もありますので、絞りハンマーとも呼びます。木のハンマーについてはガスを使用して絞り時叩くハンマーになります。
当て板については金属の固まりであり、鋼板の形状に合った面を裏側から当てて使ったり、裏面から凹み部を叩いて出したりするのに使用します。
鈑金とは、裏面から形状にあった当て板を押し当てながら、表面からハンマーの平らな面を使用して叩く事で鋼板を平らにする工程で、どちらかというと叩くというより上手く当て板を当てるかがポイントになる作業であり、裏面に当て板が入るスペースがないと鈑金は出来なく、近年衝突安全ボディにより補強が増えた為に当て板が使えず鈑金出来る箇所もかなり限られてきており、最近ではハンマーで叩くよりスダットの機械を使用しての修理が多いですが、、。

最近知ったのですが、こういった時代の流れか鈑金ハンマーと当て板の販売元のTDKもなくなっていて、良い鈑金ハンマーも少なくなってきてます現状であります。ちなみに、写真に写ってますハンマーと当て板は20年以上使ってます。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2008/07/09 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード