FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

エンジンルーム内板色 

フロント部事故修理後の塗装でいつも悩むのが、エンジンルーム内板色で、国産車の場合ほとんどがボティ色違う色が塗装されてます。
各自動車メーカーエンジンルーム内塗装については、下塗り色のままが多く、塗膜についてもラッカー系の塗料で塗装されており、防錆目的の趣旨が強い塗装になってます。

昔の車ですと、ホディと同じ色で塗装されていたのですで、エンジンルーム内の塗装についてはクリヤーでのツヤ引きの加減を合わせるだけで良かったのでそれ程難しくはなかったのですが、現在の車のエンジンルーム内塗装については、下塗りの色内板色を調色して作り、塗膜のつやの引き加減を合わせて、下塗りの上にホディ色がうっすらと塗たり、センターブレース部をつや消しの黒を塗ったりと以外と手間がかかる場所となってます。

いつもこの部分の補修塗装作業をしていると思うのですが、この内板色についてはスタンドックスからの配合データーがないので、すべてこちらでの調色作業となるのですが、この調色に要してまう時間を考えますと配合データーを出して欲しいと思う所です。
昔は一部内板色として配合データーがあったのですが、実際の所メーカーも下塗り塗料として使用している部分でもあるので、色についてはロッド単位で見ますとばらつきがある色となっている為にデーターとしての管理は出来ない部分になってしまう所になり難しいのかもしれませんが、、。

写真に写ってますのは、ラジエターサイドサポート新品部品に交換後の補修塗装で、この部分だけでも下塗りのグレー色、ボディ色のシルバー、つや消しブラックの3色塗りの工程になってます。
最終的に部品を組み上げていきますと、塗装の見える箇所については、少しになってしまうのと外側からは見えない所であるのですが、補修塗装しにくい部分です。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2009/02/13 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード