FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

ポルシェ911エンジンパーツ 



ポルシェ911のエンジンパーツですが、ファンとタペットカバーにおいては過去に塗装歴がありグレー色に塗装されており、この色が剥がれが生じていたと、エンジン周りに付くプレート類は艶消し黒色も同様にすべて塗膜が剥がれがあった為、すべてのパーツを剥離剤にて旧塗膜を剥離する事にしました。

塗膜の剥離工程は、剥離する塗膜の上にゼリー状の剥離剤(化学薬品です)をハケで塗り作業時の気温にもよりますが、5分程時間が経過しますと写真の様に塗膜が縮れ模様になって浮き上がって来ます。

化学の力で塗膜を溶かし除去する方法と言った方が、適切な作業かもしれません。
但し、剥離剤を使用出来ますのは金属のみで、プラスチック類においては素材を溶かしてしまいますので使用出来ません。

ただ、剥離剤を使用すれば何でも塗膜が剥離出来る訳でもなく、塗装されてます塗料によっては何回剥離剤を塗っても旧塗膜が反応せず取れない場合もあり、今回もタペットカバーにおいては、下地に黒色のプライマーの様な物が塗装されてます部分が、何回剥離剤を塗ってもまったく反応せず旧塗膜除去出来ませんでした。

タペットカバーにおいては何故か裏面まで塗装されており塗料が浮き上がって剥がれてもいたので、剥離作業を裏面までしなくてはいけないのですが、作業的には剥離剤でも反応してくれないので作業の手間を考えますと、中古品と交換した方が良いのでタペットカバーは4枚交換する事にしました。

剥離後は、剥離剤は水性の為隅々まで水洗いにての洗浄で、写真一番下が今回剥離したパーツで、次はサビ落とし作業工程になります。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2009/06/01 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード