fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ST202セリカ ガルウイング取り付け 



シビック用のガルウイングキットでの仮合わせ後、ピラー側については溶接にて一部位置固定用として作業しています。

作業前にオーナーからも聞いていたのですが、このガルウィングのキットのベース部の鉄板の厚みが10㎜程もある為。ヒンジ固定位置でのボルト締めでは完全に固定する事が出来ない為、使用していますと位置がずれてしまう事が多いとの事で、固定ボルトも含めピラーと溶接止めして固定で作業してます。

ガルウイングキット取り付け後、次にドア側に入ってます配線も上方向へ動く量が多くなるので延長加工も同時に行ってから、各パーツを汲み上げて完成になってます。

作業時には、このキツトをどう付けるかで頭の中いっぱいでしたが、完成後車全体をいろんな角度から見たのですが、ガルウィングやはりインパクトかなり強い雰囲気出してます。

でも、ドアの開閉にはそれなりに構造を理解した扱い方をしないと壊れてしまう危険があるので、助手席の方の同乗時にはオーナーがドアマンに徹する事も必要です。

セルフでないガソリンスタンドにでも行って、いらっしゃいませ!と言われてドアでも開けられたらこれは大変な事になりますね、、、。

車の方は昨日、ドア開閉時の取り扱い方の説明もして、納車させて頂いております。

今回の作業どうもありがとうございました。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2009/07/27 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

ST202セリカ ガルウイング配線加工 



ガルウイングによって配線延長加工した写真です。

運転席側で30本、助手席側で25本程度の配線を、1本ずつカットしてガルウイングキットに付属してます延長用の配線をハンダ付けしてから、熱収縮チューブにて保護して作業しており、写真はハンダ付けした写真になります。

熱収縮チューブにて保護処理した写真で、これだけの配線の数になりますと、カット位置についても同じ所でしますと、最後に束ねた時に一部分だけ太くなってしまいますので、カット位置を少しずつ変えながら作業しています。

最後にコルゲートチューブにて配線を保護して完成してます。

"

カテゴリ: カスタマイズ

[edit]

Posted on 2009/07/27 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード