ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

ワイドボディ製作 ポルシェ911 



FRPフェンダーをパネルボンドで貼り付け後、ボディとつなぎ目の段差をパテでの成形での作業で処理しているのですが、ポルシェの場合ボディ形状が丸みを帯びた形で、フェンダーについては逆アールの所が多くパテ研ぎにおいては研ぎ難い形状であり、通常ですとライン部のパテ研ぎが難しいのですが、フェンダーを外方向に張り出せば出すほど逆アール形状の面積は広くなるので、この逆アールのパテ研ぎにおいては、研ぎにくい所となっております。

パテ研ぎにおいては、平面ですとサンダーを使い研ぐ事も出来て作業効率も良くできるのですが、先程説明してます逆アール形状においは、サンダー等の機械を使ってのパテ研ぎは出来ない所の部分であり、すべて手研ぎでありますので、いかに上手くボディ形状に合ったパテを付けれるでかなり変わりますので、パテを研ぐというよりゴムべらを使い丸み形状にパテを付けれるかであるのですが、、、。

製作したパーツとボディとのクリアランスを確認する為に一旦パーツを車側に仮組みして各部のスキを見ながらのパテ研ぎでもあり、写真真ん中のようにして全体を見ながらの作業してます。

各部の確認終えた所で、ドア等のパーツは取り外ししてさらに細かい部分を修正して全体をサフェサーを塗装する為に写真一番下のようにペーパーをあてて、パテ研ぎ完了となっております。

しかしこうして見ますと、工場の床も含め車全体パテのホコリで見事に白くなって汚れてますね、、。

室内には入り込まないようにはしているのですが、ここまで来ますと、掃除もやりがいあります(笑)

"

スポンサーサイト

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2009/10/01 Thu. 00:00    TB: 0    CM: 0

水まき 



日々の業務の中でのパテとFRPの粉で、定期的に掃き掃除や工場の外にエアブローしてホコリを払ってはいたのですが、それでもかなり工場の床がホコリで白く(写真一番上)なっておりましたので床を水で洗い流しました。

仕事柄ホコリが出るので、本来ですと定期的に水で洗浄するのが理想ではあるのですが、工場が縦長の建物であり、床の高低差が酷くて至るところに水が溜まり水切りが大変なのと、移動出来ない車があったりしてなかなか水で洗い流す事が出来なかったのですが、FRPの粉でどうしても身体が痒いのと、ちょうどワイドボディの製作も一段落したので、半日かけて床の洗浄したのですが、洗い流す水の色が濁流化としていて、洗剤は全く使用していないのに、至る所の水溜まりには何故か泡が浮いてました(笑)

昔、独立した最初の頃は他の場所の工場で、塗装ブースもまったくなく、工場の建物の中で塗装していた時があるのですが、塗装する時には床からホコリが舞い上がるのを防ぐ目的でいつも塗装前に工場の床を水で洗い流してから塗装していた頃を何故か、水切りワイパーで水を押し出しているときに思い出して、その頃が不思議と懐かしく思えましたが、、、。

洗い流した工場の床を見てグリーン色で、忘れかけていた床の色見れると共に今までの汚さを再認識させられる床清掃でした。

"

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2009/10/03 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

ワイドボディ製作 ポルシェ911 



ワイドボディ製作のポルシェ911ですが、パテ研ぎ後すべてのパーツをサフェサー塗装して再度各パーツを一旦車に仮取付して各部のチリを最終確認した後、前後フェンダーのダクトの穴開け加工してます。

こういったダクトの穴開け加工、非常に簡単な作業に思われがちですが、実作業となりますとただ穴を開けるだけで良いのでしたらとても楽なのですが、開ける穴の位置や数、大きさを考えながらの作業となりますと何時やっても以外と難しい所です。

自分の車にも最初オーバーフェンダーに穴開け加工した時そうだったのですが、考え出すとどうゆう風にするかから始まり、各部の寸法を測りながらマスキングテープで形を作っていくのですが、ポルシェのフェンダーの場合形状が丸い所と逆アール部がある為、計測した数字を元に作っただけでは全体的に見た時のバランス形状が異なってくる為に丸み形状を考えながら修正しての開口部の位置出し作業となるので、ダクトの穴開け作業やり始めますと以外と難しくて奥深い作業だといつも感じさせられる所でもあります。

今回は、オーナーに車全体を見て頂いて形修正をして頂けたので私的には楽でしたが、その反面オーナーは目をまばたきしながら、ずっと見ていると目が変になると言いながら最後まで一緒に位置出しとして作業してました。

こういったダクトの穴開け加工については、好みもありますが、今回の作業によって後方からの姿がかなり厳つくなり、とても良くなったと穴開け作業を終えてオーナー共々満足した1日でした。

"

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2009/10/05 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

ワイドボディ製作 ポルシェ911 



ブログ更新の関係もあるのですが、納期日が近くこの車優先での作業の為、早い工程の紹介となってしまってますが、ダクト穴開け加工後、塗装工程に入りすべてのパーツ塗装終えてます。

塗装においては元色の液晶カラー(スカラービュー)での塗料で仕上げで、3コートの塗装工程での色となっており、写真一番上のような色味で、ベース色は赤色で塗り上げた後、液晶カラー(スカラービュー)のパール色を4回塗り上げた後、クリヤー塗装での仕上げで、色が変化して見えますのはパール部の発色によって見える為で、塗装としては3コートの手順になる色であります。

色々な色に変化しますマジョラー系の塗装においては、普通の方が見ますと凄く難しく思われがちな色なのですが、パール色の部分をしっかりと塗り込みをすれば、色ムラになる事も少なくて技術的にもそれ程難しい事は無いのですが、1コート塗装後の乾燥をしっかりおこなわないと艶引きの原因となる為、乾燥させながらの塗装回数が多いので塗装時間がかなりかかる為、その間のゴミの問題を考えますと、こうした塗料においては技術的な問題より塗装設備の問題の方が重要な点になってくる塗装です。

もう1点こうしたマジョラー系の塗料の場合、実際の色に近いを写真を撮るのも難しく、カメラの特性の問題も当然あり、なかなか色の表現を上手く写す事が出来ず、いつもは何枚か撮った中で良い物を使用していているのですが、今回写した中では写真一番上のリヤフェンダーの写真が、一番綺麗に撮れていて、妙な満足感ありました。

ちなみに、車高があまりにも低い為、マスキング及び塗装がし難いので、リヤ部をジャッキで上げた状態で塗装してます。

"

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2009/10/07 Wed. 00:00    TB: 0    CM: 0

ワイドボディ製作 ポルシェ911 完成 



ワイドボディ製作のポルシェ911ですが、実は11日納車予定だったのですが、出来上がるのだったら早いほうが良いと思い急遽4日に繰り上げて納車させて頂きました。

よって、先月末からはずっとこの車しか作業していなくて、ブログ更新ネタについてもこの車ばかりになってしまっていると同時に更新も実作業より遅くなってしまい、今週においてはこの車の完成を見に工場に来られた方が何人かいたのですが、納車後になってしまい現車を見られなくなってしまって、来られた方ごめんなさい。

昨年11月末に超ワイドボディを作りたいとの依頼で現車を預かり、各部の寸法取りから始めホイールの発注と同時にボディワーク作業に入り10ヶ月がかりでの完成となってます。

当初は夏頃には完成すると思い作業していたのですが、どうしても通常の仕事の合間や夜の作業となってしまいこのペースだといつ終わるか解らないので、休日においてはこの車の製作していたので、10ヶ月間ほとんど休み無しで仕事してました。

作業においては、目の前にある現状の問題点をどうするかの連続で、1箇所ずつ順番に作って行き途中失敗したりとなかなか上手く行かない事もある中、ようやく完成となり仕上がった車を見て、ボディ幅をあまり感じさせない形?でまとまっており、自分なりには満足出来てます。

長い月日、毎日こちらからメールで送る作業写真を見て、10ヶ月間だだひたすら完成を楽しみに待って頂きましたI-ba様、どうもありがとうございました。
今まで乗れなかった分、寝ないで毎日夜な夜な走って下さい(笑)

ちなみに、長期作業の為、私からI-ba様に毎日メールした作業写真は最終的にトータル2000枚以上になっておりました。
  
     ↓ ↓ 下に続く  ↓ ↓ 

"

カテゴリ: 1984y ポルシェ911

[edit]

Posted on 2009/10/10 Sat. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード