FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

空冷ビートル 



オールペンの空冷ビートル、各部品取り外し後ボディを見た所、左ドアの下部の腐りがあった以外、ボディの状態は特に腐りもなく状態は良いのですが、フロントとリヤパネルにミミズの様な細い線状での塗膜の浮き上がりが沢山出来ているのを見つけたのですが、こういったのは初期的なサビによって塗膜がブリスターになっている為で、確認の為一部の塗膜を削り落として見た所、元色のグリーン色の下からサビが発生しており、どうも素地の鋼板と新車時の下塗りの塗膜との密着があまり良く無いため、塗膜との間に湿気を持つ事によって出来たのが原因であり、特にフロントとリヤパネルにおいては全面に発生していたので、この部分においては剥離での作業として処理してます。

写真一番上が剥離剤(化学薬品です)を塗って塗膜が化学反応して浮き上がってくる様子で、何回も塗って反応させるやり方であり、写真真ん中が剥離剤にて剥離した状態で、良く見ますと至る所にサビが発生しており、パテの下からもサビがあり、水洗い後ペ-パーにて写真一番下の素地の金属状態から塗膜の状態にまでペーパーにて削り落とし素地の金属にしてから、エッチングプライマーで下処理後、サフェサーを塗装してから凹み部のパテでの面だし作業となり、これを車1台となりますと剥離作業となりますとこれは大変な作業になってきますね。

左ドアにおいては、現在も専門店にて純正VW新品パーツがストックされているようで、部品価格もそれ程高くないので新品交換となり部品待ち状態なのですが、この空冷ビートル専門店のパーツのストック量かなり豊富であり、現在でも車1台十分に作れるのには驚かせられましたが、、、。

引き続き作業します。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 1974y VWビートル1303S

[edit]

Posted on 2010/01/18 Mon. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード