fc2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

プラッティングシルバー 



スタンドックスのベースコート原色として、通常のメタリック粒子よりさらに細かく、光が当たると粒子がメタル状に独特の輝きをする特殊原色扱いのプラッティングシルバーがあり、現行GT-Rとレクサスの一部のシルバーに採用されてます色に対応の原色なのですが、この特殊原色のシルバー、細かいペーパーキズがこのシルバーベースコート下部ではキズが浮き上がって見えてしまい、どの塗料メーカーも補修としては現行GT-Rとレクサス共に現時点では対応出来ていないそうで、この業界では問題の塗料原色なのですが、塗料販売店さんから少量テスト用として頂いたので、使って見ました。

何に塗装しようかと思っていた所に、空冷ビートルのサイドブレーキ(金属製)が表面錆びていて見た目的に汚かったので、オーナーからテスト用として部品提供して頂き、黒色ベースで光が当たると鈍くメッキの様に光らないかと思い、011の2Kブラックで下色塗装後、3000番でペーパーがけ後このプラッティングシルバーを200%シンナー希釈でドライにて薄膜での塗装で仕上げたのが写真一番上なのですが、確かに光が当たると独特のメタル調の光での発色でなったのですが、プラッティングシルバーを塗る量の関係か光が当たらない時の色がブラックが若干グレーぽっくはなってしまったのですが、オーナーはもっさかっこええ!!と何語が解らない言葉(笑)で非常に喜んでは頂けたのですが、3000番のペーパー目がプラッティングシルバーの薄膜ではっきりと浮き上って見えたのもあり、ベースコートの571で塗装したらどうなのかと思って、自分のポルシェのデフロスターの所のプラスチック製のバネルを使い、プラッティングシルバーもかなりの薄膜での塗装した所、光が当たるとガンメタぽい色での独特の光で仕上がったのですが、個人的には手間暇かけて塗装した割には通常のシルバーメタの粒子とあまり 代わり映えないように思えた原色でありました。

"

スポンサーサイト



カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2010/03/05 Fri. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード