FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

Z432 アルミホイール修理 塗装 

Z432

Z432の純正アルミホイールの修理塗装、
まずは艶消しブラックに塗装されてます塗膜の辞去から

科学の力、剥離剤による作業も考えたのだが、
塗膜の密着を考えますと、古い車のホイールとはいえ
しっかりと密着していたのを見ますと、
自動車メーカーがした塗膜を使っての再塗装が一番との判断での作業を考えて、
ラッカーシンナーをウエスに含ませて拭いた所、
溶けて取れてきたので、これで作業する事に
艶消しの黒色はラッカー系の塗料で塗装されている様で、
シンナーで取れるのは取れるのだが、
リム以外は絞り模様の凹凸柄で、そう簡単に取れず、
1本の色を取るのに1時間もかかるはめに、、、

dc100735.jpg

それでも、絞り模様の凹凸柄のくほみ部分は綺麗に取れない、、。

いくら日々の作業で有機溶剤を使っているとはいえ4本で、
トータル4時間もこの作業していたら、シンナーの臭いで
悪い頭がさらに悪くなってしまう酷い程で、
何か良い方法がないかと考えた所
ブリキ製のタライの中にシンナーを入れて
そこにアルミホイールをどぶ浸けする方法で作業決行

dc102001.jpg

購入してきた商品、トタンタライ
16インチぐらいまで対応かな?

dc100737.jpg

10秒程シンナーの入ったタライに浸けてアルミホイ-ルを取り出して見たら
上手い具合に艶消しの黒色だけが、溶けて浮き上がり
ナイロン系のブラシで擦り落としたら、意外と簡単に取ることに成功

dc100741.jpg

ちなみに、どぶ浸けに使用したラッカーシンナーは、真っ黒でした、、、

dc100743.jpg

再塗装されていた、艶消し黒の塗膜を取り終えた状態
4本共、新車時の純正色のガンメタの色が出て来ました。

dc100802.jpg

ここから、リム部のガリ傷の修理となるのですが、
シンナーへのドブ浸けの工程
旧塗膜の状況判断で、一歩間違えると大変な事になりますので
良い子は真似しないで下さい(笑)

また、作業進み次第報告します。
スポンサーサイト



カテゴリ: アルミホイール塗装

[edit]

Posted on 2010/10/19 Tue. 22:46    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード