FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

ポルシェ911 タルガ 

各部の飛び石キズ修理を終えた、ポルシェ911タルガ
dc112703.jpg

サフェサー部を塗装すると、左右リヤフェンダーと
リヤエンジンフードが残るのですが、ここにも過去の修理の不具合箇所や
細かいキズ等がある為、一緒に修理しようとなり、オールペイントとなりました。

こういった作業、費用的にも何回にも分けての作業より
一緒にすべてを修理した方が仕上がりも良く、
こうしたボディワークは、どうせするなら1回の作業で、
綺麗に仕上げた方がベストです。

オールペイントの為、引き続き部品の取り外し作業。
特に問題も無く部品外し作業して来たのですが、
リヤウインドガラスの脱着にあたり、
黒色部分のパネルを取り外ししようとするのだが、
どうしても取れない、、、。
dc120787.jpg

ウエザーストリップ裏にある細かい数のビスは全部取り外ししたのだが、
まったく動かない、、、。

接着式で固定されているのかとも考えたのだが、
トップの部分プラスチックのヘラを入れて動かすと
そうでもなさそう???。

最終手段で、部品構成の展開図を見たら、
リヤフェンダーの裏から、片側2箇所ずつ
ナットで固定されているのが解ったのだが、
964の場合、左側はキャニスター、右側はオイルタンクがあり。
dc1207108.jpg
dc1207112.jpg

左側のキャニスターの取り外しは楽なのだが、
右側のオイルタンクについてはまずは、オイルの取り出しから始まり
dc1207120.jpg

オイルタンク取り外しして
dc1207122.jpg

リヤフェンダー裏側から確認したら、6㎜の固定ナット2箇所
確かにありました。
dc1207126.jpg

しかし、どう考えても不合理な構造でありますが、
これを見た時、実にこれぞスーパーカーと感じました(笑)

ここの部分の固定箇所を取り外ししたら、やっと取れたパネル。
dc1207134.jpg
dc1207146.jpg

タルガのエンブレムもこのパネルの裏側から
固定ナットで取り付けされてました。
dc1207151.jpg
dc1207148.jpg

これが取れれば、あとはいつものガラス屋さんとのコンビで、取り外し完了。
dc1207164.jpg

これで、すべての部品全バラ完了です。
dc121003.jpg
dc121001.jpg

最後に、お手伝いして頂いた、叩きのこうちゃんの手袋
dc120704.jpg

いい仕事してくれました(笑)
ありがとぅー。

スポンサーサイト



カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2010/12/10 Fri. 22:56    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード