FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

オールペイントのポルシェ911 タルガ 

オールペイントのポルシェ911タルガ、塗装にあたりウエザーストリップの
取り外しをするのだが、空冷ボルシェの場合こうしたゴムの固定は、
すべて接着剤による貼り付け方法。
dc111820.jpg
dc111819.jpg

ウエザーストリップの取り外ししますと、ボディ側には
接着剤の跡が盛り沢山状態、、。
dc112429.jpg
dc111830.jpg

めんどくさいとの理由で、そのまま接着剤を取らずにその上から
塗装してしまう事が多い所なのだが、取らないと新しいゴムとの
接着の問題もあるので、こうした接着剤のノリ跡、
塗装するのには除去しなくてきいけないのだが、
なかなか簡単には取れなくて手間暇かけて取る作業の1つ。

ちなみに、取り外したウエザーストリップは再利用出来ない為、破棄。
しかし、いつも思うのだが、こうしたウエザーストリップの部品代高いです。
dc111831.jpg

接着剤のノリ跡の辞去については、なるべく塗装面にキズを付けなくて
取るのがベストなので、シンナーで溶かし混んで取る方法でするのだが、
なかなか簡単には取れない所で、寒い時期は冷たいシンナ-を使って
根気よくの作業大変です。
dc112433.jpg

時間をかけて少しずつ取り除く作業です。
dc112435.jpg
dc112446.jpg

部品を組み上げてしまえば、見えないところでも、
こんな調子で、車1台分の接着剤のノリ跡取り除いて、作業してます。
dc1203101.jpg
dc121412.jpg

続いて、ウインドガラスウエザーストリップに流し込んである接着剤。
これも、ガラスを取り外ししますとボディ側に大量に残ります。
dc120353.jpg

ここは、シリコン系の接着剤の為、シンナー等の溶剤で溶かしての辞去は
出来ないので、スクレパーを使っての取り除き作業となります。
dc120360.jpg

こうした所も、簡単に取れる物ではなく、なるべくボディ側にキズを付けないように
取り除くとなると、かなり作業時間掛かります。
dc120372.jpg

通常こうしたガラス関係の接着剤のノリ跡の辞去作業は、
ガラス屋さんの方での作業なのですが、
ガラス屋さんですと、接着剤を取り除く事しか考えない作業の為、
金属製のスクレパーでキズだらけにしてしまうので、
ガラス関連のこうした作業、こちらで作業してます。
dc120370.jpg

ちなみに、ガラス交換によるこうしたスクレパーによるキズが付いたままで、
ガラス屋さんは、またガラスをはめてしまうので、金属の地肌キズの所から
サビの原因にもなる事が多い所でもありますので、ご注意下さい。

あと、タルガトップの為、リヤウインドガラスにおいては
トップパネルを取り外す必要上、ウェザーストリップの取り外しが
必要だったのだが、このトップパネルには、たっぷりと
接着剤のノリ跡が、、、。
dc1207104.jpg
dc120903.jpg
dc120901.jpg

まずは、ボディ側については、シンナーによる溶剤での溶かしこんでの
辞去方法での、取り除き完了。
dc120807.jpg
dc120815.jpg

トップパネルについては、接着剤が取り除いたら、かなりのキズが
付いてしまったので、再塗装の手順として、取り除いたあと
dc120920.jpg

サンディング
dc120930.jpg

素地の金属部分に、エッチングプライマー塗装。
dc120936.jpg

続いて、サフェサー塗装で下地完成。
dc120939.jpg

接着剤のノリ跡の除去方法しての説明が、
かなり長い説明となってしまいましたが、
塗装とは、こうした見えない部分を含め
下地にかなりの時間を要します工程であります。
スポンサーサイト



カテゴリ: 1990y ポルシェ911 タルガ

[edit]

Posted on 2010/12/18 Sat. 21:55    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード