FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

年明けとても寒い日々 

昨日と今日の気温、最低気温0℃最高気温2℃
ほんんど日中気温が上がらない為、とても寒い日々。
dc010727_20110107205955.jpg

今日の朝は、路面に積もった雪が凍結していて、ツルツル状態。
dc010715.jpg

車のガラスも凍結
dc010708.jpg

とても寒い朝だった福井市内だった。

日中は寒さ対策のため、シャッター閉じたままでの営業
工場内では、こいつがいつも足下に置いての作業。
dc010761.jpg
いつも冬場のお友達。
顔にジェットボイラーの温風当てていると
100%眠たくなるアイテムでもあるのだが、、、。

ジェットボイラーのバーナー部の様子
dc010758.jpg
灯油のタンク容量は8リットル、1時間で1リットルの灯油を使用するので
8時間勤務使用のジェットボイラー君です。

最後に、御用の方は工場の出入り口はシャッター横のドアからどうぞ。
dc010725.jpg

寒くても、日々営業しておりますので、お待ちしております。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2011/01/07 Fri. 21:20    TB: 0    CM: 0

メーター照明バルブ交換 

友達から嫁さんのラウムのメーター照明バルブが
切れたとの事で、バルブ交換の依頼。

新品バルブを用意して車からメーターAssyを取り外しして
dc010805.jpg

裏側を見ると、こんな感じ。
dc010808.jpg
dc010809.jpg

2階建ての建物のような構造で、
どう見ても切れているバルブを取り外しするのには
上の部分を取り外さないと、交換作業出来ないよう。
dc010813.jpg

昔から、何故か電気には弱い上、こうしたプリント基板見ると妙に緊張する。
慎重に部品取り外ししたら、やっと見えた照明のバルブ。
ちなみに、緑色所が照明となっています。
dc010816.jpg
dc010820.jpg

切れてますバルブを交換して、元に戻して早速点灯確認したら、
dc010802.jpg
交換した所の照明は明るくて、交換しない所については薄暗く見える。
これでは、明るさが不揃いで、交換しなかったバルブ元気がない状態、、。

そこで追加で残りのバルブ7個部品追加注文へ。
dc010844.jpg

ちなみに、部品金額は1コ200円でした。
dc010855.jpg
交換後は、均一な明るさで照らしてくれました。

作業を終えた感想。
どうしても新品のバルブと古いバルブとは明るさがかわる為
部品金額を考えても、こうした作業は、全部一緒に交換が基本かも。
今回2回も取り外しして、そう思った作業でした。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2011/01/08 Sat. 21:50    TB: 0    CM: 0

セドリック 430 

今日は塗装の状態を見て欲しいとの依頼で、石川県へ。

車は昭和57年式、セドリック430 プロアム
dc011021_convert_20110110203622.jpg

オーナーは、私と同じ昭和40年生まれの方で
話を聞けば、若かった頃憧れの車で、当時は高くて購入出来なかったのだが、
どうしても欲しいとの事で、5年間
ビッグバンパーの後期型ブロアムを、探し続けてやっと見つけた1台との事。

私自身も記憶にあるのだが、当時この車が販売されていた頃は、
3ナンバーの自動車税が確か88000円と、とても高額な金額だった為
お金持ちの方しか購入出来なかった車だった高級車。

当時、5ナンバーの430はメッキバンパーだった為
ウレタンバンパーに交換して3ナンバー仕様にした時代でもあった程。

dc011011_convert_20110110203220.jpg

昨日工場に相談にこられた時に、車の状態については写真で見せて頂いていたのだが、
現物は私が思っていたよりかなり状態は良く
オーナーも一番気にしていた所なのですが、間違いなく現在残ってます
430の中ではかなりの上物です。

当時のボンネットマーク
dc011013_convert_20110110203318.jpg

ホイールキャップ
dc011015_convert_20110110203402.jpg

エンブレム
dc011017_convert_20110110203530.jpg

オーナー自身が、購入後手間暇かけて磨き上げた物で
綺麗に光輝いてました。

記録簿がないので確かではないそうなのですが、走行キロも
dc011024_convert_20110110203712.jpg

最終仕上げとして、ボディのオールペイントで
来月末頃引き取りに行かせていただく事で
作業依頼お引き受けしました。
本日は、どうもありがとうございました。

また、工場の方に入庫して作業始めましたら、
ご報告させて頂きます。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2011/01/10 Mon. 21:29    TB: 0    CM: 0

アルファロメオ 156 

各部キズ修理での入庫のアルファロメオ156
まずは、各部品の脱着から。

いつも作業すると思うのだが、アルファロメオの場合
フェンダーライナーを取り外ししないと、フロントバンパーが
取り外し出来ない構造なのだが、このフェンダーライナーがなかなか取れない、、。
今ではリフトがあるので随分楽なのだが、昔だったらもう大変な所。
dc010511.jpg

部品取り外し終えたあと、各部のチェック。
dc010745.jpg

フロント周りに飛び石によるキズ多数あり。
dc010751.jpg

こうしたキズ修理作業方法は色々あるのだが、
出来れば素地の金属地肌を出さずに修理するのが良い所。

今回のこの156の場合だと、新車時の塗膜状態であったのと、
キズの部分を研いでいくと、下塗り部分もしくはプライマーの所までの
キズの深さであった為、新車時のプライマーを生かした工程で作業として
キズの部分をすべて手研ぎにてキズ1コ1コを研いで行く方法での作業。
業界用語で寸留め。
dc010769.jpg
dc010784.jpg
dc010770.jpg
dc010776.jpg

真ん中部分にある黄色い部分が、メーカーにて作業されたプライマー塗装部分。
私的には、各自動車メーカーがされた下処理(プライマー)が1番良いと思うので、
出来れば残しての作業がベストと考えている所。
ちなみに、この黄色いプライマー部分を削り落とししますと
素地の金属になります。
dc010783.jpg

続いてフロントバンパー。
dc010738.jpg

ボンネット同様にキズ多数あり。
dc010741.jpg

バンパーについては、プラスチック製の為それ程下処理にこだわる事は
無い部分であるので、ダブルアクションサンダーを使い、キズの部分を研いで
バンパーパテにて修理。
dc010763.jpg

続きの作業工程は後日で。

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2011/01/11 Tue. 22:27    TB: 0    CM: 0

セキュリティ 

最近修理入庫で多いのが、後付け外品のセキュリティ。
dc011224.jpg


盗難から車を守るのには、優れものなのだが
修理での預かり車両となりますと、微電流が常時流れているため
長期の場合バッテリーが上がりやすくなる代物。

当然セキュリティについては解除して頂いて車をお預かりするのだが、
バッテリーが弱いからと他の車とバッテリーを繋いだり、下手にマイナス端子を
外そう物なら、セキュリテイ側が車の緊急異常状態として
強制的に車をロックさせてしまい2度とエンジンが掛からなくなってしまう現象に、、、。

昔知らずにバッテリーを他の車と繋いだ事により、エンジン掛からなくなり
工場内を手で車を押して移動した苦い経験もある程。

これを予防する為に、入庫時には常時スナップオンのバッテリー充電器を繋いでの対処。
dc011228.jpg
dc011225.jpg

このスナップオンの充電器、これを繋いでいれば自動的に充電してくれる優れもので、
バッテリー上がりは防げるので、非常に便利でこうしたセキュリティが付いた車には
常時繋ぎぱなしでの対処で助かってます。

これは、とある親方のトランク内にあった充電器。
dc011243.jpg
今みたいに、入庫車両で重なった時、たまに使わせて頂いてます(笑)

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2011/01/12 Wed. 21:48    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード