FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

鋼板のシボリ方 

ドアも含め衝突安全ボディになってから、
裏面に当て板が入らないくて、部品交換が多いため、
最近では、あまりしない鋼板のシボリ。

金属製ハンマーと当て板を使う板金では、
理論的にもそうなのだが、金属の鋼板はすべて
伸びる傾向の作業となり、最終的には伸びた分だけ丸く膨らみ、
面としては高くなり、手で押すとペコペコと簡単に凹むようになるので、
最終的には、伸びた分だけ鋼板を絞る作業が必要になる行程。

今回作業した左リヤドアの凹み修理、
修理前の写真は撮るのを忘れてしまったのだが、
鋭角な凹み方での損傷。

利き手が右利きのため、当て板を使っての作業となると
左手の当て板をドア裏に当てなければいけないので、
ドア内張とガラスを取り外ししてからの作業で、
dc1025119.jpg
凹み部をハンマーでならし終えると、中心部に伸びが生じて
丸く膨らんでしまい、
dc102586_20111109205741.jpg
伸びた部分を、修正するためのシボリ作業に
必要なアセチレンと酸素を使い
dc1025113.jpg
バーナーで
dc1025111.jpg
dc102591.jpg
高いところを加熱して、
木ハンマーと当て板を使っての板金でのならしで
dc102598.jpg
木ハンマーにて叩き終えた後は、濡れ雑巾にて急冷させる事による
作業方法でのシボリ方。
dc102599.jpg
加熱された所は丸く焼けており
dc1025108.jpg
その中心部分については、逆にシボルことにより
低くなってますので、最終的にはハンマーにて再度
叩いての面のならしでの行程での板金作業。
dc1025127.jpg
最後は、パテ研ぎ終えて
dc1025137.jpg
面出し行程完了。

ちなみに、板金で一番難しいのがこのシボリ行程で
最初の頃は、鉄板をしぼっているのか、伸ばしているのか
上手く出来なくてすごく困ったのを思い出します、、、。
スポンサーサイト



カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2011/11/09 Wed. 21:49    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード