FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

ケンメリ エンジンルーム内作業 

ケンメリのエンジンルーム作業、塗膜の剥離をする前に、
フェンダーエプロンタイヤハウス側のアンダーコートの状態を確認。
s-コピー (1) ~ dc060101
s-コピー (1) ~ dc060104
この状態が新車時のままの状態かは判断できないのだが、
塗装されているアンダーコートは今の様なウレタン系の
弾力性のある物ではなくて、割と固い材質の材料で
スクレパーで削り落として見たら、素地金属の上から直接塗装されていて、
下の鋼板はサビが出ていた。
s-コピー (1) ~ dc060109
削り落としで簡単に取れるのだったらその方が早いのだが、
色々と作業したのだが、簡単には取れないので、
削り落としでの作業ではなく、ここも科学の力での剥離にする事に。

剥離作業の前に、残されているフロントサスペンションの取り外し。
s-コピー (1) ~ dc060302
ストラット
s-コピー (1) ~ dc060333
テンションロッド、ブラケット、エンジンメンバー、
s-コピー (1) ~ dc060308
ギヤボックス、クロスロッド類を取り外しして
s-コピー (1) ~ dc060336
これで、フロント部は何もない状態に。
s-コピー (1) ~ dc060309
s-コピー (1) ~ dc060331
s-コピー (1) ~ dc060322
s-コピー (1) ~ dc060321
ケンメリのサイドメンバー(フレーム)
s-コピー (1) ~ dc060361
s-コピー (1) ~ dc060365
タイヤハウス側からのサイドメンバー
s-コピー (1) ~ dc060359
s-コピー (1) ~ dc060360
左右共、サビによる腐食もなく、事故による修復跡もないのだが、
よく見ると、変な入力による気になるシワがあり。

まずは、クロスメンバー部と
s-コピー (1) ~ dc060343
s-コピー (1) ~ dc060348
s-コピー (1) ~ dc060349
右側サイドメンバーのギヤボックス固定ボルト中間部で
s-コピー (1) ~ dc060356
こららは、強度不足からか、経年劣化によるものによるか、
不明ではあるのだが、明らかにフレームの変形箇所。

いずれにしろ、グローバルジグを使って
骨格寸法確認とフレーム修正必要なので、
この先、ジグにての修正作業あり。

とりわけ、移動するためのフロントの簡易台車を製作して
s-コピー (1) ~ dc060379
s-コピー (1) ~ dc060383
s-コピー (1) ~ dc060389
エンジンルーム部の剥離準備まで完了。


スポンサーサイト



カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2012/06/24 Sun. 21:35    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード