FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

デアゴスティーニ トヨタ2000GT 

今日水曜日は、本屋さんにデアゴスティ-ニ 
トヨタ2000GTを取りに行く日。

さすがに最近ではレジで顔を見せれば、
黙っていても出して来てくれる2000GT。
dc071102.jpg
65号で完結なのだが、今回は30号なので
ほぼ半分購入した事になる。
dc071107_20120711210515.jpg
しかし、今回の30号の箱は今までで、一番分厚かった。

毎回、レジで箱を受け取るのだが、
ずっーと箱の大きさはA4位の大きさで同じなのだが、
毎号、箱の厚みが変わるのだが、単純な事で
箱が分厚いと何故か得した気分でうれしいもので
dc071105.jpg
逆に薄いと、これで1790円かと損した気分になる(笑)

薄い箱と比較しようと写真を撮ろうとしたら
ちょうどチャコが寝ていたので、スタンド代わりにして写真撮影。
dc071117.jpg
毎週、何の部品かなぁと思い買い揃えるのも
結構楽しいものだ。

カテゴリ: デアゴスティーニ トヨタ2000GT

[edit]

Posted on 2012/07/11 Wed. 21:25    TB: 0    CM: 0

塗装ブース 

塗装ブース内照明の蛍光灯。

何故か不思議と1本切れると、次々と切れるのだが、
今回は、2日で一気に5本切れた蛍光灯。

でも、2日で5本切れたのは、過去最大数。
s-dc062110.jpg
s-dc062114.jpg
s-dc062117.jpg
この塗装ブース専用の蛍光灯なので、
いつも塗料販売店さんの方から購入していて、
工場に予備として1本は常時置いているのだが、
今回は、まとめて5本購入~。
s-dc062121.jpg
ちなみに、まとめ買いなので少しは安くなるのかと思い聞いたのだが、
それはダメと言われた、、、、(笑)
s-dc062125.jpg
暑い中蛍光灯を交換してから、塗装したら
次は、タイベックが股の所で破れたのだが、
s-dc062119.jpg
禁断の所が風通しが非常に良くなり、塗装していても
かなり良かった(笑)

見た目的には非常に悪いけど、これもクールビズかも(笑)(笑)(笑)

これから、暑い時期の塗装は大変です、、、。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2012/07/12 Thu. 21:39    TB: 0    CM: 0

ケンメリ エンジンルーム剥離作業 

フロント部の剥離を終えたケンメリ
s-dc0610155.jpg
剥離する事により、腐食箇所も含め過去の修理状態がはっきりと
目視にて確認出来る。
s-dc061106.jpg
s-dc061108.jpg
コアサポートは交換歴ありで
右側のフェンダーエプロンは、修復歴あり。
s-dc061111.jpg
フェンダー取り付けボルト付近の形は変なのだが、
引き作業にてパネル修正はされていて、形にはなっているので
問題なさそうなのだが、修正された所は、錆び酷し。
s-dc061113.jpg
修正時にフェンダーエプロンの歪みを取る為に
絞りをした跡が裏側にはっきりとあり。
s-dc061151.jpg
s-dc061150.jpg
サイドメンバー(フレーム)は修正跡はなかった。

ブレーキオイル漏れによる為か、広範囲にうっすらとサビあり。
s-dc061119.jpg
s-dc061137.jpg
相対して反対側は、修理跡やサビもなくて状態良し。
s-dc061109.jpg
フレームも良好。
s-dc061121.jpg
s-dc061136.jpg
ダッシュパネルも良好ではあるのだが、
s-dc061110.jpg
ブレーキオイル漏れによるサビや
s-dc061134.jpg
エンジンを載せる時にミッションをぶつけた入力による変なむシワがあり。
s-dc061144.jpg
車体番号の打刻も綺麗に見えるようになった。
s-dc061127.jpg
カウルトップパネル内部は、サビ多数ありの状態。
s-dc061130.jpg
あとは、インナーパネルに腐食箇所あり。
s-dc061157.jpg
フロント部を剥離したケンメリ、色々と確認したら、
こんな状態でしたよ~ん。。。

カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2012/07/16 Mon. 21:41    TB: 0    CM: 0

暑っい日 

今日、塗装しようとブース動かしたら
s-dc071839.jpg
いきなり室内温度、39℃を表示、、、、。
s-dc071837.jpg
この温度の中でタイベック着て、マスクして、
帽子をかぶっての塗装作業なのだが、
とにかく暑い。

脱水症状にならないように、1台塗装するのに
塗装合間にお茶を飲みながら
s-dc071835.jpg
扇風機にて体を強制冷却しながらの塗装なのだが、
s-dc071840.jpg
ここまで暑いと、塗装する車体も、塗料も、スプレーガンも
天井から吹き降りてくる外気風もすべて生暖かくて、
何もかも大変な時期に入った。。。

塗装後、温風にて強制乾燥させるのだが、
乾燥終了後には暑くてとても中に入れない程なので、
扇風機にてさらに冷やしてから、マスキングの剥がし。
s-dc071848.jpg
毎年いつもこの時期思うのだが、夏ってこんなに暑かったのかと、、、。

全国各地で暑い中、みんな同じ悩みで塗装している
塗装現場の現状。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2012/07/18 Wed. 21:20    TB: 0    CM: 0

プジョー206 WRC 

オールペイント作業のプジョー206 WRC
パテを研ぎ終えて、サフェサー塗装の為、塗装ブースへ。
s-dc060610.jpg
s-dc060614.jpg
マスキングして、サフェサーを塗装。
s-dc060630.jpg
s-dc060631.jpg
s-dc060637.jpg
同様に、FRP製フロントバンパー
s-dc060641.jpg
s-dc060645.jpg
FRP製リヤバンパー
s-dc060639.jpg
s-dc060643.jpg
FRP製左右フロントフェンダー
s-dc060701.jpg
s-dc060702.jpg
s-dc060705.jpg
s-dc060704.jpg
FRP製ルーフダクトも
s-dc060722.jpg
s-dc060856_20120720211124.jpg
下地のサフェサー塗装。

続いて、新たに増やしたロールバーの下処理。

素地の金属の為、そのまま塗装したのでは、
塗膜の密着不足で剥がれの原因となるので
s-dc060713.jpg
s-dc060706.jpg
まずは、エッチングプライマーを塗装してから
s-dc060720.jpg
s-dc060718.jpg
下地のサフェサー塗装。
s-dc060725.jpg
s-dc060723.jpg
これらの作業にて、下地工程完了。

カテゴリ: プジョー206 WRC

[edit]

Posted on 2012/07/20 Fri. 21:31    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード