FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

プジョー 206 WRC 

シルバー色外装パネルの塗装を終えた、プジョー206WRC。

続いて塗装したのが、ボディ同色ペイントのロールバー。

こうした丸いパイプ、以外と塗装しにくい部品の1つでもあり、
ロールバーともなると、長い上形状も曲がっており数も多く、
塗装する為のパイプの固定も大変なもとで、
ブース内のスタンドを使って入るのも限られてしまうので、
何回かに分けてのシルバー塗装。
s-dc062026.jpg
s-dc061927_20120831211559.jpg
s-dc061925.jpg
しかも、今回のロールバー塗装は、私自身人生初
2色塗装のスペシャル仕様。

フロントの一部のパイプを、艶消しブラックへの塗装。
s-dc062326.jpg
ここもスタンドックス、スーパーマットを使っての塗装。
s-dc062323.jpg
簡易的なラッカー塗装ではないですよ。

その他にも、ボンネットのエアスクープ部
s-dc062020.jpg
s-dc062015.jpg
s-dc062022.jpg
バックドアのトリム
s-dc062017.jpg
ドアのアウターハンドルも、艶消しブラック塗装。
s-dc062019.jpg
続いて、今回新たにイギリスから個人輸入で購入した
ドアミラーとボンネットエアスクープの
s-dc062102.jpg
カーボンパネルをクリヤー塗装。
s-dc062127.jpg
s-dc062129.jpg
s-dc062132.jpg
s-dc062136.jpg
最後に、取付してあった牽引フックにサビが
発生していたので、塗装仕直し。
s-dc062149.jpg
s-dc062150.jpg
最初に旧塗膜を化学の力、剥離剤にて剥離。
s-dc062160.jpg
プライマーでの下処理をせずに、直接素地金属へ塗装してあるため
塗膜の密着不良による、サビの発生原因。
s-dc062162.jpg
剥離剤にての剥離後の状態。
s-dc062166.jpg
サビが所々にあり。
s-dc062169.jpg
素地金属を磨き上げて、
s-dc062175.jpg
エッチングプライマーにて下処理後、
s-dc062183.jpg
イ-ジーフィラーにて、サフェサー塗装。
s-dc062186.jpg
乾燥後、サンディングして上塗り塗装。
s-dc062209_20120831211847.jpg
s-dc062210.jpg
こうした、細かいパーツでも、適格な塗装作業だと
これだけの手間かかります。
s-dc062301.jpg
これで、外装パーツとロールバーの塗装完了。

この後は、室内の作り物の作業へ、、、、。
フゥ、ふぅーーーー(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: プジョー206 WRC

[edit]

Posted on 2012/08/31 Fri. 22:02    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード