FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ 

アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネの作業、
ルーフアンテナの穴埋め。
s-dc0907181_20120918213924.jpg
丸く大きさに切り取った鋼板を作るのだが、
溶接する為の隙間が重要で、隙間が少ないと
溶接時に熱による歪み生じやすく
逆に隙間が大きいと溶接がしにくいので、
こうした穴埋めの場合、隙間が重要箇所。
s-dc0907182.jpg
溶接終えてから、ベルトサンダーで削り落として、穴埋め完成。
s-dc0907189.jpg
塗膜の段差部分をサンダーで削り落として
s-dc090930.jpg
パテをする前にプライマー塗装して
s-dc090967.jpg
その上から、パテ付け。
s-dc091067.jpg
横にも小さいエクボあったので、一緒に修理して、
s-dc091069.jpg
パテ研ぎ完了。
s-dc091082.jpg
雨ジミによる塗膜の劣化もあったため、ルーフ一面をサンディングして
s-dc091091.jpg
塗装ブースに入れて、マスキング後、サフェサー塗装。
s-dc091093.jpg
s-dc091097.jpg
乾燥後、サンディングして再度塗装ブースに車を入れ、
s-dc091404.jpg
塗装のためのマスキングをするのだが、
今回の場合、モール類部品の製造廃止によって、
取り外し出来ないフロントとリヤガラスにより、
s-dc091413.jpg
s-dc091411.jpg
マスキング上困るモールのキワの部分
このまま、タダ単にマスキングテープで縁を貼って塗装すると
キワの所に塗料が貯まってしまう事により、マスキングテープを
剥がす時に、キワの所が非常に汚くなってしまうので、
モールファスナーを少しづづ浮かして隙間を作っての、マスキング。
s-dc091409.jpg
s-dc091408.jpg
ちなみに、こうしたファスナーの場合、材質が固いため
隙間にリフティングモール等を入れて隙間を作るやり方は、出来ない。
s-dc091420.jpg
いつも通りの工程で、塗装終えたあと、温風にて強制する前に
モール部分のキワのマスキングテープを剥がしてから、乾燥。
s-dc091429.jpg
理由は簡単で、塗膜が乾いてからマスキングテープを剥がそうとしても
テープキワの所が剥がれないので、生乾き状態で剥がそうとの事。
s-dc091448.jpg
s-dc091439.jpg
s-dc091436.jpg
温風にて強制終えて塗装出来た状態。
s-dc091453.jpg
s-dc091454.jpg
s-dc091472.jpg
s-dc091456.jpg
穴開けするのは簡単だけど、穴埋め修理となると
これだけの手間要しますよ~ん。

カテゴリ: アルファロメオ 75 ターボ エヴォルツィオーネ

[edit]

Posted on 2012/09/18 Tue. 22:33    TB: 0    CM: 0

デアゴスティーニ トヨタ2000GT 

今日は水曜日なので、デアゴスティーニ 
トヨタ2000GTを本屋さんにて購入。

ちょうど40号だった。
dc091905_20120919203622.jpg
65号で完結なので、残すところあと25号。
dc091902.jpg
しかし、ここまで買ってもまだドアの1枚も外板パーツが来ないのだが、
どうなっているのだろうと考えるのだが、、、。

残りの25号分、毎週買い続けます。

それと、今日ちゃこを病院へ連れて行ったら、
首周りの皮膚炎、直っているとの事で、やっとカラー取れて
自由な身になれて、ご満悦そう。
dc091907.jpg
dc091919.jpg
早く直って良かった、良かった。

カテゴリ: デアゴスティーニ トヨタ2000GT

[edit]

Posted on 2012/09/19 Wed. 20:52    TB: 0    CM: 0

フェラーリ F355 キズ修理 

フェラーリ F355
s-dc0914102.jpg
細かいキズ修理での入庫。
s-dc091498.jpg
s-dc0914117.jpg
作業範囲は、フロントガラスから前方のパネルと左右ドアミラー
s-dc091495.jpg
まずは、部品の取り外しからで、リフトで車を上げて
タイヤを取り外し
s-dc0914145.jpg
フロントバンパーの取り外し。
s-dc0914149.jpg
続いて、リトラクタブルのヘッドライトとボンネットを取り外し
s-dc091812.jpg
左右ドアミラーも取り外して
s-dc091889.jpg
最後にフロントトランクルーム内の汚れ防止の為
ビニールを貼って車側からの部品外し完了。
s-dc0918108.jpg
次に、取り外したフロントバンパーの
s-dc091821.jpg
付属部品すべて取り外し。
s-dc091823.jpg
リトラクタブルのヘッドライトもパネル単体状態まで部品外して
s-dc091851.jpg
s-dc0918101.jpg
ボンネットもエンブレムとエアスクープ部のトリムを外して
s-dc091862.jpg
s-dc0918114.jpg
最後にドアミラーも分解して
s-dc091878.jpg
修理にあたっての、部品取り外しまで完了。

しかし、こうして紹介すると、誰でも簡単に部品の取り外し
出来るよう見えますね。(笑)

この先から、修理工程となります。

カテゴリ: フェラーリ F355

[edit]

Posted on 2012/09/21 Fri. 21:59    TB: 0    CM: 0

プジョー206 WRC オールペイント 

プジョー206 WRCの上手く取り付けできない海外パーツ第2段
s-dc063041.jpg
それは、ドアミラー。
s-dc072406.jpg
クリヤー塗装を終えており、ドア側に取り付けしようとしたら、
3本ある足の部分が、ドアの中に入らない?????
s-dc072606.jpg
どうも見ていると丸い金具部分の向きに問題有るよう。
長年作業しているけど、こんなドアミラー初めて(笑)

センターパネル同様に、こんなパーツは捨てましょうと言ったのだが、
どうしても取り付けしたいとの事で、作業開始。

まずは、丸い金具をすべて取り外しして、
s-dc072410.jpg
ドア側に取付位置確認したら、
一番上1箇所を基準として、残りの2個の取り付け位置を
修整すれば何とかなりそうと思い、
s-dc072609.jpg
s-dc072611.jpg
s-dc072610.jpg
新たな位置出しをして、取付仕直し。
s-dc072703.jpg
s-dc072702.jpg
ナット留めでの取付が出来るように、特殊なボルト付けて
s-dc072711.jpg
s-dc072712.jpg
修整作業完了。。。
s-dc072709.jpg
s-dc072710.jpg
s-dc072728.jpg
でも、このドアミラーは左ハンドル車用のパーツのため、
運転席側からは見づらかったので、もっぱらイベント用の
ドアミラーかも(笑)

この車の取り付けできない海外パーツ第3段、まだあるよ~ん。。

続く、、、、、、、、。

カテゴリ: プジョー206 WRC

[edit]

Posted on 2012/09/24 Mon. 21:24    TB: 0    CM: 0

ナローポルシェ 911 オールペイント 

ドア内張の部品組み付けなのだが、
s-dc092607.jpg
RSパネルが付いていたのを、ノーマルの状態に戻すのだが、
まったく解らなかったので、部品図を使っての作業。
s-dc092612.jpg
新品部品も製造廃止部品も多く、無い物については中古品を使い
部品組み付けして、純正防水シートの貼り付け。
s-dc092614.jpg
トリム取り付けして、ボックスを取り付けした所
s-dc092243.jpg
s-dc092246.jpg
小物入れをパカパカと動かすところの
s-dc092253.jpg
s-dc092256.jpg
ボルトが不足していて、再度部品注文。
s-dc092257.jpg
これらを使い部品組み付けして、やっと完成。
s-dc092271.jpg
s-dc092262.jpg
こんな感じで、蓋が開閉。
s-dc092265.jpg
s-dc092264.jpg
40年前はこんなんだったと、感激。

さらに、当時物の純正ハンドルを
s-dc092605.jpg
取り付けしたり、
s-dc092289.jpg
リヤフードエンブレム取り付けしたりとして
s-dc092619.jpg
11ヶ月を要した作業、おおむね完成。

カテゴリ: 1971y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2012/09/26 Wed. 22:29    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード