ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ゴルフⅣ ワゴン 

USジェッタ仕様のゴルフワゴン。
s-dc082617.jpg
触媒の交換での入庫。

聞けば、この年代のゴルフ4やビートルは
全般的に触媒内部が砕ける事により異音が出るそうで、
ゴルフ5の初期型まで問題ありと事。
s-dc082710.jpg
メーカーからの対策も取れてないようで、
交換してもまた異音が出る可能性ありで、
純正部品代も高額で13万円也、、、、。

そこで、オーナーが個人輸入したインポート物の触媒との交換作業。
s-dc082722.jpg
交換手順は、フロントパイプ側のナット6個と
s-dc082715.jpg
ジョイント部のグリップを取り外しして、
s-dc082713.jpg
触媒を回せば取れます。
s-dc082739.jpg
今回、交換した車両は触媒にO2センサーが無かったので、
メクラボルトとガスケットを純正パーツを使い、穴を塞いで
s-dc082901.jpg
取付完成。
s-dc082911.jpg
s-dc082912.jpg
只今、ルート8に修理で入ってます黄色ビートルの方も
この商品どう?(笑)

宜しければ、紹介しますよ~ん。
スポンサーサイト

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2012/09/01 Sat. 20:36    TB: 0    CM: 0

ケンメリの日産純正部品 

ケンメリ購入時から、6ヶ月間で購入した新品日産純正部品の数々。
s-dc090209.jpg
長年車の修理をしているけど、車の部品は純正部品が1番。

ただ、車が古くなってくるとメーカーからの供給も無くなってきて、
部品もなかなか思うように購入できないのが現状、、、。

そんな中、ケンメリの部品図を使い、ほぼ車車1台分の部品を
大黒商会さんを通じて、日産部品での在庫確認して
有る物についてはほとんど部品購入したり、
残りはネットでの検索で購入した日産純正品。

簡単に言えば、ボルシェの部品と比べたら
断然ケンメリ部品は安いので、純正部品あれば、
必要数を簡単に言えば、大人買い状態、、、(笑)

今日、中身の確認も兼ねて購入した部品の数々を撮影。
s-dc090215.jpg
s-dc090219.jpg
s-dc090224.jpg
s-dc090229.jpg
s-dc090235.jpg
s-dc090242.jpg
s-dc090251.jpg
s-dc090259.jpg
s-dc090211.jpg
部品を見ていて懐かしかったのが、当時高校を卒業して就職したのが、
主として日産の下請け工場だったのだが、
当時よく目にしていた日産純正部品の箱のデザイン。
s-dc090272.jpg
昔は、こんな黄色いラベルに部品番号と商品名が記載されていた。
s-dc090266.jpg
s-dc090263.jpg
ちなみに、箱の中身はハザートライトスイッチ。
s-dc090277.jpg
この部品は、当時物の古い物だと思われる。

これからも根気良く、なかなか思うように部品揃わないけど、
日々純正部品を探し続けますよ~ん。

それと、ケンメリの純正部品お持ちの方、
お譲りして頂けるのであれば、ご一報お待ちしております。

カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2012/09/02 Sun. 21:11    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 GT-3 

ド派手なポルシェ911(997)GT-3
s-コピー (1) ~ dc082229
サーキットメイン車両。
s-dc082228.jpg
まずは、後期型RS用の純正カナードが両面テープで、
貼り付けにて取付されているのだが、
s-dc082247.jpg
s-dc082251.jpg
バンパーの形状違いにより、バンパーとカナードとの隙間が
生じていたので、取付の仕直しから。

バンパーから、カナードを取り外しして
s-dc0822130.jpg
取り付け位置を確認した所、今付いている場所が
一番隙間が少なく、形状に合っていたので
両面テープから、ボルトとナットでの固定方法に変更しようと思い、
フロント側のライナーを取り外しして見てみたら
バンパー裏面にはまったく手が入るスペースがない、、、。
s-dc082295.jpg
これでは作業出来ないので、フロントバンパーを取り外して、
s-コピー (1) ~ dc082359
ボルトナットと両面テープにて取付。
s-dc082387.jpg
4ミリの特殊形状ボルトと緩み止め付きナットを使用して固定。
s-dc082375.jpg
s-dc082377.jpg
s-dc082368.jpg
s-dc082370.jpg
s-dc082381.jpg
バンパーを車両側に取り付けして
s-コピー (1) ~ dc082601
次に、後期型RS用の純正フェンダートリムを取付。
s-dc082626.jpg
一見、簡単に取付出来そうに思えるのだが、
これもフェンダー形状の違いがあるか、
色々と位置関係確認すると、合いそうで合わない、、、。

トリム側の段差部分を削り落としながら、フェンダーに仮合わせして
隙間を確認しながら作業、単純に見えて結構頭使いながら根気な作業のもと
位置合わせ完了。
s-dc082622.jpg
s-dc082611.jpg
ボディ色に塗装して
s-dc082811.jpg
s-dc082813.jpg
s-dc082808.jpg
s-dc082809.jpg
s-dc082810.jpg
乾燥後取付で、固定方法は両面テープでの貼り付けなのだが、
こうした両面テープでの取付、貼り付けしていく位置の順番を
考えながら貼っていかないと、なかなか上手く取付場所に貼っていけなくて
一発勝負的な作業。

こうした貼り付け作業、結構経験いる所かも。

簡単に言えば、今まで結構失敗して学んだ、自分の中での経験。

時には、自分で言うのも何だけど、かなりいい加減な経験ですが、、、(笑)

ちなみに、今回は予定通りの隙間で綺麗に、仕上がったよーん。
s-dc082914.jpg
s-dc082916.jpg
s-dc082925.jpg
s-dc082926.jpg
s-dc082928.jpg
s-dc082929.jpg
これで、カナードとフェンダートリムの純正パーツ取付完成。
s-コピー (1) ~ dc083116
s-dc082942.jpg
s-dc083146.jpg
ちなみに、この車、今週末9日(日)ラグーナである
ポルシェのイベントRPM
行かれますので、現車を目にされた方、
大技小技たっぷりのこの車見てね。

北陸にも熱い方、居まっせ~。

カテゴリ: ポルシェ関連の作業

[edit]

Posted on 2012/09/03 Mon. 21:44    TB: 0    CM: 0

ポルシェ同様に凄い積載車 

昨日紹介したポルシェ911GT-3
s-コピー (1) ~ dc083116
車の引き取りは、この車専用の積載車で、、。
s-dc090104.jpg
いつもは、ポルシェを走らす為に、サーキットとの移動専用車。
s-dc090101.jpg
s-dc090108.jpg
s-dc090121.jpg
この積載車、日野4㌧車で、エアロハイルーフのキャビン
メッキパーツ沢山のポルシェロゴ入り仕様。
s-dc090113.jpg
驚きなのが、テスタロッサのサイドエアダクトを
イメージして作られたサイドパネル。
s-dc090110.jpg
ベース車両を新車購入してから
すべて、特注で製作したオリジナル仕様だとの事。

実に、すべてがカッコ良い積載車。

鳥居部分も鏡面のステンレス仕様で、車両積み込み時に
自車が写る用に鏡目的での作りも驚き。
s-dc090106.jpg
ちなみに、オーナーは車屋さんではないっすよ~。。。。

いや、どこの車屋の積載車より凄くて、綺麗だった。
s-dc090116.jpg
おいらも、こんな4㌧車マジで欲しぃ~す(笑)(笑)(笑)

しかし、この積載車には、あっはれでした、、、。

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2012/09/04 Tue. 21:43    TB: 0    CM: 0

ユーノス プレッソ V6 

ルーフ修理で入庫の、ユーノス プレッソ V6
s-dc082233.jpg
s-dc082235.jpg
私的な話なのだが、実はこの車は私共のホームページを見てくれて
作業頂けた1号車で、もう、8年程前だと思うのだが、
まだブログもなく、ただ単なるホームページにしか過ぎない頃で
当時アクセス数も1日10~20だった頃に、私のホームページ見て
来て頂けたお客さんでとても懐かしく、思い出深い1台。

ルーフには、経年劣化によるクリヤーの剥がれ。
s-dc082302.jpg
抉れて、点状に剥がれあり。
s-dc082311.jpg
まずは、作業上邪魔になる、フロントガラスと
s-dc082313.jpg
ルーフサイドモールの取り外しで、
ルーフサイドモールは取り外し時に曲がってしまい再利用不可。
s-dc082315.jpg
作業的には、問題点となっているクリヤー層を
取り除かなければいけなく、今回はサンディングによる
削り落としでの作業選択で、サンダーを使って
s-dc082318.jpg
さたすら、均等に旧塗膜をサンダーにての研ぎ落としなのだが、
均等に研ぎ落とすには、経験と根気勝負かも。
s-dc082320.jpg
この部分が、新車時のカラーベース層。
s-dc082324.jpg
さらに、研ぎ落として、新車時の下地まで均等に研ぎ落とし。
s-dc082325.jpg
ちなみに、適当な研ぎ落としだと、こうして均等な塗膜で残らず、
最終的に上塗り後の仕上がりも凸凹面になってしまう所。

続いて凹み部をパテにて修整して
s-dc082328.jpg
s-dc082331.jpg
s-dc082334.jpg
塗装ブースに車を入れて、マスキング後、
s-dc082344.jpg
下地のサフェサー塗装。
s-dc082350.jpg
s-dc0823100.jpg
サフェサー乾燥後、サンディングして塗装ブースに入れ、マスキング後
s-dc082709.jpg
上塗り塗装。
s-dc082760.jpg
s-dc082762.jpg
ルーフサイドモールも同色の物は廃盤扱いだったので、
赤色の部品を使い、
s-dc082706.jpg
ルーフと一緒に塗装。
s-dc082755.jpgs-dc082770.jpg
塗装乾燥後、フロントガラスを入れ、
s-dc082962.jpg
コンパウンドで磨き上げて、ルーフサイドモール取り付けして完成。
s-dc083102.jpg
これからも、大切に長く乗り続けて下さい。
s-dc083105.jpg
今回の作業依頼どうもありがとうございました。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2012/09/06 Thu. 22:20    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード