ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ケンメリの作業 

休日の作業、ケンメリはここ最近
日々の忙しさで、工場の片隅に放置状態、、、。
s-dc0303104.jpg
冬場の工場内の冷え込みも、作業を止めている
原因の1つなのだが、、。
s-dc030384.jpg
車を持ち上げているスタンドには、
今作業しているRSRのFRPフロントフェンダーがあったりして
物を置くのにも結構便利だったりして(笑)
s-dc030392.jpg
剥離したままの状態の素地金属なのだが
今のところ錆の発生もなくて大丈夫。
s-dc030389.jpg
でもそんな中、次なる作業に必要な工具を購入~。。

まずは、鋼板を伸ばしたり、縮めたり出来る
ストレッチャー、スリンカー。
s-dc0303100.jpg
つぎに、鋼板を直角に折り曲げるメタルブレーキ。

これについては購入はしたのだが、設置場所がなくて
運ばれて来た木の箱に入ったまま置いてあるのだが、
s-dc030395.jpg
中身はこんな商品。
537x600-2010102301897.jpg
こんな感じで、作業は何もしていないのだが、
最近ケンメリ用として、色々な道具を購入中。
スポンサーサイト

カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2013/03/03 Sun. 21:22    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 RSR製作 

s-dc022004.jpg
FRPフェンダーパネルの固定後、ボディ本体から
パテ工程作業しようとして、各部修理したところを
旧塗膜をサンディングして面出しして、簡単にマスキング後、
s-dc022002.jpg
s-dc022003.jpg
s-dc022001.jpg
素地金属部にプライマーを塗装。
s-dc022007.jpg
s-dc022005.jpg
s-dc022006_20130305214146.jpg
s-dc022012.jpg
s-dc022011.jpg
s-dc022010.jpg
s-dc022009_20130305214157.jpg
s-dc022008.jpg
s-dc022013.jpg
こうしてプライマーを塗装した上に、パテ付けの手順。
s-dc022023.jpg
s-dc022021_20130305214327.jpg
s-dc022018_20130305214247.jpg
s-dc022016.jpg
でも、作業していて気づいたのだが、ステップモール取付け穴。
s-dc0220107.jpg
すっかり忘れていた作業で、早速溶接して穴埋めしたのだが、
s-dc0220117.jpg
どう見てもステップに塗装されていますアンダーコートの凹凸柄。

後ろのオーバーフェンダーのところが変になってしまうので、
除去する事になり、サンダーにての削り落としの作業に。
s-dc0220132.jpg
s-dc0220124.jpg
s-dc0220135.jpg
こうしたアンダーコートはウレタンの為、削り落とすのにも結構手間ではあるのだが、
辞去しないと横方向から車を見ると、かなり変なので、ただひたすら削る事に、、、。

こんな感じで、パテ行程の前処理完了です。

カテゴリ: 1974y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2013/03/05 Tue. 22:07    TB: 0    CM: 0

三菱 アウトランダー 

右フロントドアに損傷のアウトランダー。
s-dc030909.jpg
こうした凹み、衝突安全ボディになってから、ドアビームが入っている事により
修理できる範囲も限られているので、修理か交換かは判断の難しい所の1つ。

車両保険は入ってはいたのだが、免責金額の関係上
保険は使わなかったので、修理を選択しての作業。

幸いして、ドア内張を取り外ししたらサービスホールが
良い場所に開いていたので、かなりハンマーリング出来き板金完了。

パテを付ける前に、プライマーを塗装する為マスキング後、
s-dc030914.jpg
素地金属部分にプライマーを塗装。
s-dc030920.jpg
みんな、めんどくさいとの理由で作業しないのだが、
これを塗装しないと、のちのちのトラブルの原因になるので、重要な作業。

プライマーが乾燥後、その上にパテ付けして
パテ研ぎして面だし。
s-dc030938.jpg
再度マスキングして、下地のサフェサーを塗装。
s-dc030943.jpg
サフェサー乾燥後、ドア2枚分の付属部品取り外しして、
下処理後、塗装ブース内でマスキングして
s-dc0309119.jpg
s-dc0309115.jpg
スタンドックスにて塗装。
s-dc0309135.jpg
s-dc0309138.jpg
s-dc0309139.jpg
上塗り乾燥後、軽く磨きしから、部品組み付けして完成。
s-dc0309145.jpg
こうしたドアの凹み修理、ドアビームがあるためベッコリと凹む事はないのだが、
修理となるとこのビームの位置に、かなり左右されるよ~ん。。。

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2013/03/10 Sun. 20:42    TB: 0    CM: 0

セリカ ZZT230 

カーボン製GTウイングのクリヤー塗装と取付依頼のセリカ。
s-dc031101.jpg
s-dc031108.jpg
ボルテックス社の商品なのだが、ブラケット取り付け部は
ドライカーボン製だったのは驚いた。

強度を高める目的だと思うのだが、、。
s-dc031106.jpg
こうしたカーボン商品、良い物はとても良く作られている。
s-dc031103.jpg
表面は樹脂なので、黄変を防ぐ目的でのクリヤー塗装のため
s-dc031105.jpg
ボルトで固定されているパーツをすべて取り外しして、
表面を軽くサンディングして、
s-dc031110.jpg
塗装ブース内で、両面を塗装出来るよう
スタンドに各パーツを固定。
s-dc031111.jpg
こうしたパーツの固定、スプレーガンのエアー圧で動かないようにするの
簡単そうで、実に難しく何時やっても結構知恵と手間を要す所。
s-dc031113.jpg
s-dc031112.jpg
塗装に使うクリヤーは、スタンドックスのクリスタルクリヤーで
クリヤーを塗り込む塗装方法での仕上げ。
s-dc031118.jpg
s-dc031119.jpg
s-dc031120.jpg
s-dc031123.jpg
クリヤー乾燥後、元の形に組み上げて
s-dc031125.jpg
車に仮合わせして、取付穴の位置だしをして
s-dc031126.jpg
トランク穴開け後、防錆のためプライマーを塗装してから
s-dc031127.jpg
s-dc031128.jpg
ウイング取り付けして、取付完了。
s-dc031129_20130311214808.jpg
s-dc031130.jpg
今回のカーボンクリヤー塗装と取付作業依頼
どうもありがとうございました。

カテゴリ: 塗装

[edit]

Posted on 2013/03/12 Tue. 21:37    TB: 0    CM: 0

ディアゴスティーニ トヨタ2000GT 

ディアゴスティーニ トヨタ2000GT

今日65号を購入したので、これで完結。
s-dc031306.jpg
s-dc031310_20130313213730.jpg
s-dc031309.jpg
毎週水曜日に買い続けて15ヶ月、かかった金額トータル115350円也。
s-dc031312.jpg
残すは、全員プレゼントの七宝焼のエンブレムを貰うだけ。
s-dc031318.jpg
何時作るかは解らないけど、大事に保管しておきます(笑)

カテゴリ: デアゴスティーニ トヨタ2000GT

[edit]

Posted on 2013/03/13 Wed. 21:46    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード