ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ポルシェ911 GT3 

サーキットオンリーのポルシェ911 GT3
s-dc062603_20130701221412.jpg
カップカーの牽引フックの取り付け。
s-dc062623.jpg
色々と取り付けされている写真を見ると
どうもこの辺にフックの頭が出てくる様。
s-dc062606_20130701221415.jpg
とりあえずフロントバンパー取り外して
s-dc062613_20130701221422.jpg
バンパー裏側に穴開け位置のマーキングあるのを
期待して見たのだが、
s-dc062618_20130701221454.jpg
ガーン!!

予想に反して、何も無かった、、(笑)

よって自力にて穴開け位置の場所を考えなくていけないのだが、
この穴の位置だし失敗したら、かなりのハイリスクな作業へ。。。

とりあえず、ホースメントを取り外して
s-dc062615_20130701221408.jpg
s-dc062609_20130701221418.jpg
牽引フックを取り付け固定。
s-dc062634_20130701221501.jpg
引っ張るとフックが飛び出てくる収縮式。
s-dc062636.jpg
どうしょうか、いろいろと考えて
穴開けの位置だしのマーキング。

この位置だしは、お客さんから頂いた近代兵器にてなのだが(笑)
s-dc062654.jpg
ここに穴あけして、バンパーを仮に取り付けして見たら、
s-dc062658.jpg
ドンピタ!!

さらに形に穴の形を整えて
s-dc062670.jpg
バンパー取り付けして
s-dc062696.jpg
s-dc070126.jpg
s-dc070127.jpg
無事、取り付け完了。

フックを引っ張ると、こんな感じの仕上がり。
s-dc070119.jpg
いつも遠い所、来て頂きありがとうごさいます。
スポンサーサイト

カテゴリ: ポルシェ関連の作業

[edit]

Posted on 2013/07/01 Mon. 23:16    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 アロイホイール塗装 

ポルシェ911、純正アロイホイール塗装依頼。
s-dc022757.jpg
よく見ると4本共、過去につや消し黒色部分を塗装した跡り。
s-dc022758.jpg
塗装となると、こうしたところを綺麗にしないと
仕上がりに左右されるところであるので、
辞去目的で、タライに特殊な洗浄液を入れて
ドブ付け状態での洗浄。
s-dc022762.jpg
予想通り、刷毛塗りで塗装されていたところが、
ブラシで擦ると取れてきた。
s-dc022769.jpg
s-dc022765.jpg
こんな感じで、4本洗浄を終えたホイール。
s-dc061809.jpg
取れずに残っている黒色の部分は、新品時の塗装部分。
s-dc061812_20130702211050.jpg
s-dc061815_20130702211054.jpg
これをペーパーにて足付け作業後、
s-dc061826_20130702211057.jpg
塗装ブースに4本並べて入れて、
s-dc061829.jpg
まず最初にプライマー塗装後、ホイール全面をクリヤー塗装。
s-dc061832.jpg
工場に手つかずのアロイホイールがあったので、
並べて写真撮ったら、これだけの光沢の違い。
s-dc062518.jpg

s-dc062521.jpg
クリヤー塗装乾燥後、次に艶消しブラック塗装するため、
クリヤー部分で残すところをマスキングして
s-dc062339.jpg
再度塗装ブースに4本ホイールを入れて
s-dc062350.jpg
艶消しブラックを塗装。
s-dc062353.jpg
s-dc062356.jpg
マスキングを剥がして、塗装完了。
s-dc062367.jpg
s-dc062361.jpg
クリヤー塗装のところは、下地の面修正出来ないため
そのままの状態での塗装なので、100%完璧ではないのだが、
塗装前と比べると随分良くなった、
純正アロイホイールの2色塗り塗装。

カテゴリ: アルミホイール塗装

[edit]

Posted on 2013/07/02 Tue. 21:45    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 RSR製作 

ポルシェ911 RSR製作。

続いての作業は、ロールゲージの取り付け。

このマター製のロールゲージ、
s-dc052815.jpg
s-dc052818.jpg
付いていたパットを取り外ししたところ、塗装されている黒色の状態が
良くなかったので、よく見たら簡易的なラッカー塗装だった。
s-dc060844_20130706201156.jpg
さすがアメリカと言ったところか、、(笑)

すべてのパイプに塗装されている色を
ただひたすらウエスにシンナーを含ませたウエスで拭き取り。
s-dc0608115.jpg
s-dc0608116.jpg
こうしたロールゲージのパイプは継ぎ手のない特殊鋼管なので、
通常販売されている鋼管にある、このような青色のラインはないよ。
s-dc060857_20130706201248.jpg
シンナーで塗膜の辞去後、仮合わせしたのだが、
s-dc060939.jpg
s-dc060940.jpg
取り付け固定ブラケットと隙間が生じていたので、
s-dc060917.jpg
s-dc060923.jpg
s-dc060920.jpg
リヤ側は、ポートパワーでパイプをお互いに押し広げて
s-dc061108_20130706201451.jpg
s-dc061114.jpg
MIG溶接にて取り付け固定。

フロント側は、フロアとの隙間については、隙間分をブラケットを作り
サイドシルとの隙間分はポートパワーにて押し広げて
s-dc061123.jpg
s-dc061130_20130706201539.jpg
サイドシル側を溶接にて取り付けして
s-dc061135.jpg
ロールゲージ本体部の取り付け完了。
s-dc060909.jpg
s-dc060913.jpg

カテゴリ: 1974y ポルシェ911 

[edit]

Posted on 2013/07/06 Sat. 20:46    TB: 0    CM: 0

メルセデスベンツ W219 CLS エアロ取付 

メルセデスベンツ W219 CLS
スポイラーに続いてマフラカッターの取付。
s-dc070801.jpg
純正のマフラーカッターを
s-dc070802.jpg
WALD製のマフラーカッターへ。
s-dc070805.jpg
取付はマフラーのパイプをカットしてから
WALD製のマフラーカッターを溶接にて取り付けするのだが、
問題なのはカットする長さの位置出し。

悪い頭を使って、位置出し確認してから、
s-dc070803.jpg
AMGのマフラーカッターを切断して
s-dc070806.jpg
WALD製のマフラーカッターを位置決めして
仮合わせ溶接してから
s-dc070808.jpg
バンパー取り外しして、溶接して取付。
s-dc070809.jpg
出来上がりはこんな感じ。
s-dc070817.jpg
s-dc070818.jpg
s-dc070812.jpg
続いて、フロント部にある外気温センサーを固定する
ステーをFRPにて製作して
s-dc070823.jpg
ホースメントに取付固定。
s-dc070824.jpg
あと、LEDフォグランプの配線して
s-dc070825.jpg
塗装前のすべての取付合わせ作業完了。

カテゴリ: メルセデスベンツ W219 CLS

[edit]

Posted on 2013/07/08 Mon. 22:09    TB: 0    CM: 0

VW ティグアン バックドアパネル交換 

後部に損傷のティグアン。
s-dc071001.jpg
バックドア交換での作業依頼。
s-dc071002.jpg
いつもの部品屋さんに注文すると、メーカーからは
こんな感じでの梱包で工場に届けられる新品パーツ。
s-dc071003.jpg
海外から運ばれる為か、日本車より輸入車の方が
丁寧に梱包されている感じ。

中身を取り出すとこんな状態での新品バックドアパネル。
s-dc071004.jpg
塗装手順としては、表面をサフェサーにて下地塗装後、
s-dc071010.jpg
最初にパネル裏面を塗装。
s-dc071008.jpg
VWの場合、こうした裏面の塗装新車時の塗装が、
どちらかと言うと薄膜でのクリヤーの塗り肌なので
軽くツヤが出でいる感じの仕上げ。
s-dc071009.jpg
裏面に続いて、表面の塗装、
サフェサーをサンディングして
s-dc071011.jpg
スタンドックスにて上塗り塗装。
s-dc071012.jpg
s-dc071013.jpg
塗装された新品バックドアを車側に取付して、
s-dc071005.jpg
色々な配線と付属品を古いバックドアから取り外し
新品パネル側に取付。
s-dc071006.jpg
ガラスについては、
s-dc071015.jpg
ガラス専門のお店に外注作業依頼にて、新しいパネル側に取付。
s-dc071017.jpg
最後に、両面テープで貼られているエンブレムを貼り付けして
s-dc071018.jpg
バックドアパネルの交換作業完了。
s-dc071019.jpg
こうしたバックドアパネル交換、新品パネル交換による
同時交換部品もあるのと、ガラス脱着の作業工賃も発生してくるので、
ドアとは違い、車の中では結構修理代金も要する所の1つの部位パネル交換。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2013/07/10 Wed. 21:39    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード