FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

ゴルフⅣ R32 

ステップの修理に続き、各部パーツ塗装工程だったのだが、
色々と部品取り外して見たら痛んでいたパーツもあり
海外からの取り寄せのため、保留状態だったR32。

今回塗装するパーツ、まず新品のリップスポイラー
s-dc100806.jpg
フロントバンパー、ロアグリル
s-dc100803.jpg
新品のフォグランプカバーと新品リヤワイパー一式。
s-dc100804.jpg
s-dc100805.jpg
塗装する目的は、プラスチック素地だと、白く汚れが目立つのと、
プラスチック表面が劣化して白ボケしてくるのため。

各パーツを塗装ブース入れ、色々と工夫して各パーツを固定後、
s-dc100818.jpg
プライマーにて下処理塗装後、上塗り工程。

今回塗装した色は、今修理で工場にあるゲレンデの色をチョイス。
s-dc100812.jpg
s-dc100813.jpg
s-dc100807_20131008213058c3b.jpg
s-dc100810.jpg
s-dc100816.jpg
s-dc100811.jpg
s-dc100808.jpg
s-dc100814.jpg
s-dc100815.jpg
塗装乾燥後、各パーツ組み付けして、
s-dc100822.jpg
すべての作業完成。
s-dc100825.jpg
s-dc100819.jpg
いつも遠い所来て頂き、
何かとどうもありがとうございます。

カテゴリ: ゴルフⅣ R32 ②

[edit]

Posted on 2013/10/08 Tue. 21:53    TB: 0    CM: 0

ポルシェ 純正アロイホイール塗装 

ポルシェ純正アロイホイール塗装依頼分。
dc100908.jpg
930ターボ用なのですが、ブレーキパットの粉
とかの汚れ酷かったので、
dc100909.jpg
4本とも、両面水洗いから。
dc100911.jpg
洗うだけでもかなり綺麗になった所で、
塗装の状態を確認したのだが、
過去に補修塗装歴はなく、メーカーの塗装のままだったので、
dc100910.jpg
最初にマスキングしてから、
dc100912.jpg
サンディングして
dc100913_20131009210600b34.jpg
塗装ブース内に入れ、4本スタンドの上に並べて、
dc100914.jpg
dc100915_20131009210609d87.jpg
純正色と同じ、艶消しブラックを塗装。
dc100916.jpg
こうした塗装も、簡易的な塗料ではなく
スタンドックスでの塗装仕上げだょ~ん。。
dc100917.jpg
簡易的な塗料と違い、独特な鈍い光沢の色ツヤ。
dc100918.jpg
安物塗料とは違いまっせ~(笑)
dc100919.jpg
同時にセンターキップも塗装。
dc100920.jpg
dc100921_20131009210645760.jpg
最後にマスキングを剥がして
dc100922.jpg
完成。
dc100923.jpg
アロイホイールの艶消しブラックの塗装、
こうした下地処理しなくて塗装出来る場合ですと
ホイール単体で持ち込みして頂ければ、
1本12000円(税別)で塗装出来ますので、
アロイ純正ホイール塗装の劣化されている方、
お問い合わせお待ちしております。

カテゴリ: アルミホイール塗装

[edit]

Posted on 2013/10/09 Wed. 21:34    TB: 0    CM: 0

ゲレンデバーゲン オールペイント 

長らく手つかず状態だった、ゲレンデバーゲン。
s-dc081338.jpg
作業開始していて、全バラ状態に向けて、
1個づつ部品の取り外し作業中なのだが、
見た目に反して、かなり凝った部品構成となっていて、
古き良きメルセデスっと言った作り。

配線も平型端子だったり、
s-dc100838.jpg
s-dc100843.jpg

ドアハーネスなんかは、カップラーが邪魔して
ハーネスが穴から通り出せなくて
s-dc1008145.jpg
カップラーから平型端子を取り外ししてから、取り出す作業。
s-dc1008147.jpg
バックドアなんか最悪で、配線が通っているホールの大きさが
かなり小さくて、この平型端子も邪魔になって取り出し出来ない程、、、。
s-dc101046.jpg
それと同時に困ったのが、ドア内部に流し込んである
防錆処理のワックス。
s-dc101038.jpg
各ドア、配線や固定ネジにもべっとりと付いていて、
作業していると手がネトネト状態で、独特の油の臭い、、。
s-dc100857.jpg
軍手もすぐこんな感じになる程、、、、。
s-dc101085.jpg
でも、思い返せば昔のドイツ車の作りはこれが標準だった物であり、
手作り感たっぷりで、これぞ高級外車と言った時代なのを、
思い出すのだが、、、(笑)

同時にウインドガラス類も脱着て゛、
作業はいつもお願いしているSOフイルムさん。

日本語に訳すると、そうフイルムさんで、
親方みずから取り外し作業で、
s-dc1008112.jpg
すべてのガラス取り外し完了。
s-dc1008115.jpg
s-dc1008123.jpg
s-dc1008128.jpg
ドアパネルもすべて取り外しして
s-dc1008152.jpg
s-dc101001.jpg
この状態まで、部品外し完了。
s-dc101006.jpg
s-dc101008.jpg

カテゴリ: メルセデスベンツ ゲレンデ

[edit]

Posted on 2013/10/11 Fri. 21:46    TB: 0    CM: 0

BMW E90 リヤバンパー交換 

リヤバンパーに損傷のBMW E90。
s-dc101301.jpg
たいした損傷ではないのだけど、
相手側が100%悪い事故なので、
新品バンパーへの部品交換への作業内容。
s-dc101302.jpg
一応、保険会社としては修理して欲しいとの要望はあるのだが、
こうした場合、当然皆さん新品部品への交換要望により
ほとんど修理する事のないところか、、、(笑)
s-dc101303.jpg
国産車だと、塗装済みでの部品供給が多いのだが、
輸入車の場合、塗装済みでの部品供給はどのメーカーも無しで、
どの国の部品も何故かこのサフェサー仕上げでの供給。

バンパー部品代は国産車だと塗装済みで、4~5万なのだが、
輸入車の場合塗装されていないのだが、
10~15万程度の部品代が多い。
s-dc101304.jpg
作業的には、サフェサーの面を軽くサンディグしてから
塗装ブース内で、スタンドにバンパーを固定して
s-dc101305.jpg
スタンドックスにて上塗り塗装。
s-dc101306.jpg
バンパー塗装も外板パネル同様、クリスタルクリヤーにての仕上げ。
s-dc101307.jpg
あとは、バンパーを車体側から取り外しして、
s-dc101308_2013101320102691c.jpg
塗装された新品バンパーを取り付けして完成。
s-dc101309_20131013201009064.jpg
輸入車の場合、新品バンパー交換作業ですと
新品部品の調達と、こうした塗装工程が入るので、
おおむね1週間程度、修理日数要します。

カテゴリ: 修理

[edit]

Posted on 2013/10/13 Sun. 20:41    TB: 0    CM: 0

ケンメリの作業 

日々忙しくて、手つかずだったケンメリ、
実に4ヶ月ぶりの作業。
s-dc101405_20131014194238f7b.jpg
リヤロアエプロンのインナーパネルの取り外しの続きからなのだが、
ただ単に取り外しするだけだったらすごく楽なのだが、
きれい1個づつスポット溶接を取って行かないと
取り外し時にパネルが変形してしまい、
次のパネル作り時に形の見本として使うので、
なるべく傷めないようにパネルの取り外し。
s-dc101415.jpg
どうしても、8.2ミリのスポツトカッターのキリより
スポット溶接の大きさが一回り大きいのだが、
タガネを使っての作業だとどうしても変形してしまうので、
s-dc101431.jpg
穴あけした所の周りを1ヶ所ずつ、ベルトサンダーにて削り落としながら
s-dc101435_20131014194336333.jpg
最終的には、手でパネルの取り外し。
s-dc101458.jpg
s-dc101444_20131014194425764.jpg
s-dc101449_20131014194504400.jpg
s-dc1014102.jpg
インナーパネル取り外すと、内部がさらに丸見え状態に。
s-dc101463.jpg
s-dc101466.jpg
s-dc101464.jpg
左側はフロアサイドも腐っていてボロボロ状態。
s-dc101475.jpg
右側はフロアサイドは大丈夫そう。
s-dc101476.jpg
サイドメンバー内部も大丈夫そう。
s-dc101493.jpg
s-dc101488.jpg
センター部のブラケットもインナー側は問題なし。
s-dc101498.jpg
続いて左側リヤフェンダー下部の作業。
s-dc1014107.jpg
ここの部分も腐食しているので、カットしてから
ロアパネルインナー同様にスポット溶接を取って
s-dc1014144.jpg
s-dc1014136.jpg
パネルの取り外し完了。
s-dc1014147.jpg
s-dc1014158.jpg
s-dc1014156.jpg
フロアサイドパネルは、かなり腐りあり。
s-dc1014152.jpg
トランク内部からフロアパネルをこんな感じ。
s-dc1014167.jpg
次の作業は、このフロアサイドパネルの取り外しからで、
s-dc1014163.jpg
また来週~。
s-dc1014178.jpg

カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2013/10/14 Mon. 20:28    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード