FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

ステップワゴン RF8 

最後の塗装箇所、ルーフ。
s-dc021101.jpg
本来だとフロントガラスは脱着にての塗装なのだが、
s-dc021103.jpg
良くモール部を見ると、モール際を浮かしてマスキングが
出来そうだったので、今回はこのやり方にての塗装。
s-dc021102.jpg
s-dc021104.jpg
今回はこのやり方にての塗装。

まずはサンディング後、塗装ブースに車を入れ
s-dc021105.jpg
マスキング。
s-dc021108.jpg
s-dc021109.jpg
s-dc021110.jpg
フロントガラスのモール際はこうやってのマスキング。
s-dc021107.jpg
s-dc021106.jpg
塗装においては、ハシゴに上っての塗装で、
こうしたワゴン車のルーフ塗装、かなりの重労働かも。
s-dc021111.jpg
s-dc021113.jpg
s-dc021114.jpg
s-dc021115.jpg
s-dc021112.jpg
マスキングを剥がして、塗装ブースの外へ。
s-dc021116.jpg
こんな感じでのフロントガラスモールの仕上がり。
s-dc021117.jpg
塗装時に付着する細かなホコリ等のゴミを辞去する目的での磨き行程。
s-dc021118.jpg
s-dc021119.jpg

磨き後、部品組み付けして、
s-dc021122.jpg
s-dc021123.jpg
s-dc021126.jpg
s-dc021127.jpg
納車前の洗車して、最後の完成写真撮影。
s-dc021130.jpg
s-dc021128.jpg
s-dc021129.jpg
s-dc021134.jpg
s-dc021131.jpg
s-dc021132.jpg
s-dc021133.jpg
s-dc021135.jpg
s-dc021136.jpg
車の方は、先週末納車させて頂いおり、
今回の作業依頼、どうもありがとうございました。

カテゴリ: ステップワゴン

[edit]

Posted on 2014/02/11 Tue. 21:30    TB: 0    CM: 0

ポルシェ911 カレラ4 

塗装を終えた各パーツを車側に取り付けして
s-dc021303.jpg
s-dc021302.jpg
マスキングしてから、コンパウンドでの磨き工程。
s-dc021305.jpg
s-dc021308.jpg
磨き終えたボディ~。
s-dc021306.jpg
s-dc021307.jpg
今回、エアコンのガスを134aの新ガスへの変更により、全Oリング交換作業。
s-dc021311.jpg
s-dc021309.jpg
s-dc021310.jpg
コンプレッサー側のガス注入バルブも交換。
s-dc021313.jpg
s-dc021314.jpg
各パーツ組み付け後、
s-dc021315.jpg
ガラス類を取り付けして
s-dc021316.jpg
s-dc021317.jpg
新品オイルクーラーの取付して
s-dc021319.jpg
s-dc021320.jpg
s-dc021321.jpg
s-dc021322.jpg
フロントバンパーの取付して
s-dc021323.jpg
最終調整として、アライメント調整して、
s-dc021318.jpg
すべての工程完了。
s-dc021328.jpg
1990yポルシェ911、完成写真
s-dc021329.jpg
s-dc021331.jpg
s-dc021330.jpg
s-dc021327.jpg
s-dc021326.jpg
s-dc021333.jpg
s-dc021332.jpg
s-dc021324.jpg
s-dc021334.jpg
今回の作業依頼、どうもありがとうございました。

カテゴリ: 1990y ポルシェ911 カレラ4

[edit]

Posted on 2014/02/13 Thu. 22:11    TB: 0    CM: 0

Z33 ロードスター 

骨格の修整にあたり、まずはジグにての固定からで、
このチャートがZ33のグローバルジグのチャート。
s-dc021502.jpg
この表に、骨格の高さ、幅、長さ、角度が記載されており、
まずは、フロント部のメンバー固定ボルトにてのジグ固定。
s-dc021515.jpg
続いて、リヤ部のメンバー固定ボルトでのジグ固定。
s-dc021516.jpg
ここの4点を、グローバルジグのチャートの寸法にての固定で、
車の固定とセンターの位置出しをしてから、骨格修整開始。

まず、リヤ側メンバー固定箇所を測定したら、高さが低かったので、
s-dc021517.jpg
ジグ自体をポートパワーにて押し上げて修整。
s-dc021511.jpg
s-dc021510.jpg
続いて、リヤバンパーホースメント固定ボルト位置でジグ固定にて
測定したら、左側は内側に入っていたので、ジグにベルトをかけて引き作業。
s-dc021509.jpg
s-dc021512.jpg
右側は上方向に上がっていたので、下方向への引き作業。
コピー (1) ~ s-dc021513
s-dc021514.jpg
こんな感じで、ジグを使って固定と
骨格修整を自由に動かせるののがジグ式修整。

最後に、リヤメンバーサポートブラケット固定位置の修整。
s-dc021501.jpg
目で見ても骨格が変形あるのが解るのだが、
ここの位置には、面の角度がつけられていて
これらがグローバルジグのチャートに記載されている。
s-dc021503.jpg
s-dc021504.jpg
ジグを組んで計測したら、左側はかなりの変形あり。
s-dc021507.jpg
s-dc021506.jpg
ここについては、フロアを含み、
サイドシルのインナー部の変形によるもので、
修整しようにも、引き作業するところが無いし、、、。
s-dc021508.jpg
いらないパネルを取り除くところから、作業する手順で作業中~。

カテゴリ: Z33 ロードスター

[edit]

Posted on 2014/02/15 Sat. 20:55    TB: 0    CM: 0

Z33 ロードスター 

骨格の修正完了後、押し潰れて変形しているパネルの取り外し。
s-dc0205136.jpg
今回交換するインナー部の新品パネル。
s-dc0205196.jpg
s-dc0205198.jpg
ここの下部がガスにて切り取られていたパネルの部位。
s-dc0205194.jpg
まずは、電動幌の取り外しからだったのだが、
何故か動かなくて悪戦苦闘、、、。

原因は電動シートがなかったためだった(笑)
s-dc020808.jpg
こうしたスポット溶接されているパネルの取り外し方は
専用のカッターを使って、
s-dc020854.jpg
溶接部を削り取る方法で、キリの先端はこんな形状。
s-dc020859.jpg
切りを研ぐのには、専用の切り研ぎ機があり、
これを使って切り研ぎ。
s-dc020862.jpg
この専用カッターにて、順番に溶接取り。
s-dc020832.jpg
まずは、ピラーのインナー部を取り除き、
s-dc020844.jpg
ホイ-ルアウターパネル上部のレインホースと
s-dc020849.jpg
ステップのインナーパネルを取り除いたら
s-dc020865.jpg
リヤフェンダーインナーパネル部。
s-dc020867.jpg
かなりの変形のインナーパネル。
s-dc020870.jpg
s-dc020877.jpg
ここで、インナーパネルを使っての引き作業で
内部パネルの変形を修正。
s-dc020892.jpg
s-dc020895.jpg
引き作業後、このリヤフェンダーインナーパネルも取り
s-dc0208103.jpg
s-dc021003.jpg
最後にホイ-ルアウターパネルを撤去したら
リヤフェンダー部のインナー部の骨格構成パネルを
全部取り外しした状態に、、、。

これが、Z33ロードスターの内板骨格部。
s-dc021010.jpg
この状態から、フロアとステップインナーパネル類の修正作業へ~。。

カテゴリ: Z33 ロードスター

[edit]

Posted on 2014/02/18 Tue. 21:36    TB: 0    CM: 0

アルテッツァ 

毎年イメチェンしている、アルテッツァ。
s-dc022011_20140220213446ae3.jpg
今回は、リヤ部の仕様変更。

まずは、TRDカーボン製のトランク。
s-dc022003_20140220213341dfd.jpg
ボンネット同様、木箱の梱包で配送。
s-dc022002_201402202133385e4.jpg
これだったら、輸送時の破損の心配もなく安心。
s-dc022005_201402202133312fd.jpg
トヨタとTRDのラベル入り。
s-dc022007_201402202134139bf.jpg
s-dc022010_20140220213406954.jpg
続いて、TRD製のリヤスポイラー。

白色ゲルコート塗装での仕上げ。
s-dc022026.jpg
s-dc022008_201402202134162d0.jpg

s-dc022001_201402202133340ca.jpg
長年色々なメーカーのエアロパーツ見て来ているが、
純正ワークスの作る商品は、仕上がりが完璧。
s-dc022009_20140220213418ff8.jpg
作業的には、まずサイドストライプの剥がしから。
s-dc022014.jpg
s-dc022015.jpg
何も考えずに糊跡を辞去するのに、シンナーでジャブジャブ
拭いていたら、塗料が溶けてしまって全部取る事に、、、、。

トホホ、、、、。
s-dc022019.jpg
s-dc022018_20140220213523f4f.jpg
すみません、ご迷惑おかけします、、、。

続いて、カーボントランクの仮合わせするため
ノーマルトランクを撤去して
s-dc022016_20140220213517de6.jpg
軽量化による事により、トランクがビョ~ンと元気良く
開かないようにするために、ヒンジバネの撤去してから、
s-dc022020.jpg
s-dc022021_20140220213558284.jpg
カーボントランクの取り付け。
s-dc022023_201402202136053a8.jpg
s-dc022022.jpg
これからは、こんな感じで支えの棒が必要なトランクの仕様。

こうした、まったく実用性のない仕様、個人的には好きですが(笑)
s-dc022025.jpg
こんな感じで、作業進行中~、、、、。
s-dc022024.jpg

カテゴリ: アルテッツア

[edit]

Posted on 2014/02/21 Fri. 21:16    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード