FC2ブログ

ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

フェラーリ360 モデナ 

スタンドックスにて1回目の塗装仕上げした360、
この状態で自然乾燥後、
s-dc0423380.jpg
s-dc0423377.jpg
2回目クリヤー塗装の為、クリヤーをサンディング。

レクサスとかがしてある塗装工程と同じで、
乾燥されたクリヤー層を
s-dc0423385.jpg
細かいペーパーで研ぎ上げてから
s-dc0423421.jpg
s-dc0423432.jpg
s-dc0423433.jpg
再度塗装ブース内に車を入れてマスキングして、
s-dc0423448.jpg
s-dc0423449.jpg
2回目のクリヤ-塗装にての仕上げ。
s-dc0423460.jpg
s-dc0423462.jpg
乾燥したクリヤー層の上に再度クリヤー塗装それているのが
フェラーリの塗装仕上げ行程で、その工程で塗装する事により、
肌のないヌメヌメ感たっぷりの仕上がりに。
s-dc0423465.jpg
s-dc0423464.jpg
ボンネットも同様に、1回目塗装し上げしたのを
s-dc0423428.jpg
s-dc0423427.jpg
サンディングして、クリヤー塗装仕上げ。
s-dc0423444.jpg
s-dc0423485.jpg
ちなみに、これだけ反射物の写り込みが出でくるよ。
s-dc0423488.jpg
こうした塗装工程で仕上げてあるのは、ボディ本体のみで
バンパーとかは1回の塗装工程での仕上げなので、
s-dc0423251.jpg
これで360の塗装行程はすべて完了~。

カテゴリ: フェラーリ 360モデナ ②

[edit]

Posted on 2014/05/14 Wed. 21:21    TB: 0    CM: 0

メルセデスベンツ ゲレンデ 

艶消しブラック塗装の続きの行程。

まずは、エンジンアンダーカバー。
s-dc042815.jpg
周りのパネルが綺麗になって、この部分だけ塗装しないのは変だったので、
取り外ししてみたら、
s-dc042818_20140516205308765.jpg
表面は、シャーシブラックのような物で簡易的に塗装されており、
s-dc042823.jpg
裏面は、オイル等のかなり汚れあり。
s-dc042826.jpg
s-dc042827_201405162053314e6.jpg
表面は、幸いな事にシンナーで拭き取ったら簡単に辞去出来たので
s-dc042831_201405162054258ee.jpg
この作業で1枚拭き、
s-dc042836.jpg
サンディング。
s-dc042838.jpg
裏面も、シンナーで綺麗に拭き取り作業。
s-dc042834_20140516205428691.jpg
次に、ナンバーフレームとスペアタイヤブラケット。
s-dc042801.jpg
共に、錆びありの状態だったので、
s-dc042848.jpg
s-dc042811.jpg
まず、ナンバーフレームは、サンドブラストにて剥離。
s-dc042860_201405162056592cc.jpg
スペアタイヤブラケットは、サンディングにてサビ落とし作業。
s-dc042863.jpg
この後、これら各パーツを塗装ブース内で、
エッチングプライマーにて下処理。
s-dc042873.jpg
s-dc042876.jpg
s-dc042880.jpg
同時に新品部品のバンパーのコーナーゴム固定ボルトが
クロートメッキしてあったので、
s-dc042867_20140516205749de8.jpg
下処理として一緒にエッチングプライマーを塗装。
s-dc042869_20140516205853149.jpg
これらパーツすべてプライマー乾燥後、下地のサフェサーを塗装。
s-dc042892.jpg
s-dc042889.jpg
s-dc042888.jpg
s-dc042885.jpg
s-dc042895.jpg
サフェサー乾燥後、サンディングしてから
スタンドックスにて艶消しブラックにて塗装。
s-dc0502138.jpg
s-dc0502136.jpg
s-dc0502126.jpg
s-dc0502118.jpg
s-dc0502115.jpg
s-dc0502125_201405162102390ab.jpg
一緒に、フロントグリルと
s-dc0502128.jpg
サイドエアダクトとナンバー灯のカバーも塗装。
s-dc0502122.jpg
この艶消しブラック塗装作業、まだ続くよ~ん。。。

カテゴリ: メルセデスベンツ ゲレンデ

[edit]

Posted on 2014/05/16 Fri. 21:43    TB: 0    CM: 0

ケンメリ作業 

こつこつと手直し作業のもと、出来上がったリヤフェンダー下部のパネル。
s-dc051809_201405182010520c9.jpg
このパネルを取り付けする前に、まずタイヤハウス部のパネルが
サビていたので、
s-dc050639.jpg
この部分をカットして取り除いてから、
s-dc050646_2014051820255448a.jpg
フロアサイドパネルのこの箇所においては、
新たに製作したリヤフェンダーパネルを、取り付けしてしまうと
スプレーガンが入らないため、塗装する事が出来なくなってしまうため
下処理してから、
s-dc051823.jpg
防錆処理のプライマーを塗装。
s-dc051828.jpg
その次にジャッキブラケットを
s-dc051815.jpg
s-dc051817.jpg
溶接にて取り付け。
s-dc051831.jpg
s-dc051834.jpg
これらの作業後、リヤフェンダーパネルを
MIG溶接とスポット溶接にて取り付け。
s-dc051841.jpg
s-dc051837.jpg
MIG溶接の頭を削り落として、取り付け完了。
s-dc051846.jpg
s-dc051844.jpg
中からの状態。
s-dc051849.jpg
最後に、カットしたタイヤハウス側を
s-dc051853.jpg
新たに鋼板で製作して溶接にて取り付けして、
s-dc051875.jpg
休日のケンメリ作業完了~。
s-dc051866_20140518201229c49.jpg
s-dc051860.jpg

カテゴリ: ケンメリ作業工程

[edit]

Posted on 2014/05/18 Sun. 21:02    TB: 0    CM: 0

この仕事で、30年 

19歳になる前にこの業界に入り、5月終わりで
早いもので30年。

この30年振り返れば、
一番最初に勤めた工場は、日産の下請け工場で、
当時日産チェリーをメインとして受けており
板金工として就職するや、簡単な工具セットを渡されて
部品の取り外し方を指導されながら
仕事として一番最初にさわった車が、
日産パルサーであるのを、記憶として憶えている。
6339036.jpg
この頃はどこの工場でも求人している状態で、
仕事にありふれていた時代だった。

とにかく、毎日車を触っていられた事に幸せを感じており、
日々、いかに仕事をサボるかと考えていた
いい加減な頃でもあったのだったが、、、(笑)

ここの工場を3年で辞め、
次に輸入車をメインとした工場で働たのだが、
ここも早々と1年で辞めたあと、
塗装工見習いとして輸入車を扱う別の工場へ。

一番最初に塗装した車が、日産スカイライン。
通称ジャパンの4ドアセダンのトランク。
20121013025614079.jpg
適当に見よう見まねで塗装したのだが、
以外と綺麗に塗りあがったのを覚えている(笑)

ここで丸3年塗装工として働いたあと、
勢いで26歳で独立。

5年間工場を間借りしてから
今の場所に工場を移転して18年、
振り返るとあっという間の日々。

でも、18年間だけでも、随分と車を取り巻く環境変わったな~ぁ。

この業界で30年、独立して23年、
何も自慢することもなく、
また特別変わった作業もしていないのだが、
基本を忠実に守り、これからも日々作業続けて行きます。

ボディショップ シラサキ
  白崎 修一

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2014/05/20 Tue. 21:20    TB: 0    CM: 0

ザ・ビートル 

ほとんど新車状態のビートル。
s-dc051760.jpg
ブロック塀でも巻き込んだのか、
ステップとリヤフェンダーに損傷あり。
s-dc051769.jpg
s-dc051774.jpg
リヤフェンダーにおいては、ボルト留めでの固定なので、
新品部品に交換で、ステップにおいては、修理での作業内容で
まずは、部品の取り外しから。
s-dc051773.jpg
フェンダーがプラスチックからスチールになっている以外
旧型とほとんど構造変わってなさそう。
s-dc051790_20140521211239c91.jpg
フェンダー取り外しして見たところ、フェンダーの裏面までは
意外なことに、それほど波及なかった。
s-dc051785.jpg
部品取り外し作業終えたあと、グローバルジグに車を移動して
簡易的に車を固定してから、ステップの修整作業。
s-dc051799_20140521211536a12.jpg
新品のリヤフェンダーを取り付けしてから、引き作業。
s-dc051796.jpg
こういった修理はラインが出でしまえば、あとは何とかなる所。
s-dc0517104.jpg
再度、新品リヤフェンダーとモールを取り付けして、
位置関係を確認して、問題なければ板金工程完了。
s-dc0517123_201405212115391e6.jpg
s-dc0517129.jpg
最後に、パテ工程前に防錆プライマーを塗装して、下処理終わり。
s-dc0517136.jpg

カテゴリ: VW ビートル

[edit]

Posted on 2014/05/21 Wed. 21:40    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード