ボディショップ・シラサキ 社長ブログ | 福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

福井県福井市の自動車鈑金塗装 (ポルシェ PORCHE 911)

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

トヨタ ヴェルファイア 

追突された、ヴェルファイア、
s-dc0919157.jpg
新車から、ほとんど乗っていない状態の車。
s-dc0919162.jpg
対物保険での損害扱いなのだが、
たぶん、お客さんとしては、新車が代替えとして欲しい所だと思うのだが、
損害保険上は、新車要求はまず無理、、、。
s-dc0919166.jpg
昔から、これは変わらないところで、
あくまで修理損害金額での支払いになってしまう所。

リヤバンパー取り外しして、内部の損害確認したら、
s-dc0919181.jpg
リヤアウターパネル一面が押し潰れて、
インナーパネルにも変形あり。
s-dc0919185.jpg
s-dc0919188.jpg
s-dc1028100.jpg
保険での修理扱いなので、損害のあるパネルすべてを、
新品部品と交換する事も可能なのだが、
のちのちの下取り査定の事を考えると、
事故歴を解らないように修理した方が良い思い、
お客さんと相談の上、すべてのパネルを修理での作業依頼に。

ちなみに、スポット溶接されたパネル交換作業、
修理後のサビに対しては、どうしても溶接と言った作業工程上、
サビやすくなってしまいます。

修理作業的には、押し潰れた所に逆方向の力を加える事により、
変形したパネルを元の形に戻すやり方で、
今回の場合だと、サービスホールの四角い穴から
色々な道具を通しての引き作業のもと、元の形に。
s-dc1028107.jpg
実作業は、あーでもない、こーでもなと、
それなりに修理時間かかりますが、、。
s-dc1028101.jpg
バックパネル修理後、リヤバンパー仮付けして
各部の位置確認して、問題なければ、
s-dc1028118.jpg
塗料が割れ浮いてている所をサンディングして、
バックパネルの修理完成。
s-dc1028110.jpg
続いて、バックドアの凹み修理後、
s-dc1028159.jpg
パテ工程前の下処理、プライマー塗装まで完了。
s-dc103042.jpg
次は、このプライマーの上から、パテ作業になりますよ~ん。。。
スポンサーサイト

カテゴリ: トヨタ ヴェルファイア

[edit]

Posted on 2014/11/01 Sat. 19:34    TB: --    CM: --

日産 ディズ ルークス 

日産 ディズ ルークス、
s-dc1028131_20141105201420002.jpg
CMでやっているアラウンドビューモニター、初めての入庫。
s-dc103055_2014110518520686a.jpg
車の真上からの映像、どこにカメラがあるのかと、
全く構造を理解できず、とても不思議だったのだが、
友達の営業マンがちょうど、工場に来られたので聞いた所、
アラウンドビューモニターは、フロントグリルと左右ドアミラーと、バックドアに内蔵された
広域タイプのカメラがあり、これにより360度の映像が写しだされており、
モニターにある車は、ハメコミの絵柄との事、、、。

さすが日本人、これを作った方エライです。

でも、この映像を見ていると、車の位置関係解らずに、
逆にぶつかりそうになるのは、私だけでしょうか(笑)

修理作業については、隣りに駐車してあった車のドアが、
台風によりドアが開いた事による、凹み部の修理。
s-dc1028139.jpg
s-dc1028138.jpg
縦ラインにての凹みを板金して、
s-dc1028177.jpg
素地金属部に、プライマーにて下処理後、
s-dc1028191.jpg
パテにて、面修正して、
s-dc103046.jpg
s-dc103048_20141105185156704.jpg
下地のサフェサーを塗装。
s-dc103051.jpg
サフェサーをサンディングしてから、
車を塗装ブース内に移動して、マスキング後、
s-dc110503_20141105201228b08.jpg
スタンドックスにて塗装。
s-dc110508.jpg
s-dc110515.jpg
s-dc110514.jpg
70度の温風にて強制乾燥後、塗装ブースから車を出し、
翌日、簡単な磨き工程してから、部品組み付けして完成。
s-dc110542.jpg
今回の作業、入庫と同時に入院となってしまったことにより、
修理日数かかってしまい、ご迷惑お掛けして、すみませんでした。

*参考修理代金*  73800円
             (交換部品代、消費税含む)

カテゴリ: 日産 ディズ ルークス

[edit]

Posted on 2014/11/05 Wed. 20:53    TB: 0    CM: 0

フェラーリ 430 ハーマン 

フェラーリ430、左リヤフェンダーを1枚全面塗装するにあたり、
塗装時に邪魔になるパーツを、さらに取り外ししてから、
s-dc102822.jpg
リヤフェンダーをサンディングしてから、塗装ブースへ入れて、
s-dc102827.jpg
s-dc102831.jpg
ドアとリヤゲート開口部も塗装出来るように、
開けた状態でのマスキング。
s-dc102837.jpg
こうしたマスキング、写真で見ると簡単そうに思えるけど、
結構手間暇と、技術を要する所。
s-dc102839.jpg
この状態から、スタンドックスにて上塗り塗装。

サフェサー部に赤色のカラーベースコート塗装後、
s-dc102841.jpg
リヤフェンダー1枚、クリスタルクリヤーにての塗装仕上げ。
s-dc102847.jpg
s-dc102844.jpg
s-dc102856.jpg
s-dc102858.jpg
s-dc102852.jpg
フェラーリの場合、この状態にて乾燥させてから、
クリヤーを再度研いでから、もう一度クリヤー塗装での仕上げの為、
この状態にて、自然乾燥の手順~。
s-dc102885.jpg
s-dc102892.jpg
続いて、フロントスポイラーとステップのスポイラーの塗装、
塗装専用スタンドにこれらパーツを固定して、上塗り塗装。
s-dc102866.jpg
s-dc102869.jpg
s-dc102882.jpg
s-dc102871_20141106202147121.jpg
s-dc102873.jpg
この次に、リヤディフィサーの塗装、この部分は、艶消し塗装での仕上げ。

塗装手順としては、カラーベースコート塗装してから、
スタンドックスのスペシャルマットを使っての艶消し塗装。
s-dc1028166.jpg
s-dc1028160.jpg
s-dc1028168.jpg
s-dc1028171.jpg
リヤディフィサー塗装完了。
s-dc1028175.jpg
これで、各パーツの塗装終わりですよ~ん。。。

カテゴリ: フェラーリ 430 ハーマン

[edit]

Posted on 2014/11/06 Thu. 21:00    TB: --    CM: --

ポルシェ914 オールペイント 

オールペイントの914、続いて塗装したのが、
リヤフードグリル下部の艶消しブラック塗装。
s-dc100227.jpg
ボディ色の白色だと、網目から白色が見えてしまうため、
まず最初に左右リヤフェンダーから、
s-dc100223.jpg
s-dc100221.jpg
マスキングして、艶消しブラック塗装。
s-dc100230_20141108175124ae4.jpg
s-dc100234.jpg
s-dc100232.jpg
仕上がりはこんな感じ。
s-dc100236.jpg
次に、同様にリヤフードを塗装するため、マスキングして
s-dc100202.jpg
艶消しブラックに塗装。
s-dc100205.jpg
s-dc100207.jpg
網目のグリル取り付けして、
s-dc100213.jpg
s-dc100218.jpg
車側に取り付け。
s-dc100238_20141108175159eae.jpg
部品の組み付けにあたり、一番最初にフロント側の内部の
ハーネスから組み付け作業始めたのだが、
s-dc100264_20141108175412d8e.jpg
過去に一度白色に塗装されているようで、
配線に、白色の塗料が塗られていたので、
s-dc092864_201411081749426f8.jpg
s-dc092866.jpg
付着した色を取ったり、新たにハーネステープ巻いたりとか、
s-dc092868.jpg
s-dc092871.jpg
汚れている部品を洗浄しながら、
s-dc100256.jpg
s-dc100261.jpg
部品の組み付け作業~。
s-dc100267_20141108175420ddd.jpg
トランク内部も同様な作業~。
s-dc100274.jpg
外れていた、ドア類のパネルを取り付けして
s-dc100284.jpg
s-dc100250.jpg
s-dc100245_20141108175205566.jpg
s-dc100254.jpg
室内の部品組付けの前に、リヤガラスの取り付けの作業のもと、
s-dc1002112.jpg
s-dc1002140.jpg
少しづつながら、部品の組み付け作業中~。。。

カテゴリ: 1972y ポルシェ914

[edit]

Posted on 2014/11/08 Sat. 20:00    TB: --    CM: --

デアゴスティーニ トヨタ2000GT ⑤ 

病院退院後の休日は、デアゴスティーニ トヨタ2000GT。

せっせと組み上げてて、室内とかほぼ完成。
s-dc110985.jpg
s-dc110986.jpg
サスペンション関連は、ほとんどが小さいビスでの組み立てで、
結構細かい作業の連続だった。
s-dc110980.jpg
ここからの組み立ては、外装パーツになるので、
スタンドックスにて塗装出来ないかと、
塗られている塗膜の状態を色々と調べた所、、
何の塗料で塗装されているのかは、解らないが、
スタンドックスにて塗装するにあたり、特に問題はなさそうと
自分なりに判断したので、とりあえずは、接着剤にて
貼ってある部品は外しからで、メッキされていたサイドウインドモールから。
s-dc1109102.jpg
細いマイナスドライバーを隙間から入れ、少しずつこじったら、
なんとか壊れずに取れた。
s-dc110975.jpg
リヤハッチの押しボタンも同様に外して
s-dc110976.jpg
ボディ本体の部品外し完了。
s-dc110971.jpg
右側後ろに写っているのは、写真嫌いなはな(笑)
s-dc110968.jpg
次に、ドアパネルに付いていた、メッキのドアアウターハンドルとカギを取り外し。
s-dc110998.jpg
ただ、何げに塗装面を見ていたら、左ドアタッチアップしてあるし、、。
s-dc110992.jpg
塗装に関しては、デアゴスティーニ トヨタ2000GT
私のこの商品だけかもしれないが、はっきり言って色の光沢もないし、
無造作にタッチアップされているし、塗装は適当です、、、。

スタンドックスで、どのように塗装しようかと検討中~。

とりわけ、他にこれだけのパーツを塗装となりますよ~ん。。。
s-dc110995.jpg
s-dc110964.jpg
s-dc110962.jpg
上手く塗装出来るかなぁ~。

カテゴリ: デアゴスティーニ トヨタ2000GT

[edit]

Posted on 2014/11/09 Sun. 20:31    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード